ワールドカフェワークショップのやり方

コーチング・コミュニケーション

これまでにないアイデアを発想しなければならない。

多くの企業が競争に勝つのにもとめられる課題だと思います。

 

新しいアイデアを発想する方法として、ワールドカフェと呼ばれるワークショップのやり方があります。

 

参加者同士のグループダイナミクス効果を期待したワークショップのやり方です。

 

イベント的なワークショップでは、よく使われる方法ですが、実際に仕事に活用するには工夫が必要です。

ワールドカフェを説明します。

 

 

【コラム】コーチングは独学でもマスターできる?~効果的な勉強方法~

【目次】

 

ワールドカフェを活用する

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

ワールドカフェは、さまざまなワークショップで活用される手法です。

ワールドカフェ方式が積極的に活用される理由を説明します。

 

 

 

 

 

ワールドカフェとは

ワールドカフェは、Wikipediaには次のように説明されています。

 

ワールドカフェ(英語: The World Cafe)は何人かの会議での討論のやり方(ファシリテーション)の一形式。
各参加者が対話を通じて、「気づき」を得ることを目的とする。
1995年にアメリカ合衆国のファニータ・ブラウン(Huanita Brown)とデイヴィッド・アイザックス(David Isaacs)が偶然の機会に行う状況になり始まったといわれている。
フォーマルな会議よりも、移動も自由なオープンな打ち合わせのほうが発想が豊かになり、意見も活発になるという思想に基づく
(出典:Wikipedia:https://ja.wikipedia.org/wiki/ワールドカフェ

 

何が異なるのかは、ワールドカフェの方法のところで書きます。

 

特徴としては、グループワークなのですが、メンバーを入れ替える点でしょう。

自由な組み合わせで、活発なディスカッションによって、アイデアが膨らむグループダイナミクス効果を期待したものです。

 

 

 

 

 

ワールドカフェの方法

ワールドカフェの進め方の一例を紹介します。

 

1.テーブルごとにグループをわけます。テーブルには模造紙を置きます。

 

2.テーマを提示し、各グループでディスカッションします。ディスカッションで出てきたアイデア、個人が出したアイデアを模造紙に書き込みます。

 

3.一定時間が経過したら、1名だけ残して、他のメンバーは別のテーブルにバラバラになるように移動して、新しいグループをつくります。

 

4.残ったメンバーは、新しく来たメンバーに、このテーブルではどのようなディスカッションが行われてきたかを最初に説明します。そこからディスカッションをスタートします。

 

5.一定時間経過したら、同じように席替えを繰り返します。

 

 

 

このメンバーを変更しながら、数多くのアイデア発想を行います。メンバーが変わると、出てくる意見も異なるので、発想が膨らみます。

 

 

 

【コラム】コーチングを副業にする~楽して稼げる仕事は無い~

 

 

 

グループダイナミクス活用のワークショップ

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

ワールドカフェはグループダイナミクス効果を活用したワークショップです。グループダイナミクスを説明します。

 

 

 

 

グループダイナミクスとは

グループダイナミクスとは、Weblio辞書には次のように説明されています。

 

グループ・ダイナミクスとは、「集団における個人の行動や思考・価値観等は、集団から影響を受け、また逆に、集団に対しても影響を与えるというような、”集団を構成する個人同士の相互依存関係から派生する集団の力学的特性”」のことを指して言う。
(出典:Weblio辞書「人材マネジメント用語集」:https://www.weblio.jp/content/グループ・ダイナミクス

 

グループダイナミクスは集団力学とも表現されます。

人は一人だけで物事を考えていても、なかなか一定の枠から抜け出せません。

 

しかし、2人以上になると、自分も思いもしなかったアイデアを聴くと、そのアイデアに刺激されて発想力の幅が広がります。

 

1+1を2以上の効果を生むのがグループダイナミクス効果です。

 

 

 

 

 

グループダイナミクスとワールドカフェ

ワールドカフェでは、席替えによってグループダイナミクス効果を大きくします。

 

つまりある程度人数がいないと効果が得られない可能性が高いです。またアイデアの発散は得意ですが、どのように収束させていくがは工夫が必要です。

 

またワールドカフェでグループダイナミクス効果を得るには、コミュニケーションの活性化が重要です。

テーブルごとに意見交換が活発なところ、そうでないところの差が出ます。

 

 

 

 

 

 

ワールドカフェの留意点

コーチング・コミュニケーション

ワールドカフェを成功させるには。何をもって成功とするかは、主催する方の考え方に左右されます。

 

多くのワールドカフェは「ワールドカフェを楽しむ」を目的としているように感じます。

本来は、ワールドカフェを行った後、何が実現したかをフォローアップが大切です。

 

 

 

 

 

型をはめすぎない

ワールドカフェのデメリットは、人数が必要、場所が必要、時間が必要などが存在します。

 

中小企業では、なかなか活用しにくいかもしれません。大企業でも1日社員の仕事を止めるのはなかなかできないでしょう。

 

型にはめずに、できるところだけを抽出し、効果が得られる方法が他にないか検討しながらの工夫が大切です。グループダイナミクスが得られるなら方法はなんでもOKです。

 

 

 

 

 

ファシリテーターの差に左右される

グループダイナミクスの効果を得るのに最も重要なのは、発言があるかどうかです。

 

ある人の発言に影響されて、新たな発言が誘発されるのがグループダイナミクスです。

発言が少なければ少ないほど、グループダイナミクス効果は得られません。

 

テーブルに発言を引き出すのが上手いファシリテーターがいるかどうかによって効果が左右されます。

発言力の強い人が一人でしゃべっているようなワールドカフェは行う意味が無いです。

 

 

【コラム】コーチングのビジネスが怪しい、胡散臭いと感じる理由

 

 

 

 

ワールドカフェを活用しよう

コーチング大阪コミュニケーション

ワールドカフェを説明してきました。ワールドカフェは特に新しい方法ではないです。1995年に開発された方法だそうです。

 

日本はいつも遅れていると感じます。

欧米で活用されている手法を積極的に試してみるのは必要に感じます。

 

大切な考え方は、そのまま使う必要は無いです。

型にはめると窮屈になります。工夫しながら自社にあったワールドカフェを開発してください。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】