傾聴力の高め方~話しやすい環境をつくる方法

コーチング・コミュニケーション

コミュニケーション能力を高める上で、「傾聴力の高め方」が大きな課題となります。傾聴力とは?がよく分からないからです。

 

傾聴を辞書で調べると、「耳を傾けて集中して聴くこと」と書かれています。

 

では傾聴力は?

耳を傾ける力?集中する力?黙っていられる時間?と定義が曖昧です。

 

そのため、傾聴力の強化は後回しにされがちです。

 

傾聴力とは、「話しやすい環境をつくる力」です。

 

傾聴力が高い人が増えれば増えるほど、意見交換が活発に行われます。逆に傾聴力が無いと、報連相が行われない、発言しないなどが発生します。

 

職場のコミュニケーションが活発に行われるようにするためのカギとなるのが傾聴力です。

傾聴力の高め方は、コーチング・コミュニケーションのトレーニングを繰り返すことをオススメしています。

 

傾聴力の高め方について説明します。

 

 

【コラム】質問力の高め方~コーチングスキル活用のトレーニング方法

【目次】

 

傾聴力がもとめられる

コーチング・コミュニケーション

コミュニケーションは「話す力」と「聴く力」の両方が必要です。この「聴く力」のベースになるものが傾聴力です。

 

 

傾聴力とは

傾聴とは、辞書で調べると「耳を傾けて聴くこと」のようなことがかかれています。

 

傾聴力とは、「耳を傾ける力」ではありません。傾聴力についてさまざま考え方がありますが、ここでは「傾聴力=本音で話やすい場づくりの力」です。

 

傾聴力があるほど、「相手が本音でたくさんはなしてくれる」ということになります。

 

 

 

傾聴力はコミュニケーションに必須

傾聴力が無いとコミュニケーションができません。コミュニケーションの質を高い状態とは、「相手が本音で話してくれる状態」だからです。

 

相手が建前で話していたり、ウソの話であったりすると、そのコミュニケーションは意味のないものになります。

 

誤解が発生するミスコミュニケーション、心を開いて話せないコミュニケーション不足が発生するのは傾聴力の低さによるものです。

 

コミュニケーションには傾聴力が必要なのです。

 

【コラム】コーチングは独学でもマスターできる?~効果的な勉強方法~

 

 

 

傾聴力を正しく理解する

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

コミュニケーションの質が向上しないのは、傾聴力を正しく理解できていないからです。傾聴力について説明します。

 

 

傾聴力が聴く力を決める

傾聴力が聴く力のベースになります。相手が本音で話してくれない限り、薄っぺらいコミュニケーションになります。

 

・いつもイライラしている
・すぐ怒る
・否定批判する
・信用できない

このような相手に対して、人は本音で話しづらくなります。

 

傾聴力の無い職場は、報連相が行われない、発言が起きないなどの問題が発生します。

 

 

 

聞くと聴くの違い

傾聴で使う「きく」の漢字は、「聴く」です。

似た意味の漢字に、「聞く」というものがあります。

 

それぞれ次のような違いがあります。

【聞く】自然に聞こえてくる音や声などを聞くこと

【聴く】耳だけでなく、目で見えるもの、心で感じることなど、全身で聴くこと

 

このような違いがあります。コーチングでは、ただの傾聴ではなく、【積極的傾聴-active listening】という表現をすることがあります。

 

 

 

 

傾聴力の高め方

コーチング・コミュニケーション

傾聴力とは、相手が本音でたくさん話してくれる場をつくる力です。傾聴力を高め方について、説明します。

 

 

認めるが必須

相手が本音で話やすい場づくりには、「認める」が重要になります。

発言しても「すぐ否定批判される」「すぐ説得してくる」「すぐ怒る」などの相手には「認められている」気分にはなりません。

 

そのような相手には、「本音で話しても無駄」という気分になります。「認める」力が無い人は、傾聴力が高まりません。

 

「認める」はトレーニングが必要です。まずは「すぐに否定批判しない」「相手の話を一旦黙って聴く」ということを意識することが重要です。

 

 

 

信頼関係がベース

また、相手が本音で話やすい場づくりには、「信頼関係」が重要です。信頼できない相手には、本音で話しません。「認める」ができない相手は、信頼しません。

 

難しい点は、信頼関係は短期間にはできないことです。「認める」をしたからといって、すぐに信頼関係ができるわけではありません。

 

「認める」を何カ月も繰り返して、やっと信頼関係が生まれます。

信頼関係は築くのに時間がかかるにも関わらず、信頼関係が崩れるのは一瞬なので注意が必要です。

 

 

【コラム】一体感の醸成方法~チームワークとコミュニケーション~

 

 

 

傾聴力で話しやすい場づくりをしよう

コーチング・コミュニケーション

会社が社員にもとめるスキルとしてコミュニケーション能力を挙げます。なぜならコミュニケーションがスムーズに行われないと、仕事がスムーズに進まないからです。

 

コミュニケーションが活発に行われるようにするには、本音で話やすい場づくりが必要です。本音で話やすい場づくりに必要なのが傾聴力です。

 

傾聴力を強化して、コミュニケーションが活発に行われる職場環境にしましょう。傾聴力を強化するためのコーチング・コミュニケーション研修セミナーを開催しています。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】