テレワーク導入するならデメリット対策が重要

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

新型コロナウイルスの影響が広がる中、ソーシャルディスタンスを保つ目的で、テレワークを導入する企業が増えています。

 

テレワークの効果に気づいた企業は、本格的な活用を始めました。新しい働き方が定着しそうです。

 

テレワークは、通勤の必要がなくなるので、生産性が高くなるように感じるかもしれません。

しかし、テレワークにもデメリットが存在します。

 

 

デメリットを解消しないと、生産性の悪化がする可能性が出てきます。

 

テレワークを上手に活用できるかどうかが、競合企業との競争を左右します。

 

テレワークのデメリットと対策を説明します。

 

 

【コラム】アフターコロナのビジネスチャンス~世界経済と仕事の変化~

 

【目次】

 

テレワークとは

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

テレワークのデメリットを説明する前に、テレワークの効果を説明します。

 

テレワークとは、インターネットを活用し、出社せずにオフィス以外で働く仕事の方法です。

リモートワークともよばれます。

 

 

一般的に、パソコンとスマートフォンを使って、インターネットで社員同士がつながる場をつくった上で、自宅で仕事をします。

 

 

 

 

 

働き方の改善

通勤が不要になるので、社員は時間を有効活用できます。

 

通勤にかかる時間を、睡眠などリフレッシュの時間に活用できるので、社員の健康的な働き方の支援へとつながります。

 

家族との時間、自己啓発の時間の確保も重要なポイントです。

 

テレワークの導入により、社員のストレスを減らしイキイキと働ける環境が作れるなら、社員一人一人のパフォーマンス向上が期待できます。

 

 

 

 

 

 

生産性の向上

社員の健康増進のメリットもありますが、もっとも期待されるメリットは生産性の向上です。

 

通勤を無くすと、企業には次のようなコストダウンメリットが得られます。

・交通費などの通勤手当が不要になる

・出張費が不要になる

・オフィスの賃貸料が不要になる

 

社員の健康が増進されてパフォーマンスが向上すると、仕事の成果も高まります。

 

コストを低減し、成果を高めると、企業の業績向上につながります。

 

 

 

 

【コラム】メンタルヘルスとは~職場でメンタル不調者を出さない~

 

 

 

デメリット面の対策が最重要

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

テレワークは、理論的には、生産性向上のメリットが大きいです。

しかし、そう上手くいきません。

 

テレワークはデメリット面の影響が大きいからです。

 

デメリットは、主にコミュニケーションに関する要因です。

 

テレワークの効果を得るには、デメリット面の対策が欠かせません。

 

 

 

 

 

 

テレワークのデメリット

テレワークのデメリットには、次なようなケースがあります。

 

・情報漏洩などのセキュリティリスク

・仕事とプライベート環境をわけられない

・どこにいても仕事に捕まるストレス

・メンバーの仕事の状況が把握しづらい

・監視を強化するとストレスが増加する

・対面に比べて交換できる情報量が少ない

・わからないことがあってもすぐに質問できない

 

などにより、思うように仕事が進まず、生産性が低下する場合があります。

 

 

 

 

 

 

デメリットが生じる原因

デメリットが生じる要因は、コミュニケーション不足です。

 

セキュリティの問題も、セキュリティの大切さが伝わっていない(コミュニケーション不足)が原因です。

 

テレワークは、お互いよく知っている者同士であれば、効果が生まれやすいですが、よく知らない者同士であれば、非効率になる可能性があります。

 

お互いをよく知っていれば、言葉足らずでも、「あの人は、こういう意味で言ってるのだな」と足りない情報を記憶で補完するからです。

 

インターネット技術の進化により、コミュニケーションが便利になったように感じるかもしれません。

 

コミュニケーションの量は確かに増えていますが、量が増えれば増えるほど、質が希薄化するのです。

 

たとえば「できるだけ早く、作成してください」だけで完璧に伝わるでしょうか?

 

・できるだけ早くって、具体的には?

・品質レベルは?

などの疑問が残ります。

 

「締め切りギリギリに提出や、望んでたレベルではなかった」などの問題が生じます。

 

 

テレワークにより、コミュニケーションの質が低下すると、生産性が低下します。

 

 

 

 

 

 

 

 

デメリットの解消

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

テレワークのデメリットの解消には、コミュニケーションの質と量の改善が必要です。

 

Zoomなど、テレビ会議システムを使ったとしても、対面でのコミュニケーションに比べると質は大幅に低下します。

 

コミュニケーションの仕組みづくりがもとめられます。

 

 

 

 

 

 

コミュニケーション不足対策

テレビ会議でのコミュニケーション量をいかに確保できるかが重要です。

 

グループウェアやメールなどによって、コミュニケーションは活発になったように感じるかもしれません。

 

しかし、メールなど文字の送受信だけではコミュニケーションはできていません。

 

届いた相手が「見ていない」「理解できていない」「誤解している」などの可能性があるからです。

 

「メッセージを送ったでしょ」で安心するのがミスコミュニケーションが発生する大きな原因となっています。

 

テレ―ワークによる問題は、テレビ会議以外の時に「確認したいこと」が発生した場合です。

 

リアルであれば、すぐにコミュニケーションをとれます。

テレワークであれば、電話やメールになるでしょう。

 

 

電話ならまだしも、メールは誤解が発生しがちです。

電話は、つながるかどうかわかりません。

逆に相手の仕事を止めてしまいます。

 

 

たとえば対策として、「2時間おきに小ミーティングを行う」など、テレビ会議での情報共有タイムを用意する仕組みが必要です

 

 

 

 

 

 

コミュニケーションの質改善

コミュニケーションの質の改善も必要です。

 

コミュニケーションの目的は情報共有です。

情報共有スピードが速ければ速いほど、コミュニケーションの質が高いといえます。

 

コミュニケーション量が多くても、うまく伝われなければ、生産性が低下するからです。

 

 

コミュニケーションの質を高めるのに必要なのは、「相手を理解しようとする聴く力」です。

 

 

コミュニケーションは「話す力」「聴く力」の双方向ではじめて成立します。

 

メールを送ったから、相手が理解してくれてると思うのは、一方通行でコミュニケーションではありません。

 

上述した「できるだけ早く、作成してください」も、相手を理解しようと思う気持ちがあるなら、意図を確認するはずです。

 

 

お互いの言葉の意味を確認しあえたら、コミュニケーションの質は高まります。

 

ミスコミュニケーションによるロスを減らせたら、生産性は向上します。

 

 

 

 

【コラム】連鎖退職とは~若手社員が連鎖退職する原因と対処方法

 

 

 

 

テレワークの効果を引き出そう

コーチング・コミュニケーション

新型コロナウイルスがおさまっても、テレワークの活用は減らないでしょう。

 

勤務地を選ばないので、採用の地域が日本中に広がるともいわれています。

もしかしたら一度も会ったことのない同僚も増えるでしょう。

 

その時、問題になるのがコミュニケーションの質です。

 

同僚とチームワークを強化するにはどうすればよいのか?

仕事の生産性はチームワークで決まります。

チームワークはコミュニケーションの質で決まります。

 

 

テレワークによるコスト低減効果とコミュニケーションの質改善による生産性向上効果の両方を獲得できる企業が競争に勝つ時代が来るでしょう。

 

ぜひ、コミュニケーションの質を改善してください。

 

コミュニケーションの質改善には、「聴く力」の強化が必要です。

 

「聴く力」の強化方法は、コーチング・コミュニケーションの習得です。

 

研修セミナーを開催していますので、ご活用ください。