リーダーシップ理論~モチベーションを引き出す~

リーダーシップ

経営者が変わると会社が変わると言われます。

 

業績が伸びている会社と、不祥事などで経営不振に陥っている会社の経営者のリーダーシップは何が違うのでしょうか?

 

 

リーダーの意思決定によって、会社は成長するか衰退するかが決まります。

 

慎重になり過ぎて決められないで後手後手に回ってきたのが日本企業の特徴です。

 

今後、会社を成長させていくには、どのようなリーダーシップが必要なのでしょうか。

 

 

【コラム】コミュニケーション能力が低いのは上司と部下のどちら?

【目次】

 

リーダーシップとは

リーダーシップ

リーダーシップとは、さまざまな定義があるようです。

 

一般的には「方向性を示して、メンバーを引っ張っていく力」となるでしょうか。

 

しかし、理想と現実は大きく異なるようです。

 

 

 

 

 

リーダーシップの理想

理想的なリーダーシップとは、どのようなものでしょうか。

 

リーダーが魅力的な目標を示し、その目標達成に果敢に意思決定をし、メンバーを引っ張っていく。

 

有言実行する姿に惹かれ、メンバーも全力で協力する。

 

リーダーに認められるのが、メンバーにとっての誘因になっている。

 

そのようなカリスマ的リーダーシップがが理想的ではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

リーダーシップの現実

理想とは裏腹に、リーダーシップの現実は大きくかけ離れているでしょう。

 

全てではありませんが、業績が悪くなっている会社のリーダーは次のような状態に陥っているかもしれません

 

有名企業のカリスマ的リーダーならまだしも、雇われでたまたま管理職になった立場であったり、後継者の立場である場合、理想的なリーダーシップをとるには時間がかかるかもしれません。

 

目標を決めても、メンバーにとっては他人事になる。

外部環境の変化に保守的になり、意思決定を先延ばしにする。

発言と行動が異なり、メンバーの不満がたまる。

できるだけ余計な仕事を振られないようにリーダーと関わらないようにする。

 

その結果、離職率の増加、ストレスの増加によるメンタルヘルスのダウンなど生産性を落とし、業績を悪化させていく。

 

会社の業績はリーダーシップのあり方で大きく左右されます。

 

 

 

【コラム】コミュニケーション能力の評価基準と目標設定方法

 

 

 

 

リーダーシップ論

経営者

「理想的なリーダーシップとはどのようなものか」を研究したものがリーダーシップ論です。

 

そのリーダーシップ論の種類がさまざま存在するので、理想的なリーダーシップのあり方の難しさを感じます。

 

理想的なリーダーは、カリスマ経営者的なものかもしれないし、仕組みづくりがうまい経営者かもしれません。

 

外部環境によっても、望ましいリーダーシップは変わるという理論もあります。

 

リーダーシップ論は、最初、経営者の個人的特徴から分析しようとした「資質特性論」から始まりました。

 

しかし、失敗に終わっています。次に「行動類型論」→「状況適合論」へと移った。

 

その後、さらに議論は続いています。

 

 

 

 

 

行動類型論

リーダーの行動について、ふさわしい行動パターンを割り出そうとしました。

 

 

【レビンのリーダーシップ類型論】

民主型リーダーシップ:リーダーは援助し、集団で討議して決定する
独裁型リーダーシップ:リーダーがすべてを独裁的に決定する
放任型リーダーシップ:すべてを個々人で自由決定する

 

 

【オハイオ研究】

リーダーの行動として「配慮(関係志向)」と「構造設定(課題志向)」の2つのタイプがあります

 

【ミシガン研究】

独善的専制型
温情的専制型
相談型
参加型(理想型)

 

 

【マネジリアルグリッド】

リーダーの関心を生産への関心と人間への関心という2つの軸でとらえて類型化し、9・9型のチームマネジメント型を理想とした。

 

 

 

 

 

状況適合論

状況の特性によって有効なリーダーシップスタイルが異ります。

 

 

【フィドラーの状況適合論】

状況がリーダーにとって好意的と非好意的の両極でタスク志向のリーダーシップが高い業績をもたらし、状況がリーダーにとってそのいずれでもない場合は人間関係志向のリーダーシップが高い業績をもたらす

 

【ハーシーとブランチャードのSL理論】

リーダーシップの有効性は部下の成熟度に依存する。 部下の成熟度が低いとタスク志向、成熟度があがるにつれて人間関係重視に移行。部下が完全に自律性を高めると、タスク行動も人間関係も最小限にとどめる。
 

 

【ハウスの目標-経路理論(パス-ゴール理論)】

リーダーの職務は部下の業務目標の達成を助けることであり、必要な方向性や支援を与えます。

 

 

 

 

 

 

組織力を高めるリーダーシップ

コーチング・コミュニケーション

リーダーシップのあり方は、企業の状態、従業員との関係、景気動向などさまざまな要因で変わります。

 

しかし、どんな状況でも変わらないのは、大きく2つと感じます。

 

方向性を示し、外部環境変化に合わせて柔軟に意思決定をする力と、メンバーのモチベーションを引き出す力です。

 

最低限この2つは必要でしょう。

 

 

 

 

 

リーダーシップと意思決定力

リーダーシップに意思決定力は必要です。

迷って迷って決められないリーダーのもとでは、メンバーが不安になります。

 

当然間違った判断しても不安になりますが、間違ってもすぐに間違いを認め軌道修正の意思決定ができるなら問題はありません。

 

常に正しい意思決定は困難だからです。

 

日本のリーダーは常に正しい意思決定をしなければと、慎重になり過ぎて経営判断が遅れるケースが多いです。

 

正しい意思決定をしなければと、先延ばしにする間違った意思決定をしているのと同じになります。

 

リーダーに必要なのは情報収集力と考え方を切り替えられる柔軟性です。

 

自分の考えに固執せず、参謀を用意しているリーダーの方が望ましいと考えます。

 

 

 

 

 

モチベーションを引き出すリーダーシップ

企業は、組織で仕事をします。それは、一人では仕事がこなせないからです。

 

メンバーの積極的な協力があるかどうかで、企業の業績は大きく変わります。

 

メンバーの積極的な協力を引き出せるかどうかは、リーダーシップに大きく影響されます。

 

積極的な協力が引き出せるかは、給料によると考えるリーダーもいますが、そうではありません。

 

給料の低い中小企業よりも、高い給料を与えているはずの大企業も業績不振で倒産するケースがあります。

 

メンバーのモチベーションを引き出せるか、失わせるかリーダーシップのあり方が問われます。

 

 

 

【コラム】一体感の醸成方法~チームワークとコミュニケーション~

 

 

 

 

リーダーシップに必要なコミュニケーション能力

コーチング

会社の将来性はリーダーシップのあり方に大きな影響をうけます。

 

リーダーシップに必要なのは、意思決定に必要な情報を収集する力とメンバーのモチベーションを引き出す力です。

 

それをまとめると「コミュニケーション能力」になります。コミュニケーション能力は大きく分けて「話す力」と「聴く力」に分けられます。

 

多くのリーダーは「話す力」のレベルは高いです。しかし「聴く力」がまだまだ課題に感じます。

 

ぜひ「聴く力」コミュニケーション能力を高めて、リーダーシップを強化してください。