ファシリテーションのコツを学ぶ研修セミナー

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

会社での会議は効率よく行われていますでしょうか?

発言する人、発言しない人が明確に分かれている。
ほぼ出来レースになっている。
反対意見がしづらい。

 

このような問題があると、会議の生産性は低くなります。

 

会議の生産性を高めるには、ファシリテーターの役割が重要です。ファシリテーターのファシリテーションスキル強化の研修セミナーを実施しています。

 

 

【コラム】テレワークによるコミュニケーション不足の課題に対する対策方法

【目次】

 

会議のファシリテーターの重要性

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

会議ではファシリテーターの存在は重要です。ファシリテーターがいるかどうかによって会議の生産性が大きく変わります。

 

 

会議のファシリテーターとファシリテーション

会議をファシリテーションする存在が、ファシリテーターです。ファシリテーションとは、「会議で活発にコミュニケーションが行われるように促す方法」です。

 

Weblio辞書によると「ファシリテーション」とは次のようにあります。

 

グループによる活動が円滑に行われるように支援すること。特に、組織が目標を達成するために、問題解決・合意形成・学習などを支援し促進すること。また、そのための方法。
(出典:Weblio辞書:https://www.weblio.jp/content/ファシリテーション)

 

ファシリテーターとは、「ファシリテーションを実施する人」です。Weblio辞書によると「ファシリテーター」とは次のようにあります。

 

ファシリテーター(英: facilitator)とは、会議やミーティングなど議論や意見交換の行われる場で、参加者たちの話の内容を整理したり、意見が活発に出るように発言を促進したりする進行役のことをいう。議論の決定権は持たず、中立的な立場で討論が円滑に行われるようにする世話役を担う。
(出典:Weblio辞書:https://www.weblio.jp/content/ファシリテーター)

 

会議で活発に意見交換が行われる、コミュニケーションが行われるにはファシリテーターの存在が重要です。

 

 

 

ファシリテーターの重要性

もしファシリテーターがいない場合、会議は一方的な状態となってしまいます。上司など、声の大きい存在の持っている結論に落ち着く「出来レース」のような会議です。

 

発言しても無駄だなと感じている人は発言しません。会議自体が無駄な時間になります。

 

ファシリテーターは、会議参加者全員がまんべんなく発言できるような場づくりをします。参加者の意見がぶつかり合って、より良いアイデアにつながってきます。

 

それは良いファシリテーターがいるかどうかに左右されます。

 

 

【コラム】コミュニケーション能力が低いのは上司と部下のどちらでしょう?

 

 

 

ファシリテーターにもとめられるスキル

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

ファシリテーターにもとめられるスキルについて説明します。ファシリテーターは全体を俯瞰する力と場をコントロールする力が必要です。

 

 

ファシリテーターの役割

ファシリテーターは、会議の議論に参加しません。自分の意見を置いて、中立的な立場を保ちます。

 

上司側についているファシリテーターは、結論を持ってしまっているのでファシリテーターとしての役割を果たせません

会議の参加者がバランスよく発言できるようにし、時間内に結論にたどり着くように場をコントロールする役割です。

 

 

 

ファシリテーションスキル

ファシリテーションスキルは、聴く力コミュニケーション能力が中心になります。話を引き出す力がもとめられる一方、しゃべり過ぎる人の話を止める力ももとめられます。

 

会議の場でのファシリテーションの方法として。

 

1.議長に会議の目的を宣言を促す。
2.その目的に対し、メンバーの発言を促す。
3.メンバーの発言に対して、その他のメンバーの発言を促し、意見交換が活発に行われるように促す。
4.ポイントポイントで、意見交換を止めて、議論のまとめを議長に促す。
5.3,4を繰り返し、終了時間が近づくと、会議の目的に向かって収束させていく。

 

全体の流れを俯瞰しながら、活発に意見好感が行われるようにします。特に重要になるスキルは、「聴く力」コミュニケーション能力です。

 

 

 

 

 

ファシリテーションスキルを強化

コーチング・コミュニケーション

ファシリテーターが存在すれば、会議が活発になるかというとファシリテーターのスキルに左右されます。

 

まず中立的立場に立てない人はファシリテーターとして役割を果たせないでしょう。そして、聴く力コミュニケーション能力の強化がもとめられます。

 

 

聴く力コミュニケーション能力がもとめられる

会議でもとめられる力というと、「話す力」が真っ先に思い浮かぶでしょう。「自分の考え、意見をいかに分かりやすく相手に伝えるか」を意識される方が多くいます。

 

相手を論破する力、交渉力、説得力などは確かに必要です。しかし、それだけの場合、「話す力」が弱い人は黙ってしまいます。

 

考え方が間違っているけど、「話す力」がある人の意見が通ってしまうかもしれません。「話す力」だけだと、偏った意見に集中した会議になるのです。

 

参加者がまんべんなく発言できるように「聴く力」コミュニケーション能力が必要になるのです。

 

 

 

コーチング・コミュニケーションとは

ファシリテーターにもとめられるスキルが「聴く力」です。しかし、「聴く力」の強化方法がわからない人が多いです。

 

コミュニケーション能力というと、多くの方が「話す力、伝える力」に重点がおかれます。そして、「聴く力」のトレーニング方法を学んだ経験がありません。

 

そこで、オススメがコーチング・コミュニケーションのトレーニングをオススメします。コーチングとは、聴くに重点をおいたコミュニケーションスキルです。

 

コーチング・コミュニケーションのトレーニングによって「聴く力」が強化できます。コーチング・コミュニケーションのトレーニングを行うとファシリテーターのスキルが強化されます。

 

【コラム】1on1ミーティングとは~目的とメリット・デメリット~

 

 

 

ファシリテーションスキルを強化する研修

コーチング・コミュニケーション

多くの企業で仕事の生産性の向上をもとめられています。そして多くの社員が、仕事の中で無駄な時間は「会議の時間」と挙げています。

 

おそらく、会議の前に結論が決まっていたら、確かに何の時間かわかりません。会議として意味があるものに変えるなら、参加者の意見交換が活発に行われる必要があります。

 

ファシリテーターによるファシリテーションが重要です。ただしスキルが必要です。ファシリテーションスキル強化のコーチング・コミュニケーション研修セミナーを行っています。ぜひご活用ください。

 

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】