コミュニケーション能力が低いのは上司と部下のどちら?

コーチング・コミュニケーション

働き方改革の影響や企業間競争の激化により、時間に追われる状況が続いています。

また、IT技術の発展により、私たちが処理しなければならない情報量の増加によっても時間に追われています。

 

結果、人と人とのコミュニケーションの希薄化が進んでいます。

職場のコミュニケーション能力が低い状況を課題にする企業は多いです。上司と部下の間のコミュニケーションの質が低いと仕事がスムーズに進まないからです。

 

部下のコミュニケーション能力が低いと感じている上司は多いようです。しかし、部下も上司のコミュニケーション能力が低いと感じています。

 

<上司側>
・指示命令が伝わらない
・報連相が無い

 

<部下側>
・部下の意見をきかない
・頼みやすい人に仕事が集中する

 

低いコミュニケーション能力が改善しないのは、改善方法を間違っているからです。

もしくは、「コミュニケーションをしっかりとろう!」との掛け声だけで、コミュニケーション能力が改善すると思い込んでいるのかもしれません。

 

問題の基本に立ち返って、コミュニケーション能力の改善方法を説明します。

 

 

【コラム】アフターコロナのビジネスチャンス-世界経済と仕事の変化に対応する

 

【目次】

 

上司と部下コミュニケーション能力が低いのは?

チームリーダー

職場では、よく部下のコミュニケーション能力が低いと問題視されるケースがあります。

 

客観的にみるとどうでしょうか?上司のコミュニケーション能力が低いと思われるケースも存在します。それぞれのコミュニケーション能力が低い場合の原因についてみていきます。

 

 

部下のコミュニケーション能力が低い

上司が部下のコミュニケーション能力が低いと感じるシーン。

・報連相をしてこない
・会議でも意見を発言しない
・アイデアを出さない
・プレゼンテーションが上手くない
・近くにいてもメールで伝えてくる

 

部下自身の性格などもあると思いますが、消極的だとコミュニケーション能力が低いと感じる傾向にあります。

 

 

上司のコミュニケーション能力が低い

コミュニケーション能力といえば、部下の問題とされがちですが、上司にも問題はあります。パワハラ、セクハラなどもコミュニケーション能力の問題です。

 

上司のコミュニケーション能力が低いと感じるシーンを挙げます。

・否定、批判などネガティブな発言が多い
・常にイライラしていて、寄せ付けない
・すぐ怒って、相手を黙らせる
・部下を見下す
・自分が一番正しいと思っていて、人の意見が聴けない

 

相手を論破する「話す力」はあるのですが、相手の話を聴かないのであれば、コミュニケーション能力が低いといえます。

 

 

【コラム】メンタルヘルスとは~職場からメンタル不調者を出さない取り組み~

 

 

 

コミュニケーション能力で大切な要素

コーチング・コミュニケーション

コミュニケーション能力の大切なポイントを説明します。上司は基本的に、コミュニケーション能力が高いとみられる場合が多いです。

 

なぜなら、コミュニケーション能力が高くないと管理職になれないからです。しかし、論破する「話す力」だけに偏っている傾向があります。

 

 

コミュニケーションの基本

コミュニケーションは通信です。カンバセーション(会話)と異なり、「話す力」「聴く力」両方揃って成り立ちます。また、目的は「情報共有」です。

 

メールなど情報データの通信も、完全性を求められます。文字化けしたら、コミュニケーション失敗となります。

 

コミュニケーションの大きな問題は、「言葉はあいまい」な点です。

「むずかしい」の定義も、人それぞれ違います。だから、話し手の価値観で話しても、相手には正しく伝わっていない可能性が高まります。

 

だから、「そんなつもりで言ったのではないのに相手を怒らせてしまった」「後輩にとって難しい仕事を『そんなの簡単だろ?』といってしまう」などが発生します。

 

コミュニケーションの基本は、「相手の価値観に合わせて、話をする」です。相手に伝えるには、先に相手の価値観や考え方、感情を聴きとらなければならないのです。

 

相手の情報を聞き取れる量が少ないほど、コミュニケーション能力が低いとなります。「空気が読めない自分勝手な人」に似ています。

 

 

 

「コミュニケーション能力を高める」の勘違い

「コミュニケーション能力を高める」は、スピーチやプレゼンテーションなど「話す力」を磨かれる人が多いです。部下の場合は、それでも良いでしょう。

 

しかし、上司の場合は異なります。「聴く力」の強化が必要です。なぜなら、もう「話す力」は強いからです。

 

「話す力」が強すぎて、部下を黙らせるような上司になると、さまざまな弊害が出ます。

・部下が報連相をしてこない
・部下が提案をしてこなくなる
・部下がメンタルヘルスを病む
・部下が離職する
・部下のモチベーションが低下する

 

このような場合、部下のコミュニケーション能力が低いと判断されますが、コミュニケーションは相手に合わせる必要があります。

 

そして能力の低い方に合わせなければなりません。走りの遅い人が、速い人に合わせられないのと同じです。

 

