ハードスキルとソフトスキルの違い-仕事にもとめられるスキルとは-

コーチング・コミュニケーション

ハードスキル、ソフトスキル、あまり聞きなれない言葉かもしれません。スキルアップというと、ハードスキルを強化することであったため、「ソフトスキル」という言葉は一般的ではありませんでした。

しかし、近年は「ハードスキル」よりも「ソフトスキル」の方が大事なのでは?というように見られています。極端なことを言えば、「どんなに能力が高くても、性格が悪ければ一緒に仕事がしづらい」ということです。

会社組織の中で仕事をすると、チームで仕事をすることが多くなります。チームワークがとても大切です。チームワークを強化するために、「ソフトスキル」が重要になってくるのです。「ハードスキル」と「ソフトスキル」の違いについて整理します。

【コラム】傾聴力・質問力とは~コーチングスキルを活用したトレーニング方法

【目次】

 

人材育成が大切な理由

コーチング・コミュニケーション

働き方改革での同一労働同一賃金制度、労働時間の削減や、人手不足による人材獲得競争の中、人材育成の大切さが増しています。

より少ない時間、少ない人数で、より多くの生産量を増加させるように生産性を高めることが求められているからです。

 

 

人材の成長が会社の成長につながる

会社が人材育成に力を入れる、もしくは即戦力の人材を求めているのは、仕事の速い人材の方が、会社の収益性に大きな影響を与えるからです。会社の収益性は、次への投資力を決めるため、会社の成長に直結します。

そのため、レベルの高い人材を社内に確保することを、会社が力を入れているのです。しかし、仕事そのもののスキルのレベルが高いだけでは不十分と考えられるようになってきました。

ハードスキル、ソフトスキルの問題です。

 

 

人材のモチベーションに影響する

人材育成は、社員のモチベーションにも影響します。社員の個性にも左右されますが、基本的に成長欲求というものがあります。そして、仕事のやりがいを感じるかは、自分が成長できているかにも左右されます。この会社にいても、自分は成長できないと感じて離職につながると大変です。

離職につながると、人材獲得競争が激しい中、大きなダメージとなります。会社の生産性が落ち込む原因となります。

【コラム】目標設定面談のためのコミュニケーション能力―魅力的なビジョンを-

 

 

ハードスキルとソフトスキルの違い

チームリーダー

社員教育が大切と認識されていますが、何を教育するか、何のスキルを高めると良いのかが課題になります。近年、スキルをハードスキルとソフトスキルに分ける考え方が広まっています。

ハードスキル、ソフトスキルそれぞれについて説明します。

 

 

ハードスキルとは

ハードスキルとは、直接的に仕事の処理スピードに関するスキルです。例えば、「経理処理などの事務処理」「プログラミング技術」「電気回路設計のスキル」「CAD設計のスキル」などです。

パソコン全般に関するスキルもハードスキルに該当します。主に訓練すれば、すぐに効果が表れやすいスキルになります。従来は、これらのスキルが重視されてきましたが、次第にAIやロボットなどに変わっていく可能性が高まっています。

 

 

ソフトスキルとは

ソフトスキルとはハードスキル以外のことをいいます。一言で言うと「人間力」とも言えます。EQという表現をされることもあります。

ソフトスキルは訓練によって強化することはできますが、訓練の効果がなかなか現れないことが特徴です。ソフトスキルの例としては、「コミュニケーション能力」「リーダーシップ」「レジリエンス」などです。

ソフトスキルは「人を惹きつける力」とも言えます。どんなにハードスキルが優れていたとしても、ソフトスキルが無いと組織で仕事ができません。

 

 

 

ソフトスキルの重要性が増している

コーチングスキル

近年、ソフトスキルの重要性が増しています。ハードスキルは、AIやロボットに変わられる部分が増えている事、そして、仕事の規模が大きくなり、チームで作業することが増えていることが要因にあります。

チームワークをつくれるかどうかが、組織としての生産性に大きな影響を与えるようになっているのです。

 

 

ハードスキルよりもソフトスキル

ハードスキルは確かに重要です。コールセンターもAIの導入が進められていますが、熟練の電話対応できる方にはまだ敵わないでしょう。製造系の技術もそのようなところはあるかもしれません。しかし、着実にトップレベルのハードスキルを持っている人以外は、仕事をAIやロボットに変わられてきます。

また、知識や経験が高ければ成功するのかというと、そうではありません。もしそうだとしたら、高学歴の社員の多い、上場企業が経営危機に陥ることは無いでしょう。リーダーシップ力、経営判断力、コミュニケーション能力など、さまざまなソフトスキルの強さによって会社の業績は変わります。

 

 

ソフトスキルの高め方

ソフトスキルの高め方について、即効性のあるものはありません。オススメの方法はコーチング・コミュニケーションを学ぶことです。

コーチング・コミュニケーションは、聴く力に重点をおいたコミュニケーション能力です。「相手に自分の考えを伝えよう」という話す力よりも、「相手を理解しよう」という聴く力を強化します。

相手を理解して認める力が強化されることにより、人から信頼される力が高まります。聴く力を強化するから、情報も集まりやすくなります。その結果、意思決定力なども強化され、最終的にソフトスキルの強化へとつながります。

【コラム】チームワークの一体感を醸成するコミュニケーション方法

 

 

ソフトスキルの基本は聴く力

コーチング・コミュニケーション

外部環境変化の激しい中、会社を成長させていくためには、社員の柔軟性を強化していく必要があります。

柔軟性もまた、ソフトスキルです。特にリーダーとなる人材には重要なスキルです。リーダーシップのあり方次第で、部下がついてくるついてこない、業績が良くなる悪くなるが決まるからです。

ソフトスキルを高めるためにはコミュニケーション能力、特に聴く力の強化が欠かせません。聴く力を強化するためにも、コーチング・コミュニケーションを取り入れましょう。

【ソフトスキルを強化するためのコミュニケーション能力について】