コーチングセッションを受ける側の理由と必要な準備

コーチング・コミュニケーション

コーチングときいてどのようなイメージをもたれますでしょうか?

耳にしたことはあるけど、よくわからないという方が多いです。

コーチング自身は日本に入ってきて20年ほどたちますが、それほど普及していません。

コーチングセッションを受ける効果は高いものですが、メリット・デメリットを理解しておく必要があります。

コーチングセッションを受ける側の理由と必要な準備について説明します。

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】

 

【目次】

 

 

コーチングセッションを受けよう

コーチング・コミュニケーション

コーチングセッションを受けることは、とても効果的なことです。

欧米の経営者の7割はコーチをつけているといわれています。

しかし、日本ではあまりコーチングが普及しているとはいえません。

改めて「コーチングとは」を説明します。

 

 

コーチングとは

「コーチングとは」の説明については、コーチングスクールごとにさまざまです。

一般的には、「クライアントの目標達成をサポートするもの」とされます。

コンサルタントや各種先生業も目的は同じですが、アプローチの方法が異なります。

コンサルティングやティーチングは、コンサルタントや先生が持っている知識をクライアントに与えるというアプローチをします。

それに対して、コーチングはクライアントから答えを引き出すというアプローチをして、原則アドバイスは行いません。

 

 

コーチングセッションとは

クライアントから答えを引き出すアプローチを、コーチングセッションを通して行います。

コーチングセッションとは、30分から2時間程度のコーチとクライアントの面談のことをいいます。

コーチングセッションで、クライアントの話を聴きます。

聴きながら、質問でクライアントの視点を広げていきます。

クライアントは、コーチングセッションの中で、話ながら自分自身の考えを整理していきます。

そしてまず目標に向かってどのような行動をするか決定します。

これがコーチングセッションです。

コーチングセッション⇒行動⇒コーチングセッション⇒行動⇒コーチングセッション⇒・・・

この一連の流れをコーチングと呼び、コーチングセッションと行動を繰り返すことで目標達成につなげます。

 

 

 

コーチングセッションを受ける側の理由

コーチング・コミュニケーション

どのようなコーチングセッションを受けるのでしょうか?

コーチングセッションを受ける効果は本当にさまざまです。

コーチングセッションを受ける側の理由について主なものを説明します。

 

 

目標に向かって前進したい

コーチングはクライアントの目標達成をサポートするものです。

目標に向かって前進したいというクライアントの行動をサポートするのがコーチングセッションです。

多くの人が、目標を尋ねると答えてくれます。

しかし、それに向かって行動している人がどれだけいるかというと少ないのではないでしょうか。

自信が無いから、時間が無いから、いま忙しいからなどと言い訳をして先延ばしにしがちです。

コーチングセッションを受ける側の理由の理由は、言い訳を押さえて本気で目標達成したいと気持ちが強い時といえます。

 

 

自信を高めたい

コーチングセッションを受ける側の理由として、「自信を高めたい」というものもあります。

「自信が無いから」と行動ができない人がいますが、最初から自信がある人はいません。

行動するから自信がつくのであって、自信が無いからと行動しなければ、永遠に自信はつきません。

コーチングセッションを受けると行動が促されます。

コーチングセッションを受けることによって自信アップにつながります。

 

 

 

コーチングセッションを受けるための必要な準備

コーチング・コミュニケーション

コーチングセッションを受けるための必要な準備について説明します。

コーチングセッションを受けるためにはほとんど準備は必要ありません。

知っておいてほしいことは、コーチングセッションならではの特徴です。

 

 

コーチングの結果の責任は受ける側にある

コーチングの特徴について説明します。

・ティーチング、コンサルティングに比べ解決に時間がかかる
コーチングは答えを教えてもらえたり、アドバイスをもらえるものではありません。クライアント自身で内省して答えを見つけていく作業になります。時間を要するため、緊急性の高い課題を苦手とします。

しかし、ティーチングやコンサルティングのように答えを教えてもらったら解決が早いとも言えません。ダイエットの本や、英会話のノウハウなどの答えは世の中に溢れていますが、解決されていません。解決されないから、次々とノウハウの本が出ます。ティーチングやコンサルティングのデメリットも理解することが大切です。

・行動しない限り成果が出ません
コーチングだけでなく、ティーチングもコンサルティングも同様ですが、クライアントが行動しない限り結果にはつながりません。ティーチングやコンサルティングの場合は、「良いアドバイスをくれないからだ」と先生やコンサルタントの責任にできます。コーチングの場合は、クライアントが考えて自分で決める作業をコーチがサポートするだけなので、結果への責任はクライアントにあります。

行動しない限り、成果が出ません。しかし、行動したからといって、成果が出るわけでもありません。もちろん、失敗もあります。しかし、行動を通じて、クライアントは成長します。そして、時間はかかるかもしれませんが、着実に目標達成に向かいます。

 

 

ハード的な準備は少しだけ

コーチングセッションを受ける準備は、上述したコーチングのメリット・デメリットを理解していれば、それほど準備するものは無いでしょう。

ハード的に必要なものは以下のものです。

・コーチングセッション費用
・面談の手段(オンラインであれば、電話やインターネット環境が必要)
・メモするためのノート

注意点とすれば、コーチングセッションと一言でいっても、コーチのタイプによって内容はさまざまです。

コーチングスキルの高い低いも存在します。話してみて合う合わないも存在します。

体験セッションを受けるなどして、自分自身に合いそうなコーチを探すことが大切です。

 

 

 

コーチングセッションを受ける効果を体感しよう

コーチング・コミュニケーション

近年、活用の広がっている1on1ミーティングもコーチングセッションとほぼ同じです。

上述しましたが、目標達成のための知識や情報、ノウハウなどは世の中にあふれています。

しかし、それを活用できている人はほとんど無いのでしょうか?

ティーチングやコンサルティングの限界が指摘されています。

センター試験が廃止されて課題解決能力を問う試験方式に変更されたり、アクティブラーニングが導入されたり、自分自身で問題解決していく能力が必要とされています。

コーチングセッションを受ける効果は、その問題解決能力を高めるものです。

ぜひコーチングセッションを受ける効果を体感してください。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】