アンガーマネジメントの効果を高めるコーチング研修セミナー

コーチング・コミュニケーション

思わずカッとなり暴力をふるってしまったなど、取り返しのつかない問題になるケース。あおり運転も同様です。

怒りをうまく制御できないと、思いもしなかったトラブルにつながる可能性があります。

 

怒りを制御する方法にアンガーマネジメントが注目されています。アンガーマネジメントの方法はある程度確立されていますが、弊社ではコーチングスキルの習得をオススメしています。

 

怒りの原因は人間関係、コミュニケーションの問題により発生するケースが多いからです。コーチングスキルのトレーニングはコミュニケーション能力強化につながります。

 

また、アンガーマネジメント研修セミナーの対象は、「怒りやすい人」と感じるかもしれませんが、すべての人が対象です。

怒りを表に出せない人も多いからです。怒りを表に出さない人はストレスで蓄積され続けます。

 

 

【コラム】コーチングに関するビジネスが怪しい、胡散臭いと感じる理由

【目次】

 

アンガーマネジメントがもとめられている

ストレスケア

カッとなり怒ってしまってトラブルになるケースは多いようです。

たった一瞬の出来事で、取り返しのつかない問題になる場合もあります。怒りやすい人は、怒りをコントロールする力がもとめられます。

 

怒りとは「理想と現実のギャップ」により発生します。

 

怒りは二次感情ともいわれます。一次感情である「心配、不安、痛み、悲しみ、寂しさ」などが最初に蓄積し、それが心の許容量を超えた時に二次感情である「怒り」が現れます。

 

怒りを抑えるには、一次感情を蓄積させない、二次感情がでてもこらえる抵抗力が必要です。

 

 

 

アンガーマネジメントとは

アンガーマネジメントとは、アメリカで生まれた「怒りと上手に付き合うための心の制御方法」です。その名の通り「怒りをマネジメント(管理)する」です。

 

怒りを抑制する、抑えるという目的で行われるスキルです。怒りが爆発し、人間関係が崩れると取り返しがつかないケースになる可能性があります。

 

中には、「そんなことで怒る?」と思われる場合もあります。アンガーマネジメントを活用し、出来事を冷静に認識して、判断する力がもとめられます。

 

 

 

怒りの種類とメリット・デメリット

怒りの種類は次のような状況が挙げられます。
・ひきづる怒り(いつまでも一つのことに、怒り続けている)
・突発的な怒り(思わずカッとなってしまう怒り)
・頻発する怒り(さまざまなことに、いつもイライラしている)
・暴力的な怒り(ヒトやモノに当たる)

 

怒りのデメリットは、さまざまです。自分だけでなく、周りの人にまでストレスを与えます。場の雰囲気が悪くなり、仕事では仕事の生産性悪化に影響を与えます。

 

しかし、デメリットばかりでは無いです。怒りによって奮起し、通常では考えられない能力を引き出すケースもあります。だからこそ、アンガーマネジメントが必要なのです。

 

 

 

アンガーマネジメントの方法

怒りは自分を守るために発生します。

しかし主観的な判断です。冷静に判断する力がもとめられるといっても、「怒り」は急に沸いてくる感情なので、そう簡単に冷静に判断ができません。

 

アンガーマネジメントは怒らないようにするスキルでは無いです。「怒る」と「怒らない」を適切にコントロールするスキルです。アンガーマネジメントはトレーニングが必要です。

 

アンガーマネジメントの方法は以下のような方法です。

・カッとなってから6秒間はじっとこらえる。6秒過ぎると多少冷静さを取り戻し始めます。
・考え方を変える。「~するべき」と思うから怒りが現れます。
・自分でコントロールできる部分に焦点をあてる。コントロールできない部分に怒っても解決できないです。
・前向きに「しょうがない」とあきらめられる能力も時に必要です。
・そもそも怒る必要があることなのか?他の方法が無いのか?を考えます。

 

 

【コラム】1on1ミーティングとは~目的と効果とメリット・デメリット~

 

 

 

コーチングスキルも必要

コーチング・コミュニケーション

アンガーマネジメントが必要とされている一方、コーチングスキルも必要とされています。

 

