職場のメンタルヘルス向上のための社員同士のコミュニケーション

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

企業間競争が激しくなる中、社員の仕事量が増えています。最近まで人手不足で仕事量が多かったのに対して、今度はコロナウイルス感染拡大による影響により仕事が少なくなったことによるストレスが大きくなっています。社員のメンタルヘルスマネジメントが企業にはもとめられます。社員がメンタルヘルスが低下してダウンしてしまうと、生産性が低下してしまうからです。

社員のメンタルヘルスを向上するには、社内でどのようなコミュニケーションが行われているかに左右されます。メンタルヘルスのためのコミュニケーション能力アップ方法について説明します。

【社員のモチベーションを引き出すコーチングスキルについて】

【目次】

 

社員のメンタルヘルスの向上を

コーチング・コミュニケーション

ストレスチェック制度の義務化、働き方改革、健康経営、ホワイト企業など、社員のメンタルヘルスを重視する活動が活発になっています。社員のメンタルヘルスの向上は会社にとって必須になっています。

 

生産性の向上のため

社員がもし精神的に苦しみながら仕事をしていたらどうなるでしょう。おそらく、仕事は思うように進まないでしょう。もしメンタルヘルスが低下して、休職してしまったら大切な戦力を失うことを意味します。社員のメンタルヘルス向上は会社を持続的に成長していくためには重要です。

 

離職率の改善のため

社員のメンタルヘルスが低下して休職につながる前に、退職につながる可能性があります。メンタルヘルスが低下するということは、モチベーションが低下していることを意味します。会社に対する仕事のモチベーションが下がった結果、退職することになります。社員がどんどん辞めるような離職率の高い会社は、職場の雰囲気が悪いでしょう。

【社員のモチベーションを引き出すコーチングスキルについて】

 

 

社員のメンタルヘルスを悪化させるもの

メンタルヘルス

社員のメンタルヘルスを悪化させるものについて説明します。社員が退職する理由、職場のストレス要因はインターネットで調べると簡単に見つかります。

 

将来に対する不安

会社に対する将来の不安、自分自身に対する将来の不安が大きなストレス要因になります。人は「わからない」という状態に対して、ストレスを感じます。次のようなことがあると将来に対する不安を感じます。

・会社の経営状態が悪い
・会社が成長していくビジョンが見えない
・社員が次々に辞めていく
・先輩も新入社員と同じような仕事をしている
・何年も仕事が変わらない
・周りの友達が出世していくなど

 

職場の人間関係

仕事の質と量、仕事の時間が長い、給料が低いなども大きなストレス要因です。これを一言でまとめると「評価してもらえない」と感じていることです。

・評価してないから、つまらない仕事しか与えてくれない

・つまらない仕事と感じるから仕事の量や仕事の時間が多く感じる

・評価してないから給料が低いと感じる

評価してもらっていないから、上司に対して不満を感じ、上司との人間関係が悪化します。

【社員のモチベーションを引き出すコーチングスキルについて】

 

 

メンタルヘルス改善のためのコミュニケーション能力

コーチング・コミュニケーション

メンタルヘルス改善のためにはコミュニケーション能力が必要です。将来の期待をさせるのも、人間関係を改善するのも上司のコミュニケーション能力に左右されるからです。

 

上司の関わり方がメンタルヘルスを左右する

上司のコミュニケーション能力に部下のメンタルヘルスは左右されます。上司の関わり方が大きく影響するともいえます。

・部下の意見は聴き入れず、命令に従うことだけをもとめる上司
・部下の意見に対して、否定批判を繰り返す上司
・部下の報連相に対して、いつも怒っている上司
・部下に責任転嫁する上司
・部下の成果を横取りする上司
・その他、パワハラ、セクハラをする上司

以上のような関わり方をすると部下のメンタルヘルスは低下します。ここまで悪い事例は無いかもしれませんが、部下のメンタルヘルスが気になる場合、自身の関わり方を客観的に見てもらうことが大切です。自分はきちんとやっていると思い込んでいると、問題が見つかりにくくなります。

 

コーチング・コミュニケーションを取り入れる

部下のメンタルヘルスを向上させたいなら、上司の関わり方を改善することが大切です。上司のコミュニケーション能力強化がもとめられます。上司は基本的に「話す力」は強いです。しかし「聴く力」はいかがでしょうか。

トレーニングしたことの無い上司が多いのではないかと思います。そこでオススメするのが「聴く力」に重点をおいたコーチング・コミュニケーションを活用することです。

【社員のモチベーションを引き出すコーチングスキルについて】

 

 

働きやすい職場づくりで生産性向上を

コーチングスキル

多くの仕事は一人ではできません。そのため、会社という組織をつくって、社員を雇って協力しながら仕事をすることになります。その協力体制の強さによって会社の生産性は大きく変わります。大切なことは、「協力しろ」と命令したからといって、期待通りに動いてくれるとは限らないことです。社員が期待通りの働きができるような環境づくりが大切です。働きやすい職場づくりで生産性向上を進めてください。

【社員のモチベーションを引き出すコーチングスキルについて】