【質問力の高め方】コーチングスキルを活用したトレーニング方法

コーチング・コミュニケーション

営業時に、お客様からもっとニーズを引き出したい
面談時に、部下からもっとモチベーションを引き出したい
面接時に、学生の本音を引き出したい

このような課題に対して、質問力向上のニーズがあります。質問力の強化によって話題を広げたり、誤解を防いだりすることができるようになります。一方、質問攻めになると、相手は心を閉ざし、逆効果になります。質問力の高め方として、コーチングスキルのトレーニングをオススメします。

【コラム】コーチングの勉強方法~コーチングの資格は独学でも取得できる?

【目次】

 

質問力がもとめられている

コーチング・コミュニケーション

質問力は思考力を広げます。質問力がもとめられる理由について説明します。

 

質問力が視野を広げる

質問力は視野の広さを変えます。「~~でなければならない」と、考え方が固定している人に対して、「~~でなければならない」と考えていない人はみんな失敗しているのですか?このような質問をするだけで、視点が変わります。

ほとんどの人が、自分の経験と知識を意思決定のよりどころにします。視野を広げるだけで、意思決定の際の選択肢が増えるのです。どのような質問をされるかによって、選択肢の幅が変わります。そのため質問力が重要なのです。

 

質問力が見える化する

多くの人は、あいまいな世界を生きています。

「多くの人がそう思っている」
「がんばる」
「むずかしい」

などなどの言葉がよく使われますが、具体的な中身はわかりません。

「多くの人とは、具体的に何人ぐらい?」
「がんばるって、具体的に何をすること?」
「むずかしいって、誰にとっても難しい?」

質問力を駆使することで、あいまいなことを見える化することができます。

【コラム】コーチングに関するビジネスが怪しい、胡散臭いと感じる理由

 

 

質問力を正しく理解する

コーチング・コミュニケーション

質問力とは、何かを説明します。質問と尋問、尋ねるなどの違いを理解しておくことが大切です。

 

質問力は相手の視点をコントロールする

質問力は、上述したように相手の視野を広げるため、視点をコントロールするために使います。人は普段活動しているとき、意識には現在必要な情報だけを使っています。

そこに、「先週の日曜日何をしてましたか?」と質問されると、視点が「先週の日曜日」に飛びます。質問されると、視点が移動するのです。質問力を駆使して、相手の視野を広げます。

 

 

質問と尋問との違い

質問と似たものに、尋ねる、尋問する、訊くという言葉があります。特に注意したいのは尋問です。質問攻めのような意味になります。尋問は、相手に自白させたり、言い負かしたり、説得したりするときに使う質問手法です。

攻撃的な質問法となり、攻撃されると相手は守りに入ります。守りに入ると、視点が固まってしまいます。質問力は視野を広げることが目的なので、視野を固定する尋問とは異なります。質問力と思い込んで、質問攻めにしないことが重要です。

 

 

質問力の高め方

コーチング・コミュニケーション

質問力の高め方について説明します。質問力の高め方はコーチングセッションを繰り返すことがオススメです。

 

オープンクエスチョンを意識する

質問力はオープンクエスチョンを意識することが大切です。オープンクエスチョンとは、「はい、いいえ」で答えられない質問です。逆に、「はい、いいえ」で答えられる質問をクローズドクエスチョンと呼びます。オープンクエスチョンを意識する理由は、視野を広げることが質問力の目的だからです。

例えば

クローズドクエスチョン:明日は休みですか?
オープンクエスチョン:明日はどのように過ごすのですか?

それぞれ話の広がり方が変わるのがわかるでしょう。質問力はオープンクエスチョンを意識することが大切です。

 

チャンクダウンを意識する

質問力はチャンクダウンを意識する。チャンクダウンとは、具体化、見える化、明確化することです。「むずかしい」「たくさんの」「問題がある」などの発言は、発言者の基準で発言しています。聴き手は、本当の意味で、内容を分かっていません。

コミュニケーションとして、お互いに情報を共有するためには、明確化する必要があります。その時、質問に使うのがチャンクダウンです。一言で言えば、「具体的には?」という質問です。

「むずかしいって具体的に何がどのように難しいのか?」
「たくさんって、具体的にどれぐらい?何と比較して?」
「問題があるって具体的に問題の内容は?」

などのようなチャンクダウンが質問力には必要です。

【コラム】チームワークの一体感を醸成するコミュニケーション方法

 

 

質問力で相手の気づきを引き出そう

コーチング・コミュニケーション

コミュニケーションにおいてもとめられる力が、話題を広げる力と、誤解を防ぐ力です。その力が、質問力です。視野を広げ、見える化することによって、気づきが引き出されます。コミュニケーションの質が、質問力によって大きく高まるのです。

質問力の強化トレーニングはコーチング・コミュニケーションのトレーニングを繰り返すことがオススメです。企業研修、セミナーを開催していますのでご活用ください。

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】