上司と部下のコミュニケーション不足を改善

コーチング・コミュニケーション

会社員の働く環境が大きく変わる中、人材の流動化が今後ますます大きく変化することが予想されます。その中で大切になるのが、会社員同士のコミュニケーションです。

各社、1on1ミーティングなど、まずは上司と部下のコミュニケーション不足の改善から取り組んでいます。しかし、コミュニケーション不足の改善は、昔から言われ続けています。

それでも改善しないのは、根本的な原因を無視して、力づくに改善しようとするからです。「コミュニケーションとは」の基本から、コミュニケーション不足の改善方法について説明します。

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】

 

【目次】

 

 

上司と部下のコミュニケーション不足の改善

コーチング・コミュニケーション

上司と部下の間のコミュニケーション不足の改善が求められています。なぜなら、上司と部下のコミュニケーション不全が発生することにより、さまざまな問題につながるからです。

上司と部下のコミュニケーション不足を改善されることの効果について説明します。

 

 

コミュニケーション不足改善と生産性向上

コミュニケーション不足を改善されることにより、生産性向上につながります。IT技術やロボットが発展し、業務の処理スピードは格段にアップしています。そこでボトルネックになるのが、人間同士のコミュニケーションです。

報告連絡相談が無いとなると、それだけで問題改善の生産性が低下します。改善提案などのコミュニケーションが起きないことも、競争力を失う要因になります。

 

 

コミュニケーション不足改善と離職率改善

コミュニケーション不足を改善されることにより、離職率改善につながります。精神疾患による休職者を減らすことも可能となります。

なぜなら、職場で社員のモチベーションを下げるストレス要因の多くが、上司と部下の人間関係であるからです。コミュニケーションの質を改善されることによって、上司と部下のコミュニケーションがスムーズになり、ストレスが低減されます。

逆に常にギスギスしたコミュニケーションが行われている、報連相が行われないなどになると、生産性低下にもつながります。

 

 

 

コミュニケーション不足改善を邪魔するもの

ストレスケア

社員のコミュニケーション能力向上など、各社コミュニケーションの質の改善には取り組もうとしています。しかし、思うように改善されていないようです。

コミュニケーション不足の改善を邪魔するものは何でしょうか?

 

 

コミュケーション能力不足

コミュニケーション能力不足が改善しない理由は、シンプルにメンバーのコミュニケーション能力不足です。そして、それ以前にコミュニケーションとは何かを知らないからです。「コミュニケーションとは何か?」を知らないから、「話す力を磨けば良いのだろう」ということです。

社員、個人個人の性格もあります。また、口下手な人もいるでしょう。「話す力」を強化しようとしても、非効率な結果になる可能性が高いです。コミュニケーション能力を強化するといえば、同じことを繰り返すので、いつまでたってもコミュニケーション能力不足が改善されないのです。

 

 

価値観と思い込み

コミュニケーション能力が高い状況とはどのようなことを言うのでしょうか?「自分の考え方を相手に伝えること」と捉えている方が多いです。

それでは、「できるだけ楽したい」と考えている部下が、コミュニケーション能力高くなったらどうなるのでしょうか?部下のコミュニケーション能力を高くしたいですか?コミュニケーション能力について、「自分のコミュニケーション能力は大丈夫」という思い込みが、コミュニケーション能力不足改善を妨げます。

また、「自分は正しい、相手は間違っている」という価値観、思い込みもコミュニケーションを妨げます。これら「思い込み」を取り除くことが大きな問題となっているのです。

 

 

 

コミュケーション能力を強化する方法

コーチング・コミュニケーション

コミュニケーション能力を強化する方法について、説明します。スピーチ練習やプレゼンテーション練習、交渉力の練習をすることを否定するものではありません。

ただ、そればかりに偏っていることを問題視しています。バランスが大切なのです。

 

 

コミュニケーションとは

コミュニケーションとは、もともとは「共有」するという意味からきています。そして、コミュニケーションは通信です。「送信と受信」「話す力と聴く力」の両方が必要です。

「共有」するということから、話し手の情報を、完全に聴き手に受け取ってもらわなければなりません。

「そんなつもりで言ったのではないのに、相手を怒らせてしまった」

「がんばるって言ってたから、期待して待っていたら期待はずれだった」

このような、ミスコミュニケーションは、話し手と聴き手の思い込みから、誤解を生み、「正確な情報共有」ができていなかったことによります。ミスコミュニケーションを改善するために、重要なポイントが「聴く力」です。

 

 

「聴く力」コミュニケーション

コミュニケーションの基本は「相手に合わせて話をすること」です。

アメリカ人とコミュニケーションをとるなら、英語で話す。子どもとコミュニケーションをとるなら、子どもにもわかる言葉で話す。

そうしないと、相手に受け取ってもらえません。

アメリカ人や、子どものように、明らかに自分と異なる場合は、皆さん注意してコミュニケーションをとろうとします。しかし、同世代同士、社会人同士になると、極端に「相手に合わせて話をすること」を忘れます。

自分の話したいように話して、「どうしてわかってくれない?」と悩みます。

「相手のレベルに合わせて、話をすることが大切です」相手のレベルを知る方法が「聴く力」です。

「話す力」が情報伝達力とすれば、「聴く力」は情報収集力です。相手のことを良く理解するために、「聴く力」を強化しましょう。

 

 

 

コーチング・コミュニケーション

コーチング・コミュニケーション

「聴く力」を強化しましょうと言われても、多くの方が戸惑います。「ちゃんと聴きなさい」と言われたら「静かにして、耳を澄ますこと」と捉える場合も多いです。

多くの方の「聴く力」不足は、「話す力」のトレーニングに偏り過ぎて、「聴く力」のトレーニングをしてこなかったからです。

「聴く力」の強化方法としてオススメなのが、コーチング・コミュニケーションの習得です。コーチングスキルを活用したコミュニケーションです。

詳しくは入門セミナーを実施していますので、ご参加ください。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】