コミュニケーション能力は、部下から上司に合わせるのは難しいので、上司から部下に合わせるのが重要です。

 

極端にいえば、子どもとコミュニケーションをとるときに、子供にわかる言葉を使うのと同じです。相手に合わせる力、上司が強化しなければならないのは「聴く力」です。

 

 

 

 

 

聴く力とコーチング・コミュニケーション

コーチング・コミュニケーション

「聴く力を強化しなさい」といわれても、何をすればよいかわからない人がほとんどです。

 

「集中して耳を澄ます」ぐらいでしょうか。「聴く力」を強化する方法に、コーチング・コミュニケーションを紹介します。

 

 

聴く力とは

「聴く力」とはなにか?も答えられる方が少ないです。「ちゃんと聴いてたのか?」と「ちゃんと聴いてたら理解できているはず」のような意味付けをする場合もあります。

 

ちゃんと聴いていれば、どんなに難解な話でも理解できますか?おそらくできないでしょう。

 

どちらかといえば、話し手の責任です。上司と部下の関係でも良く発生します。管理職になる人は頭が良いです。上司なら簡単にわかる内容も、部下には難解である場合も多いです。

 

しかし上司は、それを忘れて自己中心的になって自分の価値観で話をしがちです。受け取れない部下をコミュニケーション能力が低いとレッテルを貼ってしまいます。

 

この流れを止めない限り、職場のコミュニケーションは改善しません。まず上司の「聴く力」強化がもとめられます。

 

 

 

聴く力の強化方法

「聴く力」の強化方法も学んだ経験がある方は少ないです。

「聴く力」の強化方法は、カウンセリングかコーチングのトレーニングです。ビジネスで活用するのであれば、コーチングがオススメです。

 

コーチングスキルは「傾聴」「質問」「フィードバック」で構成されるスキルです。コーチングスキルの強化によって「聴く力」が強化されます。

 

「聴く力」強化の難しさは、「聴く力」を発揮しなくても、日本語なので「聴けた気になる」です。

 

「聴く力」が大事と言われながら、トレーニングをしなければと動く人が少ないのは日本語だからと感じています。「聴く力」を強化する長期的なトレーニングが必要です。

 

 

【コラム】連鎖退職とは~若手社員が連鎖退職する原因と対処方法

 

 

 

コミュニケーション能力が低い原因を改善する方法

コーチング・コミュニケーション

コミュニケーション能力が低いのは、部下だけでなく上司である可能性について説明しました。

また、コミュニケーション能力を高めるには「聴く力」を強化する必要があるのも説明しました。

 

わりと従来から言われてきた内容です。しかし、「聴く力」が大切と言われながら、コミュニケーション能力が改善できていないのが現実です。

 

それぐらい「聴く力」の強化は難しいものなのだと認識が大切です。本気で改善しようと取り組まないと、低いコミュニケーション能力は改善されません。

以下に、改善する仕組みを紹介しますが、「継続」が最重要です

 

 

1on1ミーティングを取り入れる

1on1ミーティングの仕組みを取り入れている会社が増えています。

1on1ミーティングとは、上司と部下の1対1の面談です。内容はコーチングセッションに似ています。上司が部下の話をひたすら聴く面談です。

 

つまり、上司に「聴く力」がもとめられます。最初は「聴く力」が無いので、1on1ミーティングも効果を発揮できないでしょう。

 

しかし、継続するうちに慣れてきて「聴く力」が強化されてきます。継続すると、上司の「聴く力」が強化され、部下は「考える力」「話す力」が強化されます。

 

上司と部下、両方のコミュニケーション能力改善の効果が期待できます。

 

 

 

コーチング・コミュニケーションを学ぶ

1on1ミーティングを仕組みに取り入れる方法は有効ですが、上司に「聴く力」が求められます。

 

1on1ミーティングを継続していれば、「聴く力」が強化されますが、間違った方法をやり続ければ、時間の無駄になり、逆効果になる場合もあります。

 

「聴く力」強化には、何を意識するのが必要なのかを、最初に押さえておくと効率が変わります。そこで、早い段階でコーチング・コミュニケーションセミナーの受講をオススメします。

 

正しい「聴き方」での1on1ミーティングの継続によって、上司と部下、両方のコミュニケーション能力を改善します。

 

 

【コラム】部下が退職を決意する前にモチベーション低下の理由に気づく方法

 

 

 

コミュニケーション能力が低い原因を改善しよう

従業員エンゲージメント

職場のコミュニケーションの希薄化はさまざまな問題を引き起こします。チームでの仕事の生産性は「個人のスキル×コミュニケーション」で決まります。

 

報連相が無い、提案が無いだけで、仕事は進まなくなり生産性は大幅に落ち込みます。

 

社員のコミュニケーション能力が低い原因を改善するのが必要ですが、職場のコミュニケーションが活発になるかどうかは、特に上司の「聴く力」に左右されます。

 

上司がいつもイライラしていたらコミュニケーションが少なくなります。コーチング・コミュニケーションのトレーニングで「聴く力」を強化しましょう。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】