コーチングの種類はどんなものがある?セッションを受ける前に確認

人事評価制度

「コーチングセッションを受ける」ときいてどのようなイメージが浮かびますか?「モチベーションが高まる」「目標が明確になる」というポジティブなイメージがある一方、「コントロールされそう」「指導される」というネガティブなイメージも持たれている人もいます。

企業でコーチングスキルの活用が注目されています。大企業では管理職になるとコーチング研修を受講する、部下に1on1ミーティングを行うなどが活発に行われています。コーチングセッションを受ける機会も増えているかもしれません。

そこで、コーチングセッションを受けるメリット、デメリット、注意点などについて説明します。コーチングセッションは効果的なスキルですが、誰がやっても同じ効果が得られるわけではありません。

【社員のモチベーションを引き出すコーチングスキルについて】

 
 
 

コーチングとは

コーチング・コミュニケーション
コーチングとは、クライアントの相談に乗り、課題の解決をサポートするものです。目的の似たものに「ティーチング」「コンサルティング」「アドバイス」などがあります。似ていますが、コーチングだけ異なるものがあります。それは「原則教えない」です。「傾聴」「質問」「フィードバック」のスキルを使って、クライアントから気づきを引き出します。この機会に「受ける効果」だけでなく、「学ぶ効果」についても説明します。
 
 

学ぶ効果

コーチングは学ぶと、受ける効果と同様の効果が得られます。「受ける効果」が実感できていない状態で、コーチングの実践は難しいでしょう。自分が効果を実感できていないものを、人に勧められません。
 
弊社が重点を置いているコーチングを学ぶメリットは、コミュニケーション能力の強化です。コーチングはクライアントに本音でたくさん話してもらわないといけません。コミュニケーション力を強化したい場合もコーチングの学習をオススメします。
 
 

受ける効果

コーチングを受ける効果は本当に多くあります。
 
・価値観の違いが認められるようになる
・自分の行動を止めているものを知れる
・将来のビジョンが明確になる
・視野が広くなる
・目標達成、課題解決に一歩ずつ着実に前進できる
・自分で決めて、行動して、結果を受け止めるを繰り返すことによって自信がつく
 
などがあります。コーチングを受けたいと考えられている方は、相談したいと思うテーマは何でしょうか?そのテーマに対して、着実に前進することができます。
 
 
 
 

コーチングの種類

公平理論
 
コーチを探すと、コーチが持つ肩書もさまざまです。ご自身の課題にあったコーチを選ばれると良いですが、参考までにテーマごとのコーチングの種類を書きます。
 
 

エグゼクティブコーチング

経営者向けのコーチングになります。経営者は常に意思決定を求められます。その意思決定によって、会社が成長も衰退もするのでとても重要です。意思決定をサポートするのがエグゼクティブコーチングになります。欧米の経営者の7割がエグゼクティブコーチをつけていると言われています。
 
 
 

ビジネスコーチング

管理職以下、仕事全般に関するコーチングになります。管理職のマネジメントの課題解決をサポートしたり、社員のキャリアプランをサポートしたりします。経営者ほどではなくても、管理職の意思決定も重要です。成果が出るかで無いか、部下が育つも辞めてしまうも管理職の影響は大きいです。
 
近年、経営者に課せられる仕事の量が増加しています。短時間でよりよい意思決定をする必要があるので、ビジネスコーチングを受けるのが大切と考えています。欧米では役員のインセンティブ(特典)としてつけるケースもあるそうです。
 
 
 

ライフコーチング

人生そのものをテーマにするコーチングです。ほとんどのコーチングがこれにつながるのではないかと思います。ビジネスをテーマにコーチングを行っていますが、仕事も人生の一部だからです。誰もが良い人生を歩みたいと考えています。しかし、さまざまな場面で悩みは存在すると思います。その時その時、どのように判断すれば良いか、正解は誰も知りません。
 
ご自身で考えて決断していかないといけません。決断を先延ばしするというのも決断です。その決断を視野を広げた上で行い、背中を押していくのがライフコーチングです。良いライフコーチをつけるかつけないかで、人生が大きく変わる場合があります。
 
 
 

その他のコーチング

その他には、マネーコーチング、恋愛コーチング、英語コーチングなどなど、目的に特化したコーチングが存在します。コーチングというよりも、ティーチング(教える)要素が強い場合もあります。
 
