アクティブ・ラーニングとは~メリット・デメリットと課題~

コーチング・コミュニケーション

アクティブ・ラーニングというキーワードを耳にしたことがありますか?

 

最近、教育現場で注目されている教育方法です。

従来の「先生が教壇にたち、一方的に生徒に教える」という方法のデメリットを解消するためです。

 

「教えてもらう」に慣れすぎてしまうと、「教えてもらってない」仕事に対して、対応力が低下してしまいます。

 

社会人になると、未知の課題と向き合い続けなければなりません。競合他社がやっていない未知の課題にとりくまなければ競争に勝てません。

 

考える力の強化にアクティブ・ラーニングが注目されています。

 

アクティブ・ラーニングのメリット・デメリットと課題について説明します。

 

 

 

【コラム】傾聴力・質問力とは~トレーニングとコーチング・コミュニケーション

【目次】

 

アクティブ・ラーニングの活用がもとめられている

コーチング・コミュニケーション

学校や職場など人材育成の現場では、アクティブ・ラーニングの採用が広がっています。

日本独特の教育方法によって生じた問題に対する改善を目的としています。

 

 

 

 

 

アクティブ・ラーニングとは

アクティブ・ラーニングとは、「学習者が能動的に学ぶスタイルの総称」です。

 

一般的な「先生が一方的に教える」という講義型とは反対のスタイルです。

 

ワークショップやケーススタディなど、先生が教えるのではなく、受講者同士で意見を出し合いながら答えを考えます。

その答えに絶対的な正解はありません。

 

従来の教育方法とは目的が異なります。

 

従来の講義タイプの目的が「知識の習得」としたら、アクティブ・ラーニングの目的は「考える力の強化」です。

 

 

 

 

 

アクティブ・ラーニングが必要な理由

アクティブ・ラーニングが注目される理由は「考える力の強化」です。

 

従来の詰込み型もしくは暗記型と呼ばれる教育手法は、「覚える」が優先され、「考える」が後回しにされがちでした。

 

その結果、日本企業は未知の課題に対する発想力が弱くなりました。またビジネスの世界は、未知の課題に対応し続けなければなりません。

 

「教えてもらう」が普通の人材は、「指示待ち社員」になる可能性が高くなります。

そのため、「考える力の強化」がもとめられるようになったのです。

 

 

 

【コラム】1on1ミーティングとは~目的とメリット・デメリット~

 

 

 

アクティブ・ラーニングの課題

コーチング・コミュニケーション

アクティブ・ラーニングは注目されていますが、課題も存在します。

 

従来の教育方法「ティーチングスタイル」とアクティブ・ラーニング「コーチングスタイル」それぞれのメリット・デメリットは補完関係にあります。

 

それぞれバランスよい使い分けが大切です。

 

 

 

 

 

アクティブ・ラーニングのメリット

アクティブ・ラーニングのメリットは次なようなものです。

・考える力が強化する
・主体性が強化される
・参加意識が高まる
・思考力が高まる

 

大きなメリットは、さまざまな人の考え方を聴くと、視野が広がります。

 

視野が広がりは思考力の幅につながります。思考力の強化によって、問題解決力が高まり、仕事の生産性強化につながります。

 

 

 

 

 

アクティブ・ラーニングのデメリット

アクティブ・ラーニングのデメリットは次ようなものです。

・教えてもらうのに比べて解決に時間がかかる
・考える力など効果が現れるまで時間がかかる
・先人と同じ失敗をするなど非効率になる場合がある

 

デメリットは、時間がかかる点です。

このデメリットを埋めるために、「ティーチング」をうまく組み合わせての活用がもとめられます。

 

 

 

 

 

 

 

アクティブ・ラーニング活用のポイント

コーチング・コミュニケーション

アクティブ・ラーニングの効果が出るかどうかは、組織風土やファシリテーターの能力に左右されます。組織風土やファシリテーターの育成含めて「時間がかかる」を理解したうえで活用が必要です。効果が出ないからと辞めてしまったら振り出しにもどってしまいます。

 

 

 

 

 

発言しやすい場づくり

アクティブ・ラーニングにとって、「発言しやすい場づくり」が最重要になります。

 

ファシリテーター「何か意見ありますか?」
パターンA:・・・シーン・・・・
パターンB:「はい!~~です」

 

パターンAのように誰も発言しないのであれば、何も生まれません。パターンBのように、積極的に意見交換が行われて、はじめて効果が生まれます。

 

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、オンライン授業が広がっています。

 

オンライン授業では、文字での質問が可能です。すると、いつもより質問が増えたそうです。

 

逆にいえば、普段の授業では、質問したいけど「はずかしい」などの理由により、発言しづらい環境になっていたとわかります。

 

質問しなければ、わからないまま放置しているかもしれません。発言しやすい場づくりが大切です。

 

 

 

 

 

質問力の強化

アクティブ・ラーニングでは、ファシリテーターの質問力も重要です。

 

ファシリテーターの投げかける質問により、話の広がりが左右されます。

 

ファシリテーターに持っていきたい結論がある場合は、従来のティーチングと同じような結果になってしまいます。

 

大切なポイントはファシリテーターも最初から高いレベルを発揮できるわけではありません。

ファシリテーター自身の育成ももとめられます。

 

 

 

【コラム】連鎖退職とは~若手社員が連鎖退職する原因と対処方法

 

 

 

 

アクティブ・ラーニングとコーチングスキル

コーチング・コミュニケーション

大学入試のセンター試験が廃止され、大学入学共通テストに切り替わります。目的は「未知の問題に対する課題解決力の向上」です。

 

日本全体として、「考える力の強化」がもとめられているのです。

 

「考える力」の強化方法として、弊社ではコーチングスキルをオススメしています。

 

コーチングスキルは「傾聴」「質問」「フィードバック」で構成されるため、アクティブ・ラーニングでもとめられるファシリテーションスキル、質問力などが習得できます。

 

アクティブ・ラーニング活用のために、ぜひコーチングスキルにも注目してください。

 

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】