セルフコーチングとは~やり方とGROWモデル活用方法~

コーチング・コミュニケーション

仕事や人生に迷った時、誰かにアドバイスをもとめるのではなく、自ら答えを見つける方法としてセルフコーチングが注目されています。

 

しかし、セルフコーチングのやり方自身に迷う場合があります。それは、コーチング自体に数多くの種類が存在し、その数だけセルフコーチングも存在するからです。

 

このコラムでは、セルフコーチングのやり方について基本的なGROWモデルを用いた方法を説明します。

 

セルフコーチングは自分自身で行うので、「無料でできる」「好きな時に行える」などのメリットが存在しますが、デメリットも存在します。

 

メリット・デメリットを理解した上での活用が大切です。

 

 

【コラム】コーチングのビジネスが怪しい、胡散臭いと感じる理由

【目次】

 

セルフコーチングがもとめられる背景

コーチング・コミュニケーション

コーチングがもとめられる背景はシンプルです。世の中がより複雑になってきているからです。大昔は処理しなければならない情報量がそれほど多くありませんでした。

 

現代は、インターネット技術の発展、企業間競争のグローバル化により、処理しなければならない情報量が爆発的に増加しています。仕事、家庭、勉強、友達、恋愛、遊び、将来、親戚、政治、年金、お金などなど、常に考えなければならない課題が同時並行でやってきます。

だから、さまざまな場面で人は悩みます。

 

その悩みを持ち続ける状態は大きなストレスです。手続き的な悩みは、お金を払えばアドバイザーやコンサルタントが対応してくれます。

しかし、人間関係など、個人に帰属する課題は、自分で解決しなければなりません。

 

セルフコーチングがもとめられる背景は、仕事を効率化を極度にもとめられ、時間的余裕が失われてきているのが要因です。

 

忙しさに追われ、自分自身について考える時間が短くなっているのが、メンタルヘルスの悪化や自己肯定感の低下を引き起こしています。

 

そのため、自分自身とのコミュニケーションをとる時間の重要性が高まっています。

自分自身と集中して向き合う時間がセルフコーチングです。

 

 

 

自己肯定感を高める

セルフコーチングでは、自分自身を客観的に見つめなおします。

普段の生活環境で無意識に過ごしていると、性格にもよりますがネガティブな感情が強く働きます。

 

普段は、自分自身の「できていない部分」に焦点が当たりやすくなるのに対し、セルフコーチングでは「できている部分」にも焦点を当てます。

できている部分もしっかり認め、自己肯定感を高めます。自分自身を客観視(デソシエイト)するが大切です。

 

 

自己実現をサポートする

性格にもよりますが、人は基本的に失敗を恐れます。本当は「やりたいこと」があったとしても、「自分には無理」とあきらめるケースが多くあります。

 

「自分には無理」という理由は細かく分析していきます。ほとんど思い込みであるケースが多いからです。多くの人がやる前に、「無理」とあきらめてしまいます。

やってもないのに、無理かどうかわからないのにです。

 

それらを明確化して、どこまでならできるかを具体的にします。そしてできるところを少しずつでもチャレンジします。それの繰り返しで自己実現を達成します。

成長することで自己肯定感が強化されます。

 

【コラム】コーチングの資格は独学でも取得できる?~コーチングの勉強方法~

 

 

セルフコーチングのコーチングとは

コーチング・コミュニケーション

セルフコーチングとは、その名のとおり、コーチングを自分自身に対して行うことをいいます。

それでは、コーチングとは何なのかを説明します。

 

 

コーチングとは

コーチングとは、クライアントの目標達成をサポートするものです。語源は「馬車」です。お客様を目的地に連れて行くものです。

つまりセルフコーチングは自分自身の目標達成をサポートするものになります。

 

コーチングは、コンサルティングやティーチングなどと異なり、アドバイスをもらえるものではありません。自分自身に問いかけ、気づきを引き出すものです。

 

コーチングではコーチから質問されますが、セルフコーチングでは自分自身に質問します。参考にコーチングを受ける効果を紹介します。

 

・目標が具体化され明確になります
・課題が明確になります
・悪い面だけでなく良い面を見られるようになります
・過去の失敗などのプラス面をみられるようになります
・行動が促されるため、成長が促されます
・思考の柔軟性が高まります
・人間関係がよくなります

など、幅広い効果が得られます。

これらの効果を自分自身で生み出すのがセルフコーチングです。

 

 

コーチングスキルとは

コーチングスキルとは、コーチングセッションで扱うスキルです。「傾聴」「質問」「フィードバック」になります。

 

傾聴は、相手が本音でたくさん話せる場づくりをします。質問は、相手の視点をコントロールしながら気づきを引き出します。

 

