怒りをコントロールするアンガーマネジメント

アンガーマネジメント

アンガーマネジメントって聞いたことがありますか?

書籍などもチラホラ出ているので耳にしたことがあるかもしれません。

アンガーマネジメント

怒りをコントロールするものですが、怒りを抑えるというものではありません

 

それはストレスがたまるだけなので。(;^_^A

 

物事の捉え方を変え、怒る必要のないところで怒るのを抑えようとするものです

 

感情に任せて怒ってしまい、後であそこまで怒ることなかったな

と思ったことはありませんか?

 

そういうことを少なくしようとするものです。

 

怒りは、エネルギーが大きいため、いろいろなところにマイナスの影響が出かねません。

 

我慢すれば、自分自身にストレスとして蓄積される。

吐き出せば、人間関係がギクシャクし、その後のストレス源になる。

 

などがあります。

 

ただし、怒りが悪いと言っているわけではありません。

 

 

必要な時は怒る必要がありますし、
怒りが原動力になって、成功を収めた事例もよく聞きます。

繰り返しになりますが、怒る必要のないところで怒りを感じるのを抑えようと言うものです。

 

いきなり変わることはできませんので、ある程度の訓練は必要になります。

 

例えば、何度言っても物覚えの悪い部下に対して

「何回言えばわかるんだ!!ダメな奴」って思うか
「指導者としての成長のチャンスだ」って思うかで感情の状態は変わります。

無理だと思われる方もいるかもしれませんが、小さなイライラ源から取り組むとそのうちできるようになります。

 

いきなりあきらめてしまった方よりも、1年は試してみようと思った方の未来は大きく違ってくるでしょう。

 

 
 

 

 

前の記事

ホワイト500企業