コンプライアンスとは~顧客からの信用を失わないために大切なこと~

コンプライアンス

コンプライアンス違反のニュースが無くなりませんね。新型コロナウイルス感染拡大のニュースがメインで、企業も活動を抑えているため少なくなっているため現在は減っているのかもしれません。しかし、郵便局の職員が不正に給付金の申請をしていたという事件もありました。雇用調整助成金なども、要件が甘くなったので不正受給が増えるかもしれません。

顧客からの信用を失わないためにもコンプライアンスは重要です。改めてコンプライアンスについて説明します。

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】

【目次】

 

コンプライアンスが重要

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

コンプライアンスが重要とは、ずっと言われ続けています。しかし、いつの時代になってもコンプライアンスの問題が発生します。近年では関西電力の金品受領問題なんかが記憶に新しいところでしょう。あらためてコンプライアンスについて説明します。

 

 

コンプライアンスとは

コンプライアンスとは、Weblio辞書には次のようにあります。

コンプライアンスとは、一般的には、企業や組織が法令や倫理といった社会的な規範から逸脱することなく適切に事業を遂行することを意味する言葉。「法令遵守」と訳されることが多い。「企業コンプライアンス」や「ビジネスコンプライアンス」などと呼ばれることもある。
コンプライアンスという言葉は名詞として用いられ、多くの場合「守る」「遵守する」「徹底する」あるいは「違反する」といった動詞と共に用いられる。「コンプライアンス違反」「コンプライアンス研修」のような表現もよく使われる。

(出典:Weblio辞書「新語時事用語辞典」:https://www.weblio.jp/content/コンプライアンス

一般的に「法令遵守」と説明されることが多いですが、法令だけでなく、会社が決めたルールを守ることも含まれます。社員がルールに沿わない行動をしたとき、会社が損害を被る可能性があるからです。

 

 

コンプライアンスが必要な理由

コンプライアンスが必要な理由について、一言で言えば、会社を守るためです。コンプライアンス違反が発生すれば、会社は大きなダメージを受けます。法令だけでなく、会社としてのルールが存在するのは、法令だけではカバーできない社会的道徳の面が存在するからです。

たとえば、新型コロナウイルス感染拡大の影響により発せられた緊急事態宣言ですが、すべてがお願いベースです。お願いなので、お願いをきかなくても法律違反にはなりません。しかし、お願いされたことに対する逸脱した行為をすると社会的に批判されます。もし、社員がそのような行動をすると所属する会社自体が批判されることがあるからです。

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】

 

 

コンプライアンス違反のデメリット

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

コンプライアンス違反は大きなデメリットがあります。関西電力のように、他に替えのきかない独占企業の場合はそれほどでもないのかもしれませんが、大きな賠償請求をされることになりました。レオパレスのように、ライバル企業が多い会社の場合は、大きなダメージを受けることになります。

 

 

社会的信用を失う

コンプライアンス違反のデメリットは、社会的信用を失うことです。社会的信用を失うことで、顧客含めた取引先が離れていく可能性が高まります。つまり、コンプライアンス違反をすると、売り上げ、利益ともに大きく減少します。赤字に陥る可能性もあるでしょう。企業イメージも悪化するため、優秀な社員の採用にも影響が出ます。会社の持続可能性が低下することになります。

 

 

コストが増加する

コンプライアンス違反のデメリットは、社会的信用を失い、収益が悪化することです。それに加えて、損害賠償など、信用回復のためのコストが増加します。少しでも得をしようとして、談合や詐欺などコンプライアンス違反をしてしまうと、逆に大きく損をすることになります。企業はコンプライアンス違反を防ぐ活動がもとめられます。

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】

 

 

コンプライアンス違反を防ぐ活動

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

各社、コンプライアンス違反によるダメージは知っているため、防止策を講じています。しかし、それでも無くならないのは、それほど売り上げや利益、成績に対するプレッシャーが大きいからかもしれません。自社を優良な企業にすることが一番のコンプライアンス違反対策かもしれません。ここでは、一般的なコンプライアンス違反を防ぐ活動について説明します。

 

 

コンプライアンスルールの作成

コンプライアンス違反対策の方向性は大きくわけて2つ。「違反者を出さないルール作成」と「違反者を出しても被害を最小限に抑える仕組みづくり」です。

「違反者を出さないルール作成」について。社員も何がコンプライアンス違反に該当するのか、わからないと間違ってしまう可能性があります。そこで、コンプライアンスのルールを作成し、周知が必要です。コンプライアンスルールはより具体的である必要があります。例えば「パワハラ」であれば、どのような行動がパワハラに該当するのか明示することが大切です。

「違反者を出しても被害を最小限に抑える仕組みづくり」について。違反者が出しても被害を最小限に抑えるには、早期発見、早期対策が必要です。早期に発見するためには、「内部告発」の仕組みなどを整えることが必要でしょう。一般的に内部告発者は不利な待遇を受けることが多いです。そのため、発見が遅れ、問題が大きくなってから発覚する場合があります。

また、早期対策のためには、対策責任者を決めて権限と責任を与えることが重要です。問題が発覚してから、「誰が対応するの?」と迷っていたら対応が遅れます。コンプライアンスルールを整えておくことが大切です。

 

 

コンプライアンス教育の実施

コンプライアンスルールがあったとしても、誰も知らないのであれば、実行されません。そのため、社員に対してコンプライアンス教育を行う必要があります。法務部、総務部が主体になりますが、無い場合は経営者が責任をもって教育を行う必要があります。コンプライアンス違反は、社員のモラルの欠如によって発生することがほとんどです。個人情報の漏洩も社員が意図的に盗むケースも見られます。

重要なポイントは、コンプライアンス違反する人は、「コンプライアンス違反と分かってて実行する」場合も多いということです。ノルマが厳しいからかもしれませんし、給料が低いからかもしれません。このような人に対しては、コンプライアンス教育のほかにも対策が必要でしょう。コンプライアンス違反への誘惑を最小限に抑える取り組みが必要です。また、コンプライアンス違反者が出る前提でのアクセス権限などのシステム構築も必要です。

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】

 

 

社員が仕事に情熱を燃やせる会社づくりを

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

コンプライアンスを守ることは企業にとって重要です。しかし、いつまでたってもコンプライアンス違反は無くなりません。

コンプライアンス違反を防ぐ方法は、優良な企業を作ることだと考えます。オンリーワンの技術を持っているなら、不正をしなくても契約が取れる可能性が高まります。給料が満足できるレベルにあるなら、あえて危険をおかさないでしょう。仕事にやりがいが感じられるなら、職場で良い仲間に囲まれているなら、その環境を自ら壊すような行動はしなくなるでしょう。

経営者はコンプライアンスのルールで会社を守ることは大切ですが、職場の雰囲気が良くなるように経営することももとめられます。

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】