コーチングで問題解決の問題点~メリット・デメリット~

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

「リーダーの立場になった人は、コーチングスキルを身につけなければならない」

そのような言葉を言われた経験がないでしょうか?

 

そうしてコーチングを学ばれるリーダーは多いです。

しかし、使いこなせるリーダーは少ないです。

 

コーチングで問題解決しようとすると、さまざまな問題にぶつかるからです。その壁を乗り越えられず、あきらめてしまうリーダーは多いです。

 

コーチングの問題点を克服するには、メリット・デメリットの理解が必要です。

 

 

【コラム】コーチングは独学でもマスターできる?~効果的な勉強方法~

【目次】

 

コーチングとは

コーチング・コミュニケーション

コーチングとは、とても曖昧なスキルです。

さまざまなシーンでコーチと呼ばれる人が存在します。多くの方がスポーツのコーチをイメージされるのではないでしょうか。

 

このコラムでのコーチングとは、ビジネスシーンで活用されるコーチングを指しています。最近は区別するために、1on1ミーティングと呼ぶ場合もあります。

 

 

 

 

 

コーチングの目的

「コーチング=クライアントのモチベーションを高め行動を促すスキル」

このように定義されるケースが多いです。

 

コーチングの目的は、クライアントの目標達成、問題解決です。行動を促し、クライアントみずから問題解決をサポートします。

 

クライアントを助けるという目的は、ティーチングやアドバイスなどと同じです。

 

 

 

 

他のスキルとの違い

コーチングと同じ目的のスキルに、ティーチング(教える)、アドバイス、コンサルティングなどが存在します。

 

コーチングが他のスキルとの大きな違いは、「原則、教えない」です。

 

イメージとして次のように区別できます。

 

他のスキル:クライアントの代わりに問題解決してあげる
コーチング:クライアントが自分自身で問題解決できるように思考の整理をサポートする

 

他のスキルと比べたコーチングのメリットは次のとおりです。

・クライアントの考える力を強化する
・自分で考えて行動した結果、自信が高まる
・主体性が高まる

 

ティーチングに偏りすぎると、「教えられてないことはできない」となりがちです。

 

指示待ちなど、消極的な社員が増えたので、コーチングが注目されているのです。

 

 

【コラム】コーチングのビジネスが怪しい、胡散臭いと感じる理由

 

 

 

 

 

コーチングの問題点

コーチング・コミュニケーション

注目されているコーチングですが、問題も存在します。

もっとも大きな問題点は、「難しい」です。

 

とてもシンプルなスキルですが、いまだに日本では普及していません。難しいとされる原因があるからです。

 

 

 

 

緊急性の高い問題解決が苦手

コーチングは原則教えません。

だから緊急性の高い問題の解決が苦手です。

 

コーチングはクライアントが成長して、問題解決できるようになるという流れになっています。クライアントが急に成長するケースはすくないです。

 

しかし、ビジネスの世界ではスピードをもとめられます。「教えた方が解決が早い」となって、コーチングができなくなるのです。

 

 

クライアントも早い問題解決を望んでいます。

 

コーチングの特徴とクライアントの希望にギャップが生じるため、効かなくなります。

 

コーチングを活用するには、「緊急でない重要なテーマを選ぶ」「問題解決を焦らないメンタルの強さ」がもとめられます。

 

 

 

 

 

信頼関係がすべて

コーチングは、何よりも信頼関係がすべてです。信頼関係が無ければ、機能しません。

逆に信頼関係があれば、コーチングは必要ないぐらいです。

 

「教えた方が速い」となるのは、「クライアント自身で解決できる」と信じられないからです。コーチを信じられないと、クライアントは本音を言わなくなります。

 

信頼関係が無いと、ただの駆け引きの場になってしまいます。

まずは「信頼関係構築に全力をつくす」が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

コーチングの問題を乗り越えるには

コーチング・コミュニケーション

コーチングの問題を乗り越える方法は簡単では無いです。

スクールを渡り歩いたり、心理学を学んだりしても、難しいです。

 

なぜなら人の数だけ、臨機応変にコーチングのやり方を変えなければならないからです。

 

 

 

 

トレーニングがすべて

コーチングの問題を乗り越えるには、トレーニングしか無いです。

 

あらゆるタイプのクライアントとテーマの組み合わせを経験すればするほど、スキルは上達します。

コーチングスキルへの信頼感が高まれば高まるほど、余裕が出てきます。

 

「教えた方が速い」となるのは、「コーチングではダメだ」と思うからです。「コーチングで大丈夫」と思えたら、余裕が出てきます。

 

「コーチングで大丈夫」と思えるようになるには、トレーニングが必要です。

 

また、やはりクライアントとの信頼関係が重要です。

クライアントは困っているからコーチングを受けます。早く解決してほしいと思っています。

 

「解決方法を教えてほしい」という気持ちが強いクライアントにコーチングは機能しづらいです。

クライアントにも、コーチングに対する理解と、コーチに対する信頼を持ってもらう必要があります。

 

 

 

 

 

コーチングがすべてではない

コーチングは万能では無いです。

 

コーチングを学び始めると、コーチングが好きになり過ぎて、なんでもコーチングで解決しようとします。

しかし、緊急性の高い問題は苦手です。

 

ティーチング、アドバイス、コンサルティングなどの活用が必要です。

 

また、気持ちが沈んでいる人を無理やりモチベーションアップはできません。カウンセリングの活用が必要です。

状況に合わせて、コーチング以外のスキルを組み合わせるが大切です。

 

そのためには、コーチングのメリット・デメリットを深く知る必要があります。

メリット・デメリットを深く知るには、やはりトレーニングが必要です。

 

 

【コラム】コーチングを副業にする~楽して稼げる仕事は無い~

 

 

 

 

コーチングは一生使えるスキル

コーチング・コミュニケーション

コーチングのスキルアップは時間がかかります。

そして、上限が無いです。

だから一生かけて学び続けるスキルです。

 

コーチングはティーチングを補完するスキルとして役立ちます。また、聴く力、コミュニケーション能力の強化にも役立ちます。

 

だから、できるだけ早く、そしてトレーニングの継続をオススメします。