テーマが専門的なので、問題解決が早いかもしれません。ただし、コーチごとの経験値に大きく効果が左右されるかかもしれません。これについては、テーマ特化型に限らず、すべてのコーチに共通して言えます。コーチを選ぶ際の注意事項はあとに書きます。
 
 
 
 
 
 

コーチングセッションを受ける

残業上限規制
 
コーチングの受け方として、対面もしくは電話など音声のみに分かれます。弊社も大阪近辺であれば、対面で行いますが、遠方になると電話やSkypeなどで行います。
 
まず対面、音声のみのどちらが良いかで決まります。対面なら、地元のコーチを探します。音声のみでも良いなら全国のコーチから探せます。まずは音声のみで、全国のコーチを試してみる体験セッションをオススメします。
 
 
 

コーチを探す

一言でコーチングと言っても、コーチによって様々です。同じ肩書を名乗っていても、品質は大きく異なります。コーチ自身は、googleで「コーチング コーチ 探し方」で検索すると多くでてきます。オススメする方法は、信用できる人に紹介してもらうです。本契約を断りにくいかもしれませんが、遠慮なく断っても大丈夫です。コーチングのスキルの基準ができるので、そのあと探しやすくなります。
 
そのような知り合いがいないというのであれば、コーチングに関するミニセミナーに参加してみて、その講師と繋がって紹介してもらうという方法もあります。コーチング初心者であればあるほど、「何人かのコーチを試してみる」をオススメします。多くのコーチが安価で体験セッションを行っています。
 
 
 

注意したいこと

コーチングを受けるにあたって、注意しておいた方が良いと感じている事を紹介します。
 

コーチ選びは慎重に

体験セッションを受けた後、継続セッションに進むか決めますが、その場で決断しないことをオススメします。一度、家に帰って落ち着いて考えてみて、このコーチが良さそうと思ったら次のステップに進めば良いです。「今決断すると安くするよ」という話に心が揺れるときもあると思いますが、その場で決断しないのが大切です。継続セッションを契約すると、数ヵ月コーチが固定されます。もし自分に合わないコーチだったとわかったとき、もったいないです。コーチ選びは慎重に。しかし、何カ月も迷い続けるのも時間がもったいないです。
 
 

コーチングにも得意なテーマ、苦手なテーマがある

コーチングをする立場として知っておいてほしいポイント。「コーチングは一回で解決するものではない」です。継続セッションが基本になります。テーマにもよりますが3カ月以上かけて解決していくテーマを得意としています。
 
問題を放置しすぎて、すぐにでも解決しないといけない状態になったものは苦手です。たとえば、職場の人間関係を放置しすぎて、「全員が辞める」と言い出したとします。慌てて「どうにかしてくれ」とお願いされてもコーチングでは対応が難しいです。弁護士さんとか社労士さんとか、アドバイスをもらった方が早くなります。
 
 

体験セッションで確認すること

体験セッションで、何かが解決するというわけではありません。「じゃぁ体験セッションでは何を確認するの?」と思いますよね。体験セッションで確認することは主に次のポイントです。
 
・コーチとの話しやすさ
・疑問点に誠実に答えてくれるか
・疑問点への回答が納得いくものか
・人として信頼できそうか
・コーチングのスキルも信頼できそうか
など。
 
このコーチなら自分の課題解決に本当に導いてくれそうと思えるかどうかです。
 
 

料金について

良いコーチと思っても、予算オーバーということもあるでしょう。価格交渉に応じてくれるコーチもいますので相談してみてください。あらかじめ価格を確認しておいて、体験セッションを受けるのもいいですし、あえて有名コーチのセッションを体験するだけ体験するというのもありです。コーチごとにどう違うのか確認するのも楽しいかもしれません。
 
 
 
 

コーチングを受けてみよう

コーチング・コミュニケーション
コーチングが日本に入ってきてから20年ぐらいになります。コーチングスクールを卒業された方も多いですし、企業のコーチング研修を受講された方も多くいます。それでもコーチングが普及していないのが現状です。コーチのバラつきが大きいので、信頼を獲得するまで至っていないのかと思います。
 
コーチングは本当に知っておいた方が良いスキルです。学んだ方のほとんどが、学生時代に知っておきたかったと言います。最初に出会うコーチの印象でガッカリしてほしくないです。そのため注意事項を書かせていただきました。本当は書ききれないぐらいですが・・ぜひ、コーチングを体験してみてください。
 

【社員のモチベーションを引き出すコーチングスキルについて】