単調な仕事にマンネリを感じた時の対処方法

コーチング・コミュニケーション

毎日同じ仕事でマンネリ感がある。マンネリ感があって、仕事に集中できない、面白くない。このような状況が発生していたらストレスになります。

仕事にマンネリを感じるなら、何か改善が必要になります。

 

仕事のマンネリ感について、自分自身が感じている場合や、部下に言われる場合もあるでしょう。立場によって、変えられる課題、変えられない課題もあります。

 

基本的に仕事のマンネリ感の解消は上司の役割が重要です。部下の立場では変えられる課題が少ないからです。

 

仕事にマンネリを感じているなら、新しいチャレンジをしていない点を意味します。新しいチャレンジをしていないは、成長が止まっているを意味します。

 

組織の成長が止まっています。管理職はチームを成長させる必要があります。チームの成果を高めるにも、仕事のマンネリ感は回避するようにしましょう。

 

 

【コラム】モチベーションに社内表彰制度はいらない?~メリット・デメリット~

【目次】

 

仕事にマンネリを感じる課題

コーチング・コミュニケーション

仕事のマンネリ感について、部下から指摘されるケースや、自分自身が感じている場合もあります。仕事にマンネリを感じるようになっていたら問題です。

マンネリ感はネガティブな結果につながるからです。

 

 

生産性が落ち込む

仕事にマンネリ感があるなら、仕事に対するモチベーションが落ちている状態です。モチベーションが低い状態は、仕事に取り組む姿勢に変化を与えます。

 

やる気のない社員は、作業スピードなどが落ち込みます。仕事にマンネリを感じているなら、新しい刺激が必要です。

 

 

自分自身の成長速度が低下する

仕事にマンネリ感があるなら、モチベーションが落ちています。モチベーションが落ちているなら、仕事をこなすスピードが落ちています。

 

作業スピードが落ちるほど、自分自身の作業の経験回数が落ち込みます。作業量の低下は、成長スピード低下につながるのです。

 

仕事にマンネリを感じている場合、仕事に慣れきって、これ以上成長しないと感じているからかもしれません。成長を促すには、マンネリ感を見直す必要があります。

 

【コラム】連鎖退職とは~若手社員が連鎖退職する原因と対処方法

 

 

 

仕事にマンネリを感じる時

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

仕事にマンネリを感じるようになったら問題です。マンネリを感じる要因について説明します。

 

【マンネリ感を感じる3つの条件】
・同じことの繰り返し
・なんのためにやっているのか目的がわからない
・成長が感じられない(評価が変わらない)

 

 

目的を見失っている時

仕事について、「なんのためにこの仕事をしているのか」がわからなくなってきたときです。マンネリ感を感じる仕事の特徴に単調な仕事があります。

 

ただ毎日のように同じ書類を処理する、同じ場所のネジを締めるだけの作業など。自分自身の仕事がどのように役に立っているのかわからないとモチベーションが下がります。

だんだんマンネリ感が現れます。

 

 

自分自身の成長が感じられない時

「なんのためにこの仕事をしているのか」は自分自身の成長にもいえます。毎日同じ作業していると、だんだん慣れてきます。

 

ある程度のとこまでくると、処理スピードは上がりません。自分自身の成長がこれ以上できないと感じると、だんだん退屈になってきます。

 

仕事のマンネリ感が出ないようにするには、権限を広げてあげる必要があります。

 

 

 

 

 

仕事のマンネリ感を回避する

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

仕事のマンネリ感はさまざまな悪影響を及ぼします。マンネリを回避する取り組みが必要です。このコラムは管理職向けに書いています。

補足に、部下の場合のマンネリ回避方法について紹介しておきます。

 

【部下自身がマンネリ回避する方法】
・目的を明確にする
・仕事の進捗を記録する
・意味のないことをやめる
・意識してルーティンを変えてみる
・リフレッシュする時間をつくる
・自己啓発による新しい知識やノウハウに興味を広げる

 

部下の立場では、上司のタイプに左右されます。長期的にみても回避できなさそうな場合は、転職も候補の一つになるでしょう。

 

 

目的意識が大切

マンネリ回避には、「なんのためにこの仕事をしているのか」を改めて意識が大切です。上司の役割は大きいです。

 

上司が積極的にコミュニケーションをとって、部下のモチベーションアップが必要です。部下の仕事が世の中にどれだけ貢献できているのか知らせると、仕事に対するモチベーションが変わります。

 

 

部下自身の成長を見える化する

マンネリ回避には、部下自身の成長の見える化が大切です。仕事に慣れてくると、自分自身の成長を感じなくなってきます。上司は部下の成長の見える化が必要です。

 

部下の成長が止まっている場合は、新たな成長につなげる仕事に変えるなどが必要になります。上司自身が部下のマンネリ感を知る必要が、マンネリ回避に必要です。

 

【コラム】部下のモチベーションを下げるタイプの上司にならない

 

 

 

仕事にマンネリ感があるのはもったいない

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

毎日、同じルーチンワークを繰り返していると、仕事にマンネリを感じるようになります。仕事を覚えるまでは楽しかったかもしれませんが、簡単にできるようになると退屈になります。

 

毎日同じ作業で済む仕事は、ロボットやIT技術にとって代わられる可能性があります。人間でしかできない応用力が必要な仕事にチャレンジしていくのが望ましいです。

 

マンネリを感じているなら、会社の将来性にも黄色信号がでていると感じてください。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】