コミュニケーションが不要な仕事は少ない~苦手を克服する方法

コーチング・コミュニケーション

会社において、常に世代間のコミュニケーションギャップが発生しています。最近の若い世代は、子供のころからインターネットや携帯電話が普及していたこともあり、文字だけや、友達同士のコミュニケーションは得意ですが、固定電話が怖いなど口頭でのコミュニケーション能力が低いともいわれます。

しかし、コミュニケーションの方法が変わっているだけで、能力自体はそれほど差がないと感じます。それでも、が苦手と感じる方は多くいます。組織で仕事をする以上、コミュニケーションが苦手とは言ってられません。苦手を改善する方法について説明します。

【聴く力を強化するコーチングスキルについて】

【目次】

 

仕事ではコミュニケーションが必須

コーチング・コミュニケーション

会社が社員にもとめるスキルとして、上位にコミュニケーション能力があります。仕事をスムーズに進めるためには絶対に必要だからです。

 

コミュニケーション能力がいらない仕事は無い

少し前にコミュニケーション能力がいらない仕事を紹介する記事がありました。「コミュニケーション 不要 仕事」で検索するといろいろ紹介されています。コミュニケーション能力に苦手意識がある方が探しているのでしょう。確かに工場での単調な作業などは、コミュニケーションは不要かもしれません。

それでも前後にはどのような仕事をするのかのコミュニケーションは必要です。単調な仕事はロボットやAIにとって代わられるでしょう。コミュニケーションが不要な仕事はアフィリエイトぐらいでしょう。フリーランスでもたいていの仕事は、受注時に必要になります。

 

仕事をスムーズにするコミュニケーション能力

会社で仕事をするなら、コミュニケーション能力がいらない仕事は存在しないです。それはチームで仕事をするからです。チームの生産性を最大化するためには欠かせません。報連相が遅れるだけで、問題が大きくなる可能性があります。だれもアイデアの提案をしないなどであれば、会社は発展しません。指示命令が通らないのも仕事に大きな影響を与えます。組織に所属するならコミュニケーション能力が必須になります。

【聴く力を強化するコーチングスキルについて】

 

 

仕事でのコミュニケーションが苦手な理由

コーチング・コミュニケーション

それでも仕事でのコミュニケーションに苦手意識を持っている人は多いでしょう。能力は人それぞれです。慣れの部分も多いので、少しずつでもチャレンジすることが大切でしょう。本来は、相手の影響を大きく受けます。ブラック上司とのコミュニケーションが苦手というのは当たり前です。ここでは、イレギュラーなケースは除いて説明します。

 

否定されるのが怖い?

仕事でコミュニケーションが苦手と思う理由は何でしょうか?

沈黙が苦手なのでしょうか?何か話さなきゃと思うのでしょうか?話す必要がないなら話さなくていいでしょう。相手もそう考えているかもしれません。大切なのは話さなきゃいけない時に話せないことです。

報連相しないのは、怒られるのが怖い?発言されるのは、否定されるのが怖い?誰でも怒られたり、否定されるのは嫌です。大切なのは、発言した内容が否定、批判されただけで、人間として否定されているわけでは無いということ。

営業でも、断られ続けると、自分が否定されているような気分になってきます。否定されているのは商品、サービスです。ものごとのとらえ方をうまくコントロールする必要があります。

重要なことは、慣れが必要ということです。苦手だからといってチャレンジしなければ、いつまでたっても苦手なままです。

 

 

うまくしゃべらなきゃを意識しすぎる

怒られることや否定されることが嫌なので、うまくしゃべらなきゃを意識しすぎる場合があります。会議での発言もそうですし、スピーチ、プレゼンテーションもそうでしょう。うまくしゃべらなきゃを意識しすぎて、緊張してうまくしゃべれない。

誰でも最初からうまく話せるわけではありません。話の上手な人は、それだけトレーニングしています。上述したように、苦手だからと避けていては、苦手なままになってしまいます。

あと、緊張するときは「どう見られているのかな?」と自分に焦点が当たってる場合があります。話をする場合は、「相手のために」と相手に焦点を当てることが大切です。

【聴く力を強化するコーチングスキルについて】

 

 

コミュニケーションが苦手を克服する方法

コミュニケーション

コミュニケーションが苦手を改善する方法は、結局は何回も練習するしかないと思います。しかし、手探り状態でトレーニングすると非効率なので、「聴く力」に絞って説明します。

 

コミュニケーションは「話す」だけではない

コミュニケーションが苦手というと、一般的に「話す」のが苦手という意味が多いのではないでしょうか?

「うまくしゃべれない=コミュニケーションが苦手」このようになっているように感じます。

コミュニケーションは、カンバセーション(会話)と異なります。通信です。送信と受信、話す力と聴く力の双方向があって初めてコミュニケーションが成り立ちます。「話す」が苦手なら「聴く」を先に強化するのもアリです。

 

 

「話す」のが苦手なら相手に話してもらおう

「話す力」が情報発信力としたら、「聴く力」は情報収集力です。「話す力」が相手に自分の考えを伝える力なら、「聴く力」は相手の考えを引き出す力です。「聴く力」が強いほど、相手が話してくれます。自分の話す量を極力抑えて、相手にたくさん話してもらえばコミュニケーションが活発になります。

【聴く力を強化するコーチングスキルについて】

 

 

コーチング・コミュニケーションを取り入れよう

コーチングスキル

会社は社員にコミュニケーション能力の強化をもとめています。そして、コミュニケーション能力について、今必要とされているのは「聴く力」です。「話す力」が重視される傾向にありますが、「話す力」は「相手を黙らせる力」になるからです。

組織の中でコミュニケーションが活発に行われるようにするには、「聴く力」の強いファシリテーターが必要です。「話す」のが苦手なら、ぜひ「聴く力」の強化をしましょう。しかし、実際は「聴く力」も意外に難しく、トレーニングが必要です。オススメするのがコーチング・コミュニケーションを取り入れることです。詳しくはセミナーを開催していますので、ぜひご受講ください。

【聴く力を強化するコーチングスキルについて】