会社経営とは~場当たり経営を避けるために知っておきたい基礎知識~

コーチング・コミュニケーション

会社を経営することになると、何が正解なのか分からなくなります。実際、会社経営の方法に正解はありません。しかし、間違いはあります。

会社経営のノウハウは直接的に成功につながるわけではありませんが、失敗を避けるためには有効です。思い付きで場当たり的に経営するよりも、ある程度正攻法のようなものを知っていれば経営がブレにくくなります。ブレない経営は、社員を安心させるためにも重要です。社員がついてこなければ、そもそも経営することはできません。会社経営についての基礎知識を説明します。

【組織づくりのコミュニケーション能力について】

【目次】

 

会社経営とは

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

会社経営とは、単に「会社を経営すること」と捉えられることが多いかもしれませんが、その内容はとても複雑です。商品を売って利益を出すだけではありません。そのために人、物、金の経営資源をどうやって活用するかマネジメントしなければなりません。近年は、情報収集力も経営判断を左右するようになりました。会社経営について説明します。

 

 

会社経営の目的

会社経営の目的は、「経営者が稼いで成功するため」ではありません。その目的があっても良いですが、社会、顧客の課題に応えない限り、お金を稼ぐことはできません。そのため、会社経営の目的は「社会的な課題を解決するため」といえます。社会的な課題の解決力の強化に成功した会社ほど会社経営に成功したことになります。

 

 

組織づくりと経営資源の分配

会社経営とは、具体的に何をするのか。経営者の仕事は多岐にわたりますが、簡素化すると「会社の方向性を示して意思決定を繰り返す」「社員のモチベーションを引き出す」となります。まだ社員がいない場合は前者のみですが、事業が拡大し、手が回らなくなると社員を雇う必要がでます。

社員を雇った時点で「組織づくり」が仕事になります。そして、経営戦略を策定し、戦略に合わせて経営資源(人、物、金)を分配します。時間も大切な経営資源であることを忘れてはいけません。何から着手するかで結果が変わってくることも多くあります。

【組織づくりのコミュニケーション能力について】

 

 

会社経営に大切なこと

コーチング・コミュニケーション

会社経営において大切なことも多岐にわたします。ここでは特に押さえておかなければならない2つの要素について説明します。

 

 

持続可能性(サスティナビリティ)

会社にもとめられるのは持続可能性です。つぶれないことです。そのため、社会、顧客のニーズにこたえ続けなければなりません。社会から価値が認められなくなった会社は、赤字に陥ります。

社会からもとめられる商品・サービスを開発し続けられるようにマネジメントし、社会に届くようにマーケティング、販売をマネジメントします。それを顧客が満足するコストとタイミングで届けられるようにマネジメントすることが必要です。そのために、社員のモチベーションもマネジメントしなければなりません。

 

 

成長の継続

会社は、ただつぶれなければ良いというわけではありません。社員を雇った時点で、成長し続けなければなりません。なぜなら、社員の給料をアップし続けなければならないからです。成長しなければ、利益が増えず、社員の昇給分を生み出すことができなくなります。

会社は、「事業の拡大⇒社員を雇う⇒人件費の増加⇒事業の拡大⇒社員を雇う⇒・・・」の継続が必要です。もちろん、外注を利用したり、AI,ロボットの活用などにより、少ない人数で事業拡大する方法もあります。大切なことは、会社経営では、従業員満足度を高め続けなければいけないということです。

【組織づくりのコミュニケーション能力について】

 

 

会社経営の種類

コーチング・コミュニケーション

会社経営の種類は、経営者の数だけ存在し、明確なルールも存在しません。このコラムでは、ビジョナリー経営と知的資産経営について紹介します。どちらが優れているなどはなく、考え方をバランスよく取り込むことが大切です。

 

 

ビジョナリー経営(理念経営)

ビジョナリー経営とは、理念経営とも呼ばれ、「どのような想いでビジネスを始めたのか?」が起点になります。その想いを実現するためには、どのような戦略を立てる必要があるのか?が経営の軸になります。創業時などスタートアップはだいたいこの経営の形から始まるでしょう。

メリットは、目標がしっかり定まっているため、経営にブレが生じにくいです。そのため、経営資源の配分に無駄が少なくなります。デメリットとしては、想いの強さだけ先行して、経営資源の配分に失敗すると、事業基盤が弱くなります。また、企業の想いが市場が望んでいるもので無い場合、経営自体が成り立たなくなる可能性がでてきます。

 

 

知的資産経営

自社の強みとなる資産を活かして、会社を経営する方法です。大学発ベンチャーの場合も、独自技術などを起点にスタートすることもあります。多くの場合は、歴史ある企業の強みを掘り起こして、それを武器に経営するときに使われる場合が多いです。

特に歴史の長い中小企業の場合、社内にいると自社の強みが何かわからなくなってきます。しかし、顧客がいる以上、何かしらのノウハウなど強みがあるはずです。メリットは、自社が長年培ってきた資産なので、他社にはない強みとなります。デメリットとしては、その強みが市場が望んでいるものかわからないこと、また、過去に焦点を当てるため新しいことへのチャレンジが生まれにくいことです。

【組織づくりのコミュニケーション能力について】

 

 

場当たり的な会社経営を回避しよう

コーチング・コミュニケーション研修

会社経営はとても複雑です。会社経営は、さまざまな外部要因により、揺さぶられます。経営者の意思決定により、会社は良い方向にも悪い方向にも行く可能性があります。

さまざまなシーンで、どのような経営判断を下すか、それが会社経営です。新型コロナウイルス感染拡大のような大きなリスクに直面してきたとき、これまでどのような会社経営をしてきたかが明らかになります。

迷って決められないというのも、「先延ばし」という経営判断になります。経営判断が場当たり的にならないように、経営者は独自の経営哲学をもつことが大切です。

【ビジョナリー経営導入プログラムについて】