中小企業が人手不足を解消する方法[採用と育成の強化]

雇用型訓練で人材確保

終身雇用制度の崩壊、就活ルールの廃止、働き方改革、健康経営など、働く環境が大きく変化しようとしています。そして、若い人達の、転職への抵抗がなくなったことから、人材の流動化が活発になっています。

就職しても、すぐ転職する。そのようなことが当たり前になってきました。労働者が会社を選ぶ時代です。労働者に選んでもらえないと、人材不足に陥ります。労働者に選んでもらうために大切なことを説明します。

【定着率アップにつながるコミュニケーションスキルについて】

【目次】

 

中小企業で高まる人手不足感

コーチング・コミュニケーション

大企業が人材採用に力を入れている状況であるため、そのあおりを受けて中小企業では人手不足感が高まっています。業種にもよりますが、製造業や運送業などは特に人材確保に苦しんでいるように見えます。

 

募集しても人材が来ない

中小企業の経営者と話していて、よく言われるのが「募集しても人材が来ない」という話です。人材紹介会社に高額払っているけど、なかなか来ないという話をよく耳にします。ハローワークに出すと、期待する人材が来ないので困るという話もよく耳にします。

 

入ってきてもすぐ辞めてしまう

人材紹介会社に、お金を支払って紹介してもらえて、やっと雇えたと思った矢先、すぐ辞めてしまうという状況も発生しているようです。定着させることに苦労しているようです。そして、良い人材が来ないという経営者の話をよく聞きます。大企業が良い人材をみんなもっていくからだという話も聞きます。

【定着率アップにつながるコミュニケーションスキルについて】

 

 

人材不足に陥る原因は魅力がない

コーチング・コミュニケーション

では、すべての中小企業が人材不足に陥っているのかというと、そうではありません。中小企業の中には、募集をかけると、定員以上の応募がある会社も存在します。そのような会社に比べて、人材が来ない会社はどのような課題があるのでしょうか。会社を辞める理由から考えてみるとわかりやすいかもしれません。

 

会社の将来性が不安

会社を辞める理由の一つに、「会社の将来性に不安を感じた」というものがあります。会社の将来性が不安ということは、「頑張っても無駄になるな」「給料は上がらなさそうだな」という判断につながります。会社の将来性を不安に感じさせる要因とはどのようなことでしょうか。

他社に比べて
・給料が低い
・活気がない
・職場が汚い
・ビジョンが見えない
・そしてそれらが改善される気配がない

 

自分自身の成長が不安

会社を辞める理由の一つに、「やりがいを感じない」というものがあります。この会社で仕事をしても、「自分自身の成長につながらない」という判断につながります。自分自身の成長につながらないと感じさせる要因とはどのようなものでしょうか。

・先輩社員の仕事ぶりを見て感じる
・何のための仕事かわからない
・フィードバックが無い
・単調な作業の繰り返しで将来が見えない

【定着率アップにつながるコミュニケーションスキルについて】

 

 

会社の魅力をアップする

人事評価制度

人材が集まる、そして辞めない会社にするためには、会社の魅力をアップする必要があります。会社の魅力のアップ方法は、会社を辞めさせる理由を逆転させればよいだけです。ただし、即効性のある方法は存在しません。

 

会社の将来性を感じさせる

会社で働いている社員、仕事を探している人にとって、「この会社は将来成長していきそう」と感じてもらえることが大切です。会社の将来性を感じてもらうためには、ビジョンを明確にする必要があります。そして、そのビジョンは共感してもらえることが大切です。さらには、そのビジョンを目指しているということを、行動で示します。

口では良いこと言っているけど、何もやっていないという会社は不信感を与えます。その行動の結果、業績がどのように成長しているか見える化することが大切です。どんなに良いビジョンを持っていても、売上高が低迷している、赤字が続いているなどであれば、将来性に不安を感じるからです。

 

人材育成に力を入れる

会社側としては、やる気のある社員に入ってもらいたいと考えます。やる気のある社員は、成長欲求が高いです。つまり、やる気ある社員が欲しいなら、成長を実感できる仕組みを取り入れる必要があります。単調で、言われたことだけやっていれば良いような仕事では、成長を感じられないでしょう。

自分で考え、工夫できるような仕事を与えていくことが大切です。そして、仕事を公平に評価し、成長度合いがわかるようにすることも重要です。

【定着率アップにつながるコミュニケーションスキルについて】

 

 

人材が向こうからやってくる会社にする

人事評価制度

経営不振で、経営状態が不安定な会社が、いくら人材が来てほしいと願っても難しいでしょう。そして、そのような会社に採用することは、本当にその人のためになるのでしょうか。採用活動に力を入れるより先に、会社の経営状態を改善することが大切です。

現在の社員が、いきいきと働ける環境ができるようになれば、少ない人員でも高い生産性を確保できるようになります。自信もって、この会社で働くことが、その人のためになると思えるようになった時は、採用マーケティングも効果が高まるでしょう。まずは、社員が成長し、その成長が会社の成長につながる、将来性の高い会社づくりをしてください。

【定着率アップにつながるコミュニケーションスキルについて】