社員教育・採用などビジネス用に動画制作活用の注意点

コーチング・コミュニケーション

スマートフォンの高性能化、インターネット通信速度の向上から、誰でも簡単に動画を活用、動画をみる機会が増えてきました。

 

そのような中、企業でも社員の採用ページや技術承継・社員教育・人材育成、研修セミナーなどに動画を活用するケースが増加傾向です。

 

企業が動画制作する目的は、生産性の向上です。質の良い動画は何度でも活用できるので、生産性が向上します。

 

ビジネスにおいて動画が有効であるといっても、どのような動画でも効果があるわけでは無いです。動画が簡単に制作できるようになって動画の数が増えれば増えるほど、選ばれる動画が必要です。

 

質の高い動画制作がもとめられます。そのため、動画制作会社をうまく活用することが大切です。

 

 

 
 
 

動画制作が活用される場面が増えてきた

コーチング・コミュニケーション
 
スマートフォンの性能アップによって、簡単に動画を作成できるようになってきました。ユーチューバーが一つの仕事に認められるように、インターネット上に動画が溢れています。
 
 
その理由は「わかりやさす」というメリットがあるからでしょう。この「わかりやすさ」は、会社でも活用できるシーンが多いです。
 
 
 
 

会社・事業内容の説明

会社の説明、事業内容の説明をパンフレットやホームページで紹介していると思います。文字だけで説明されている会社、動画で説明している会社。
 
それぞれのホームページを見比べてみてください。
 
 
おそらく動画の説明の方がわかりやすかったのではないでしょうか。会社の説明、特に中小企業の事業内容はニッチなところであったり、普段目にされないところの仕事であったりします。
 
 
会社としては、他社との違い、強みなどを詳しく知ってほしいと思います。しかし、詳しく知ってもらおうと思えば思うほど、文章のみで説明すると、はじめての人にはわかりにくくなります。
 
 
それが動画であれば、見た目でわかるので、理解しやすくなります。
 
 
会社説明を分かりやすくすることは、お客様に自社を知ってもらうのも大切ですが、最近では学生に自社を知ってもらうのに必要です。
 
 
ホームページに動画での説明のある会社とない会社。会社に対する理解度は大きな差がでます。
 
 
 
 
 

社員教育用マニュアル

最近では、人材育成用に動画を制作するという流れもあります。社員の育成が多くの会社で課題になっています。技術承継の問題も存在します。
 
熟練技術者が新人を育成するとき、熟練技術者の仕事を止めてしまいます。
 
 
 
教える内容を動画にしておけば、熟練技術者の仕事を止めないで済みます。新人は何度もそれを見かえせます。人材育成の効率化でも動画を制作する意味があります。
 
 
新人が入るたびに、教える内容が同じであれば、動画制作するのも大切ではないでしょうか。
 
 
【社員教育動画の例】
・安全衛生教育
・技術系スキル教育
・セキュリティ教育
・接客マニュアル教育
・Eラーニング教材
・リモート教育教材
など
 
 
 
 
 
 
 
 

中小企業に動画制作の活用をオススメする理由

経営力向上計画
 
大企業はすでに動画の導入を進めています。中小企業はコストを抑えるのに、躊躇しているかもしれません。
 
 
一度、質の良い動画を制作しておけば、あとはそれが勝手にマーケティングや人材育成をしてくれます。教育訓練費の削減につながる可能性が高まります。
 
費用対効果を考えれば、早い段階で動画制作をオススメします。
 
 
 
 

説明が分かりやすい

動画のメリットは、難しい内容でも、グラフィックなどを使うと視覚的にわかりやすく説明できる点です。見ている時間が拘束されるので、文章を読んだ方が速い思うかもしれません。
 
 
しかし、わかりやすさは、動画の方が断然上です。複雑な構造の機械の仕組みなどは、動画で説明した方がわかりやすいです。
 
文章で伝えにくい、微妙なニュアンスなんかも動画の方が伝えやすいでしょう。
 
 
 
 

費用対効果が高い

動画は制作に時間と費用を要しますが、一度作ってしまえば何回も再生できるメリットがあります。
 
 
同じ動画で何人も教育できる、時間と場所を選ばずに見られるなど、費用対効果を考えると大きなメリットです。
 
また、OK事例、NG事例の整理もしやすく、教える人による教え方のバラつきや伝え忘れが減らせるなど、教育品質の均一化を図れます。
 
 
 
 
 

マーケティング効果

もうすでにホームページを持っている会社は多いと思います。ホームページの役割はますます大きくなってくると感じられます。
 
主に対顧客のマーケティングツールだったホームページは、対学生向け、対社内向けのマーケティングツールになっています。
 
就職活動をしている学生は、会社のホームページを必ずといっていいほど確認します。
 
 
 
社内向けのホームページを持っている会社も増えています。一度作れば、大きな範囲に影響を与えられるツールがホームページです。
 
 
そのホームページの質を上げるのに必要なものが動画になります。会社のホームページに動画は必須になってくるでしょう。
 
 
 

 
 
 
 

動画制作をする場合の注意点

コーチング・コミュニケーション
 
動画制作はこれからますます重要になってくると考えられます。しかし、どんな動画でもよいわけでは無いです。質の悪い動画であれば、逆効果になるかもしれません。
 
 
 
 

動画制作会社ごとに品質が異なる

動画はスマホがあれば撮影できる時代になりました。しかし、対社外用の動画を制作するのであれば、動画制作会社にお願いした方が良いでしょう。
 
対社内であっても、人材育成用の動画など何度も使うのは、プロにお願いした方が良いかもしれません。
 
 
動画制作会社といっても、価格も品質もさまざまです。せっかく高額を出して、制作しても思ったような効果が得られないかもしれません。
 
 
大きな動画制作会社であれば、担当者ごとにもセンスが違うでしょう。動画制作会社選びが大切です。
 
 
 
 
 

後悔しないために

動画制作会社選びはあわてて行わない方がよいです。急ぎでないうちに、何件か調査しましょう。利用実績のある人に紹介してもらうと安心かもしれません。
 
 
基本は動画制作会社のホームページで制作実績を確認しましょう。気になったところがあれば、訪問してイメージを伝え、製作期間と見積もりをきいてみましょう。
 
 
 
ディレクターやカメラマンの熟練度や人柄も確認する要素です。動画の時間が長かったり、俳優を使うなどスタッフが多くなればなるほど、価格は高くなります。
 
 
相見積もりも、相場観をつかむためにオススメです。ただし既製品ではないので、安ければ良いというものでは無いです。価格と完成イメージの折り合いがつく動画制作会社をみつけてください。
 
 
 
 
 
 
 
 

動画制作会社に相談してみましょう

イノベーション
 
会社を経営しているなら、近いうちに動画が必要になってくると考えられます。すぐに動画が必要でなくても、日常的に安心できる動画制作会社を見つけておくのをオススメします。
 
 

【おすすめの動画制作会社について】