コミュニケーション能力研修【1on1ミーティング】

コーチング・コミュニケーション

働き方改革、生産性向上、健康経営など、企業は人の問題が広がっています。それを改善するための手法として、1on1ミーティングを取り入れる企業が増えています。

しかし、1on1ミーティングは意外と難しいものです。コミュニケーション能力が必要だからです。

1on1ミーティングの効果を出すためのコミュニケーション能力研修を開催しています。

※コミュニケーション能力研修について【大阪・京都・神戸】

 

【目次】

 

 

1on1ミーティングが流行っている?

コーチング・コミュニケーション

大企業を中心に1on1ミーティングを実施するところが増えています。上司と部下の1対1の面談ですが、評価面談とは違います。「部下の成長」を目的として行われているものです。

 

 

1on1ミーティングとは

1on1ミーティングとは、上司と部下の1対1の面談です。ただし、年に数回の評価面談とは異なり、1週間に1回~1ヵ月に1回のペースで頻繁に行います。PDCAサイクルを早く回転させるようなイメージでしょう。

また、評価面談とは異なり、上司が部下を評価しないという特徴があります。評価せず、部下に話したいテーマをたくさん話してもらいます。上司は、聴くに専念します。

そのような安全な場をつくることにより、部下の内発的動機づけを引き出す効果を期待するものです。また、密なコミュニケーションにより、上司と部下の信頼関係を構築する狙いもあります。

 

 

1on1ミーティングが求められる背景

1on1ミーティングが求められる背景は、指示待ちの社員が増えているからです。日本の学校教育で行われる暗記型の詰め込み教育ですが、覚えるのは得意だけど「考える」のが苦手になります。

その「考える」を促すのが1on1ミーティングです。その時、本人のやりたいテーマも考えてもらいます。内発的動機づけの刺激が目的です。

人材不足、離職率、生産性など、人に関する問題を企業は多く抱えています。社員が自社でモチベーション高く仕事し続けてくれることが望まれているのです。

そのため、社員がこの会社にやりがいを感じるという状況をつくりだすために1on1ミーティングを行うのです。

※コミュニケーション能力研修について【大阪・京都・神戸】

 

 

1on1ミーティングを実施する

コーチング・コミュニケーション

実際に、1on1ミーティングをどのように進めるのかを説明します。絶対的なルールがあるわけではありませんが、「ただの雑談にならない」「評価面談にならない」が重要です。

 

 

1on1ミーティングの進め方

1on1ミーティングは1週間に1回~月に一回のペースで行います。1回30分~1時間程度です。話す内容は「部下の話したいテーマ」です。

しかし、「部下の成長」を目的としているので、「キャリアプラン」「スキルアップ」「仕事の課題」などが良いでしょう。

対話の流れはGROWモデルに沿った話をオススメします。GROWモデルとは以下の単語の頭文字をとったものです。

Goal(ゴール)
Reality(現状)
Option(選択肢)
Will(意思)

この順に沿って話しをします。

簡単に話の流れの例を紹介します。

1.前回の面談以降どうだったのかの確認
2.今回の面談で話したいテーマ
3.(ゴール)そのテーマについて、理想的な状態の確認
4.(現状)理想の状態に対して、現状の状態の確認
5.(選択肢)理想と現状のギャップを埋めるための施策を確認
6.(意思)次回の面談までに着手するものを宣言してもらう

このような流れで話を進めます。

 

 

1on1ミーティングの注意事項

1on1ミーティングの注意事項は、評価面談とは異なるという点です。そして、部下から「話を聴く」が中心になるため、評価はもちろん、アドバイスや指示は必要ありません。

もともと、指示、命令が強く、いつも怒っていたような上司の場合、初めはなかなかうまくできません。なぜなら、部下が警戒するからです。

「評価とは関係ないから何でも話して」と言っても、すぐには信用できません。だから時間がかかるものだという前提で取り組む事が大切です。続けているうちに本当に評価されないのだとわかってきたら、部下も話すようになるでしょう。

そしてまた、部下のタイプも「積極的」から「内向的」までさまざまです。どのようなタイプの部下であっても、「聴く」に専念することが大切です。

※コミュニケーション能力研修について【大阪・京都・神戸】

 

 

コミュニケーション能力を強化する研修

人事評価制度

1on1ミーティングが上手くいかないとしたら、コミュニケーション能力が不足しているのです。しゃべらない部下の方がコミュニケーション能力が低いと感じるかもしれません。

正しいのですが、間違っている部分ので説明します。

 

 

コミュニケーション能力とは

部下がしゃべらないから、部下のコミュニケーション能力が低いと判断するのは、「話す力」という面では正しいです。しかし、部下がしゃべらないのは、上司の「聴く力の低さ」が原因です。

上述したように、「すぐ怒る」「すぐ評価する」「すぐ否定する」「いつも不機嫌」「笑わない」上司に対して、部下は話しづらいです。

コミュニケーション能力とは「話す力」だけでなく「聴く力」もあって、初めて成り立ちます。多くの方が、コミュニケーション能力というと「話す力」と勘違いします。だからコミュニケーション能力を強化する目的で、「スピーチ練習」「プレゼン練習」など話す力を強化しようとします。

面接練習などしてきているので、大概の社会人は「話す力」はトレーニングしてきています。しかし「聴く力」のトレーニングをしてきた社会人はほとんどいません。

だから、コミュニケーション能力が高いと思われている上司も「聴く力」が低い場合が多いです。

 

 

聴く力とコーチングスキル

コミュニケーション能力でいう「聴く力」とは、「相手に本音でたくさん話してもらう力」です。「本音で」がとても重要です。

1on1ミーティングをしていても、「怒られるのが嫌だから無難な話をしておこう」と思われては、ただの雑談になります。忙しい中時間を取っているのに、無駄な時間になります。

そのため、1on1ミーティングを実施する上で、「聴く力」の強化は欠かせません。「聴く力」のトレーニング手法として、オススメなのがコーチングスキルです。

コーチングスキルは「相手に本音でたくさん話してもらう」を主体としたスキルだからです。コーチングスキルを強化すると、「聴く力」が強化されます。

「聴く力」が強化されると、1on1ミーティングの効果が高まります。

そこで、「聴く力」を強化するためのコーチング・コミュニケーション研修を行っています。

※コミュニケーション能力研修について【大阪・京都・神戸】

 

 

コミュニケーション能力研修を受講しよう

廃業

1on1ミーティングにコーチング的なコミュニケーションを取り入れるとさまざまなメリットがあります。そもそもコーチングという手法自体に存在するメリットも得られます。

「聴く力」の強化により、上司と部下の信頼関係を構築することができます。信頼関係がある組織は、協力関係が築けるので生産性が高まります。

1on1ミーティングを効果的に実施するためにもコーチング・コミュニケーションをマスターしましょう。

コミュニケーション能力アップのための研修の受講をオススメします。

※コミュニケーション能力研修について【大阪・京都・神戸】