1on1ミーティングなどを導入する企業が増えていますが、上司と部下のコミュニケーションを改善しようという動きが活発です。

すぐ怒る上司がアンガーマネジメントを学ぶケースもありますが、コーチングスキルも活用できます。

 

 

 

コーチングとは

コーチングとは、スクールごとにさまざまな定義が存在しますが、一般的には「クライアントの成長をサポートするスキル」です。

 

弊社では「聴く力に重点をおいたコミュニケーションスキル」と説明しています。コーチングスキルのトレーニングを続けると「聴く力」が強化されます。

 

この「聴く力」が意外に難しい。「怒り」が発生し、アンガーマネジメントができなくなると、聴けなくなるからです。

 

 

 

コーチングの基本は「認める」

コーチングは、相手にたくさん話をしてもらうスキルです。怒っていては、相手は委縮し、話をしなくなります。アンガーマネジメントで怒りを抑えなければなりません。

 

怒りは、自分の価値観に合わない意見を発言された時などに発生します。人それぞれ育った環境が違うので「価値観が合わないのは当たり前」です。

 

コーチングスキルは、他人の価値観を「認める」トレーニングを行います。「自分と異なる考え方」を認められるようになると、怒りが発生しなくなります。

アンガーマネジメントができるようになります。

 

 

 

 

 

アンガーマネジメントとコーチング

コーチング・コミュニケーション

アンガーマネジメントとコーチングスキル、どちらも「怒りを抑える」という点では有効です。

 

どちらも学べるなら、両方学ぶをオススメしますが、どちらか一つといわれると、コーチングがオススメです。アンガーマネジメントより汎用性が高いからです。

 

 

 

アンガーマネジメントのメリット

アンガーマネジメントがメリットは、「怒りによるデメリットを減らせる」です。ストレスの低減、怒りによるトラブルの低減、人間関係の改善がすすみ、仕事の生産性が向上します。

 

アンガーマネジメントができたら得られるメリットは大きいです。

アンガーマネジメントのデメリットを挙げるなら、現実的にそれができるのか?どれぐらいのトレーニングが必要なのか?です。

 

 

 

アンガーマネジメントのデメリット

従来のアンガーマネジメント方法のデメリットは、怒る方が6秒間我慢するなど「一方的に我慢しなければならない」ように感じます。我慢はストレスです。

 

また、考え方も一人で見直す必要を求められているように感じます。いつもイライラしている人が、アンガーマネジメントを実践しようとすると大変だろうなと感じます。

 

アンガーマネジメントが一方向なのに対して、コーチングスキルは双方向の理解を目指します。怒りの多くは人間関係、コミュニケーションの問題から発生します。

 

お互いの考え方の違いを「認め合う」相互理解を目指します。

叱る必要がある時は、叱るのも大切です。相互理解があるから、相手も「自分のために怒っているんだ」と感じられるようになります。

 

 

 

コーチングのメリット

コーチングのメリットは相互理解を目指します。つまり、信頼関係の構築です。1on1ミーティングなどでも目指しているのは信頼関係の構築も含まれます。

 

メンタルヘルスの悪化による精神疾患の労災申請、休職、退職などは、人間関係が大きな原因となります。日本の生産性が、海外の企業に比べて低い点も問題になります。

 

報連相が遅れる、提案が無いというコミュニケーション不足が生産性を低下させる大きな原因になっています。コミュニケーション不足を解消するには、信頼関係の構築が重要です。

 

コーチングを学ぶと信頼関係構築方法の学習につながる点がメリットです。

 

【コラム】メンタルヘルスとは~職場からメンタル不調者を出さない取り組み~

 

 

 

アンガーマネジメントにはコーチングスキルを学ぼう

コーチング・コミュニケーション

アンガーマネジメントができない場合、「怒り」によって、さまざまな問題が起きます。その問題をさらに大きくするのも「怒り」だったりします。

 

周りの人との信頼関係が構築されていたら、それほど怒る機会も減るのでは無いでしょうか。信頼関係の構築をすすめるスキルは、コーチング・コミュニケーションの活用がオススメです。

 

イライラ、ピリピリした職場ではなく、活気ある明るい職場づくりに良いコミュニケーションを行いましょう。結局それが一番のアンガーマネジメントになります。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】