リーダー人材育成~リーダーシップとコミュニケーション能力の強化

コーチング・コミュニケーション

管理職などリーダー的な立場になると、部下のころと全く違った能力がもとめられます。部下のころは上司からの指示に従っているだけでよかったかもしれませんが、上司になると指示を出す側になります。思うように指示に従ってくれない部下も現れるでしょう。

チームをまとめられるようになるためには、リーダー人材育成に力を入れることが大切です。リーダー人材の育成について、リーダーシップとコミュニケーション能力の観点から説明します。

【リーダーに必要なコーチングスキルについて】

【目次】

 

リーダー人材の育成がもとめられる理由

コーチング・コミュニケーション

会社ではリーダー人材の育成がもとめられています。それは会社の業績の影響を左右するからです。会社を成長させることができるかはリーダー人材を育成できるかどうかに左右されます。

 

 

人が管理できる人数には上限がある

リーダー人材がもとめられる理由は、人が管理できる人数には上限があるからです。個人差が存在しますが、7人前後が上限といわれています。人数が増えれば増えるほど、一人ひとりと関わる時間が短くなり目が届きにくくなります。そのため、社員が増えてくるとリーダー人材を育成し、管理を任せる必要が出てきます。

 

 

権限委譲による生産性向上

リーダー人材がもとめられる理由は、生産性の向上です。経営者が一人ひとりに指示を出していたのでは、経営者本来の仕事をする時間が無くなります。新しいリーダーに権限と責任を委譲することによって、経営者は経営戦略の策定など本来の仕事ができます。リーダー人材が増えれば増えるほど、経営者が関わらなくても生産量が増えていくので生産性が大幅に向上します。

【リーダーに必要なコーチングスキルについて】

 

 

リーダーシップにもとめられる役割

コーチング・コミュニケーション

リーダーシップとは、「目標を示し、そのための意思決定を繰り返すこと。メンバーのモチベーションを高めること」です。目標がどんなに正しいとしても、意思決定を間違えたら達成することはできません。目標がどんなに正しいとしても、メンバーがついてきてくれなかったら達成することができません。リーダーシップにもとめられる役割について説明します。

 

 

迅速で精度の高い意思決定

リーダーは正しい目標を掲げることはもちろんのこと、迅速で精度の高い意思決定がもとめられます。リーダーが迷っていては、メンバーが不安に感じます。「迷って決められない」という状況も「先延ばし」「様子見」といったリーダーの意思決定になります。

様子を見たせいで、会社が追い詰められたらリーダーの責任です。近年は地政学リスク、災害リスク、競合企業の行動など、状況の変化が激しく発生します。その際、迅速に精度の高い意思決定がもとめられます。

 

 

メンバーのモチベーションマネジメント

リーダーはメンバーのモチベーションを高めることがもとめられます。メンバーが非協力的になると、仕事が思うように進めません。近年は、権限を持っているからと強引に人を動かそうとしても動きません。リーダーは「この人についていきたい」と思われるような「尊敬されるリーダー」になることがもとめられます。

【リーダーに必要なコーチングスキルについて】

 

 

リーダーシップとコミュニケーション能力

コーチング・コミュニケーション

リーダーにはコミュニケーション能力がもとめられます。目標を決めたら、メンバーと共有しなければなりません。目標を知らなければ、メンバーは自分勝手に動きます。指示命令もコミュニケーション能力です。メンバーのモチベーションを引き出すのもコミュニケーションです。

 

 

情報収集力を高めるコミュニケーション

リーダーシップ力は、迅速で精度の高い意思決定がもとめられます。精度の高い意思決定をするためには、情報収集力が必要です。
情報収集力の強化に必要なのは、「聴く力」です。

「聴く力」とは、メンバーから情報を引き出す力だけでなく、市場動向を観る力なども含まれます。「聴く力」が無いと、メンバーは本音を話しません。「聴く力」が無いと、情報収集する視野が狭くなりがちで、意思決定が短絡的になりがちです。意思決定の精度を高めるには「聴く力」コミュニケーションが必要です。

 

 

モチベーションを引き出すコミュニケーション

リーダーシップ力は、部下のモチベーションを引き出すことがもとめられます。どんなに頭の良いリーダーだったとしても、部下がついてきてこなければ成果を上げることができません。部下のモチベーションを引き出すのに必要なのがコミュニケーション能力です。

ただし、指示命令など、リーダーの意見を押し付けるばかりになると、部下のモチベーションは下がります。部下の意見など話を引き出す「聴く力」がもとめられます。「尊敬できるリーダー」が自分の話を聴いてくれると部下のモチベーションは上がります。

【リーダーに必要なコーチングスキルについて】

 

 

リーダー人材育成にコーチング・コミュニケーション

コーチング・コミュニケーション

会社を成長させていくためにはリーダー人材の育成が欠かせません。リーダーシップに必要なのは「迅速で精度の高い意思決定」と「部下のモチベーションを引き出す」です。どちらもコミュニケーション能力のうち「聴く力」で強化することができます。

「聴く力」の強化方法として、オススメするのがコーチング・コミュニケーションです。コーチング・コミュニケーションとは、聴く力に重点を置いたコミュニケーションスキルです。リーダー人材育成にコーチング・コミュニケーション研修をご活用ください。

【コーチング・コミュニケーション研修について】