フィードバックは、コーチがクライアントに対して感じたことを、そのまま言葉にして返し、気づきを引き出します。セルフコーチングでは、「質問」がメインで使われるスキルになります。

 

【コラム】1on1ミーティングとは~目的と効果とメリット・デメリット~

 

 

 

セルフコーチングのやり方・進め方

コーチング・コミュニケーション

セルフコーチングの進め方はシンプルです。クライアントにするコーチングを、そのまま自分に向けて行えばいいだけです。

 

しかし、コーチング自身を知らない方にとっては、効果的に行うのが難しい面もあります。コーチングの基本的な進め方、GROWモデルを紹介します。

最初はこのモデルに沿って進めてください。

 

 

 

セルフコーチングとは

セルフコーチングとは、そのまま「自分で自分にするコーチング」をいいます。一人でできるので、「いつでもどこでもできる」というのが大きなメリットです。

 

コーチングとは、「クライアントの成長をサポートするスキル」です。つまり、セルフコーチングは「自分自身の成長をサポートするスキル」となります。

 

自分自身を内省し、行動を妨げる課題を取り除き、行動の実現を促します。行動を促し、経験を増やすので、成長が促されます。

 

 

GROWモデル

GROWモデルとは、計画作成の時に使われるフレームワークです。この手順で、セルフコーチングを進めると、行動を明確にするまで効果的に進められます。

 

GROWモデルについて、以下の頭文字をとったものです。

Goal(ゴール)
Rreality(現状)
Option(選択肢)
Will(意思)

この順序に沿って、セルフコーチングをすすめます。

 

 

ステップ①:Goal(ゴール)

最初にゴールを明確にします。「業績をアップしたい」なら、「具体的にどのような収益構造を実現したいのか」できる限り明確にします。

「幸せになりたい」なら、「幸せとは具体的にどのような事柄なのか」をできる限り明確にします。

 

コーチングの語源は馬車です。目的地を正確に伝えないと、目的地に連れていってくれません。「楽しいところ」では、運転手にとって楽しいところに連れて行かれてしまいます。

 

人が行動できないのは、ゴールが見えていないからです。方向が分からないから、何をやったらよいのかわからなくなります。

 

同じ学校、同じ教室、同じ先生に同じように英語を習ったとして、上達する人としない人、その差が生まれるのは、「こうなりたい」の目的があったかどうかの差が大きいです。

 

書籍「思考は現実化する」「7つの習慣」どちらもゴールを描くを重視しています。コーチングでは、ゴールを具体化する点を最重要としています。

 

 

ステップ②:Rreality(現状)

ゴールが明確になったら、現状を明確にします。現状を客観的に捉えるのが大切です。良い面、悪い面を中立的に見てください。

 

「何ができていない」という見方より、「ここまでできている」という見方が大切です。

過去の失敗の経験も、「こうやったらうまくいかない」という知識と経験となり強みになります。

 

 

ステップ③:Option(選択肢)

ゴールと現状が明確になれば、そのギャップが明確になります。

ギャップが明確になれば、達成するためにやらなければならない行動(選択肢)が明確になります。

行動を効果的に明確にするには、ゴールと現状をどれだけ具体的に明確にできるかにかかっています。

その選択肢を細分化し、今すぐできるものから難しいものまで分類します。

 

 

 

ステップ④:Will(意思)

いますぐできる行動が明確になれば、あとは行動する意思を宣言するだけです。そして行動します。

 

 

ステップ⑤:繰り返す

行動した結果をもとに、GROWモデルでセルフコーチングします。

 

行動⇒セルフコーチング⇒行動⇒セルフコーチング⇒行動⇒・・・・の繰り返しにより課題を解決していきます。

 

コーチングで最も重要な点は「行動する」です。「行動」しなければ、状況が変わらないからです。そして次に「繰り返し継続する」です。1回で全てを解決するのは難しいからです。

 

 

 

 

 

セルフコーチングのメリット・デメリット

コーチング・コミュニケーション

セルフコーチングは、いつでもどこでもできる、費用がかからないなどメリットは大きいです。しかし、効果が出にくいというデメリットも存在します。

 

【メリット】
・費用がかからない
・自分のペース(頻度)でできる

 

【デメリット】
・自分の中にある「問い」しか質問として出てこないので、思考の枠を超える発想が難しい
・誰かにチェックされるわけではないので、甘くなってしまいがち

 

セルフコーチングの効果を妨げる課題を説明します。

 

 

質問力

まず、質問力の問題です。コーチングの効果として、自分の思い込みなどに気づけるといった効果が存在します。それは、自分では出せない質問によって気づかされるケースが多いです。

