アンガーマネジメントをしやすくなるコーチング研修セミナー

コーチング・コミュニケーション

思わずカッとなってしまって、怒ってしまい、取り返しのつかない問題になっているニュースを見る機会があると思います。

そのため、怒りをコントロールするために、アンガーマネジメントが注目されています。怒りをコントローする方法は、リフレーミングなどさまざまな方法があると思いますが、コーチングスキルのマスターをオススメしています。

アンガーマネジメントとコーチングスキルのメリット・デメリットについて説明します。

※コーチング・コミュニケーション入門セミナー【大阪・神戸・京都】

【目次】

 

アンガーマネジメントがもとめられている

ストレスケア

カッとなって怒ってしまってトラブルになるケースは多いようです。たった一瞬の出来事で、取り返しのつかない問題になる場合もあります。そのため、怒りやすい人は、怒りをコントロールする力がもとめられます。それがアンガーマネジメントです。

 

 

アンガーマネジメントとは

アンガーマネジメントとは、その名の通り、「怒りをマネジメント(管理)する」です。怒りを抑制する、抑えるという目的で行われるものです。

上述したように、怒りが爆発してしまって、人間関係が崩れると取り返しがつかないケースになる可能性があります。中には、「そんなことで怒る?」と思われる場合もあります。アンガーマネジメントを活用し、出来事を冷静に認識して、判断する力がもとめられます。

 

 

アンガーマネジメントの方法

冷静に判断する力がもとめられるといっても、「怒り」は急に沸いてくるものなので、そう簡単に冷静に判断することはできません。そのためトレーニングが必要です。アンガーマネジメントの方法としては以下のようなものがあります。

・カッとなってから6秒間はじっとこらえる。6秒過ぎると多少冷静さを取り戻し始めます。

・考え方を変える。「~するべき」と思うから怒りが現れます。

※コーチング・コミュニケーション入門セミナー【大阪・神戸・京都】

 

 

コーチングスキルも必要

コーチング・コミュニケーション

アンガーマネジメントが必要とされている一方、コーチングスキルも必要とされています。1on1ミーティングなどを導入する企業が増えていますが、上司と部下のコミュニケーションを改善しようという動きが活発です。

すぐ怒る上司を抑えるために、アンガーマネジメントを学ぶケースもありますが、コーチングスキルも活用できます。

 

 

コーチングとは

コーチングとは、スクールごとにさまざまな定義がありますが、一般的には「クライアントの成長をサポートするスキル」です。弊社ではまた、「聴く力に重点をおいたコミュニケーションスキル」と説明しています。

コーチングスキルのトレーニングを続けると「聴く力」が強化されます。この「聴く力」が意外に難しい。「怒り」が発生し、アンガーマネジメントができなくなると、聴けなくなるからです。

 

 

コーチングの基本は「認める」

コーチングは、相手にたくさん話をしてもらうスキルです。怒っていては、相手は委縮し、話をしなくなります。そのため、アンガーマネジメントで怒りを抑えなければなりません。

怒りは、自分の価値観に合わないことを発言された時などに発生します。そして、人それぞれ育った環境が違うので「価値観が合わないことは当たり前」です。

コーチングスキルは、他人の価値観を「認める」トレーニングを行います。「自分と異なる考え方」を認められるようになると、怒りが発生しなくなります。アンガーマネジメントができるようになります。

※コーチング・コミュニケーション入門セミナー【大阪・神戸・京都】

 

 

アンガーマネジメントとコーチング

コーチング・コミュニケーション

アンガーマネジメントとコーチングスキル、どちらも「怒りを抑える」という点では有効です。どちらも学べるなら、両方学ぶことをオススメしますが、どちらか一つといわれると、コーチングをオススメします。アンガーマネジメントより汎用性が高いからです。

 

 

アンガーマネジメントのデメリット

アンガーマネジメントのデメリットは、怒る方が6秒間我慢するなど「一方的に我慢しなければならない」ように感じます。考え方も一人で見直す必要を求められているように感じます。いつもイライラしている人が、アンガーマネジメントを実践しようとすると大変だろうなと感じます。

アンガーマネジメントが一方向なのに対して、コーチングスキルは双方向の理解を目指します。お互いの考え方の違いを「認め合う」相互理解を目指します。叱る必要がある時は、叱ることが大切です。相互理解があるから、相手も「自分のために怒っているんだ」と感じられるようになります。

 

 

コーチングのメリット

コーチングのメリットは上述したように相互理解を目指します。つまり、信頼関係の構築です。1on1ミーティングなどでも目指しているのは信頼関係の構築も含まれます。

メンタルヘルスの悪化による精神疾患の労災申請、休職、退職などは、人間関係が大きな原因となっています。日本の生産性が、海外の企業に比べて低いことも問題になっています。

報連相が遅れる、提案が無いというコミュニケーション不足が生産性を低下させる大きな原因になっています。コミュニケーション不足を解消するには、信頼関係の構築が重要です。

※コーチング・コミュニケーション入門セミナー【大阪・神戸・京都】

 

 

アンガーマネジメントにはコーチングスキルを学ぼう

コーチング・コミュニケーション

アンガーマネジメントができない場合、「怒り」によって、さまざまな問題が起きます。そして、その問題をさらに大きくするのも「怒り」だったりします。もし、周りの人との信頼関係が構築されていたら、それほど怒ることも減るのでは無いでしょうか。信頼関係の構築をすすめるスキルとして、コーチング・コミュニケーションの活用をオススメしています。

イライラ、ピリピリした職場ではなく、活気ある明るい職場づくりのために良いコミュニケーションを行いましょう。結局それが一番のアンガーマネジメントになります。

※コーチング・コミュニケーション入門セミナー【大阪・神戸・京都】