職場環境改善の取り組み~提案が評価される組織づくり~

コーチング大阪コミュニケーション

「職場環境を改善しなくては」とインターネット上の情報を調べているのかもしれません。

おそらく「こんな職場にしたらみんなが働きやすくなるはずだ」という構想があるのではないでしょうか。

 

大切なのは、構想が他の社員にとっても働きやすい職場かどうかは不明という点。構想にかかる時間とコストに対して、リーダーが壁になる可能性という点です。

 

職場環境改善を進めるには、意見交換しやすいコミュニケーションが活発な職場づくりと、経営者のリーダーシップが重要です。

 

そして、職場環境改善の提案者と実行者が評価される仕組みづくりが大切です。

 

 

【コラム】バーナード組織の3要素~共通目的・協働意欲・コミュニケーション

【目次】

 

職場環境改善に取り組むべき理由

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

職場環境改善がもとめられています。そして職場環境改善は終わりがありません。改善の継続が大切です。

 

 

 

 

職場環境改善とは

職場環境改善とは、その名の通り、職場環境を改善する施策です。

 

・机や椅子など什器の改善
・働きやすさ構築にITシステムの導入
・職場環境の清潔さ
・トイレなど設備の更新
・個人の机を決めないフリーアドレス制
・福利厚生の導入
・人間関係の改善

 

 

多くは、最新の設備などを導入して、過ごしやすい職場にすることを職場環境改善と捉えます。

 

これらも大切ですが、重要度なポイントは、これらを実行しようするコミュニケーションがとれる職場環境かどうかです。

 

 

 

 

 

職場環境改善の目的

職場環境改善の目的は、「社員にストレスなく働いてもらう」です。

ストレスが増えるとモチベーションが低下します。

 

モチベーションが低下すると仕事のパフォーマンスが低下します。仕事のパフォーマンス、生産性が低下すると、会社の業績も低下します。

 

また、ストレスの多い職場は、社員の離職も招きます。

社員が離職しても同様に生産性が低下します。会社の業績を高めるには、職場の環境改善は大切です。

 

 

【コラム】公平理論とは~社員のモチベーションマネジメント方法~

 

 

 

 

職場環境改善が進まない理由

コーチング・コミュニケーション

職場環境改善が大切なのはわかっていますが、あまり進んでいないようです。

職場環境改善が進まない理由について説明します。

 

 

 

 

 

余計な仕事

職場の環境改善は、会社の業績を高める土台づくりとして重要です。

しかし、直接売り上げに貢献する仕事ではないので、後回しにされがちです。

 

 

また、売上を優先するので、今の仕事を止めて、職場環境改善という意識が働きにくいです。

 

今の業務量そのままに、職場環境改善の仕事を加えられると、社員は過労状態になります。

職場環境改善の活動が、職場環境を悪化させる可能性が生まれます。誰も着手したがらず、後回しにされるのです。

 

 

 

 

 

上位の役職者の問題

職場環境改善を行うなら、上位の役職者、経営者のリーダーシップが大切です。

 

社員が「もっと良い職場環境にしたい」と思っても、経営者が「職場環境改善よりまず売り上げが優先」という考えであれば、職場環境改善は着手されないでしょう。

 

職場環境改善は、社員にとっても余計な仕事になるケースも多いです。

 

評価基準があいまいになるからです。社員が積極的に職場環境改善に取り組めるようにするには、経営者のリーダーシップが重要となります。

 

 

 

 

 

職場環境改善を進める方法

コーチング・コミュニケーション

職場環境改善を進める方法について、説明します。

 

大切なのは職場環境改善に何をするのかではなく、職場環境改善に着手しやすい組織風土をどのように作るかです。

 

 

 

 

 

発言しやすくする仕組み

もし、職場環境改善提案をしたとしてます。

 

そのとき「言い出しっぺが責任もってやってな」となると、仕事も責任も増えるだけで、提案者にとってメリットがありません。

 

改善案を提案があったら、それをどのように実現するか、役割分担含めて全員で話し合う仕組みが必要です。

 

改善提案が評価される組織風土になるとさらに良いでしょう。コミュニケーションが活発な職場づくりが大切です。

 

 

 

 

 

 

PDCAサイクルが最重要

職場環境改善は終わりが無いです。

 

職場環境改善に新しい什器やシステムを入れたとしても、数年したら陳腐化します。価値観の異なる若手社員も入ってきます。

 

自分たちは改善されたと思っていても、競合企業を見るともっと先進的な職場環境を作っているかもしれません。

 

最適な職場環境の考え方は、常に変化し続けます。職場環境改善を業務の中に仕組みとして導入が大切です。

 

 

【コラム】ビジネスでワンチームに~会社組織の一体感を醸成する方法~

 

 

 

 

職場環境改善が評価される仕組みを作ろう

コーチングスキル

社員のパフォーマンスを向上するには、社員がパフォーマンスを発揮しやすい職場環境づくりがもとめられます。

 

しかし、一見、職場環境改善は会社の業績に関係の無いように見えます。だから後回しにされがちです。

 

だからこそ、職場環境改善を優先する企業が競争優位性を得る可能性が高くなると考えています。

 

職場環境改善を進めるには、職場環境改善の提案や実行が評価される仕組みが大切です。

経営者のリーダーシップが重要です。ぜひ競合企業がうらやむような職場環境を作ってください。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】