 

セルフコーチングでは、自分でしか出せない質問に限られてしまうので、思い込みの枠から抜け出るのが難しいのです。

難しいと思い込んでいる自分自身に対して、それを取り除く質問は出しにくいです。

 

 

 

厳しさを出せない

難しいと思い込んでいる自分自身ですが、「難しいと思い込みたい」と考えている場合も存在します。なぜなら「難しいと思い込んでいる」方が、行動しなくて済むからです。

 

「行動」は必ず成功するとは限りませんので、痛みを伴います。だから、動けなくなるのですが、セルフコーチングの場合、背中を押す力がどうしても弱くなります。

「行動」に移らない限り、コーチングの効果は生まれません。

 

【コラム】一体感の醸成方法~チームワークとコミュニケーション~

 

 

セルフコーチングの効果的な方法

コーチング・コミュニケーション

セルフコーチングでも効果を生む方法を説明します。最終的には、自分自身の意思の強さによるところが大きいですが、サポートする仕組みは作れます。

GROWモデルに次の方法をプラスして効果を高めてください。

 

 

質問カードを使う

思考の枠、視野が狭くなるほど、人は悩みから抜けられなくなります。セルフコーチングは、視野が狭くなっているから悩んでいるのに、視野を広げる質問をしなければならないという課題があります。

 

セルフコーチングで効果を高めるためには、自分では思いつかないような、問いかけを自分にする必要があるのです。

 

自分でも思いつかないような質問をどのようにするのか。よく利用されるのが「質問カード」です。インターネットで「質問リスト」を調べて、「質問カード」を作成します。それを裏返しながら答えるのです。

 

質問例は以下のようなものがあります。

・目標達成で喜んでくれるのは誰ですか?
・目標達成のために3つの願いを叶えてもらえるなら、何を願いますか?またそれは何故ですか?
・それにチャレンジして得られるものと失うものは、それぞれ何ですか?
など

 

「Points of You」とよばれる写真のコーチングカードもあります。写真をみながら「この写真はどのようなメッセージをくれますか?」のような質問をします。

 

もし自分の枠を超えるような質問が得られるならセルフコーチングのメリットが高まります。

 

 

 

行動を宣言する

セルフコーチングのデメリットとして、誰とも約束しないので、行動してもしなくても、何もペナルティがないという課題が存在します。

そして、「行動しなくてもいいや」となってしまいがちです。

 

それを防ぐには、誰かに「〇〇までに△△をする」と宣言するのが望ましいです。もちろん、自分自身を応援してくれる人が望ましいです。

 

コーチングは自分自身でする行動の宣言を重視します。人に「やれ」と言われた行動よりも、自分で「やる」と言った方が行動に移る可能性が高まるからです。

 

【コラム】テレワークによるコミュニケーション不足の課題に対する対策方法

 

 

 

セルフコーチングの効果をさらに高める

コーチング・コミュニケーション

セルフコーチングの効果を高めるには、デメリット部分を解消する必要があります。

質問の範囲の問題は、質問カードなどを使う工夫で克服は可能ですが、回答には甘えが出てしまうところは抑えられません。

 

 

コーチングスキルを学ぶ

セルフコーチングの効果が抑えられる理由として、コーチングが本当に良いものと信じていない場合もあります。

コーチング風にGROWモデルに沿って行っても、内省レベルが浅いものになる可能性が高いです。

 

まずは、しっかり自分自身でもコーチングスキルを学んでの理解も大切です。セルフコーチングでは特に、「質問力」が重要になります。

「質問力」はコーチングスクールでは数十時間かけてマスターするスキルです。

 

 

 

プロコーチのセッションも併用する

セルフコーチングの場合、誰かに見られているわけではないので、どうしても甘くなりがちです。

だからこそ、プロコーチによるセッションの補完的に行うのがオススメです。

 

プロコーチによるコーチングセッションは、自分自身にない質問をしてもらえる点、コーチとの約束が生じる点から、行動に移りやすいメリットがあります。

 

しかし、有料であるので、頻度が少なくなるというデメリットがあります。対して、セルフコーチングは無料ででき、何回でもできます。

 

そのため、プロコーチによるセッションとセッションの間を補完するように行えば効果的です。

 

【コラム】部下のモチベーション低下の理由~退職を決意する前に気づく~

 

 

 

短い周期でセルフコーチングをしよう

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

コーチングの特徴は、1回の行動で解決するとは限りません。何度も何度も行動する経験が大切と考えるスキルです。

 

セルフコーチングも短い周期で行いましょう。その時、いつでもどこでも、無料で行えるセルフコーチングの強みが発揮されます。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】