チームビルディングとは~目的と方法と進め方~

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

仕事はチームで行うことが多く、組織づくり、チームビルディングがもとめられています。

テレワークが広がる中、チームワークの発揮方法に戸惑うことが多いのではないでしょうか。

 

チームワークの強さが仕事のスピードに直結します。仕事の生産性を高めるにはチームビルディングが欠かせません。

チームビルディングの目的と方法、進め方について説明します。

 

カギとなるのはコミュニケーション能力です。コミュニケーションが活発かどうかによって、チームワークの強さが変わります。

 

コミュニケーション能力の強化方法としてコーチング・コミュニケーションをオススメしています。

 

 

【コラム】バーナード組織の3要素~共通目的・協働意欲・コミュニケーション

【目次】

 

チームビルディングとは

コーチング・コミュニケーション

チームビルディングとは、その名のとおり、「チームをつくる」です。

 

その他の言い方として、「組織づくり」「組織開発」「組織力」「組織の一体感を醸成する」「チームワークを強化する」「団結力」「ワンチームになる」という言葉であらわされるケースもあります。

 

家族、仕事、部活など、私たちの行動はチームで動く場合が多いです。チームビルディングの力は多くのシーンで必要とされています。

 

 

 

 

チームビルディングの目的

チームビルディングの目的は、生産性の向上です。「団結力のあるチーム」「バラバラのチーム」では生産性が大きく異なります。

 

メンバーが自分勝手な行動をするようなチームの生産性は低くなるでしょう。

 

特に仕事では、協力的に働いてくれないメンバーがいれば、仕事の成果が低下します。仕事の成果が低下すれば、会社の業績の低迷につながります。

 

会社の業績を高めるには、チームビルディングがもとめられているのです。

 

 

 

 

チームビルディングに必要な3つのポイント

チームビルディングを進める上で具体的に何をすればよいのか?チームは組織と言い換えもできます。

組織論に「バーナードの組織の3要素」というものがあります。組織には以下の3つの要素が必要です。

 

・共通目的
・協働意欲
・コミュニケーション

 

チームビルディングを進めるには、これら3つを強化すれば良いのです。

 

 

【コラム】連鎖退職とは~若手社員が連鎖退職する原因と対処方法

 

 

 

チームビルディングを進める上での課題

コーチング・コミュニケーション

近年、「ワンチームになろう」という掛け声が使われています。

 

2019年にラグビーワールドカップで日本代表が活躍した影響ですが、「ワンチームになろう」だけでは、チームビルディングはできません。

 

まず、魅力的な「共通目的」が無いと、メンバーも「協働意欲」がわきません。

 

魅力的な「共通目的」があったとしても、メンバーの共感が得られなければ「協働意欲」が高まりません。共感を得る「コミュニケーション」が課題になってきます。

 

 

 

 

コミュニケーション活性化が難しい

チームで仕事を進める上でコミュニケーションは欠かせません。

 

「指示命令」「報連相」「意見交換」などが、どれだけのスピードで実施できるかによって、仕事のスピードが変わります。

 

そして多くの職場でコミュニケーションが課題になっています。

・指示命令が伝わらない
・報連相がない
・会議で発言しない
・パワハラ、セクハラ
・無視

これらの課題は、課題と認識されながら、改善が進みません。

 

 

 

 

チームビルディングは時間がかかる

チームビルディングを進める上で理解しなければならない点は、「チームビルディングは時間がかかる」です。

 

組織風土を変えるなら10年ぐらいかかると覚悟しておいた方が良いでしょう。そして、チームビルディングに失敗する組織は、すぐあきらめてしまう問題です。

 

「チームビルディングに取り組む⇒効果が出ない⇒あきらめる⇒やはりチームビルディングの必要に迫られる⇒チームビルディングに取り組む⇒・・」

 

このように同じところをぐるぐる回るチームビルディングをすると失敗します。

 

「チームビルディングに取り組む⇒効果が出ない⇒課題を洗い出す⇒改善してチームビルディングを実施する⇒・・・」

 

PDCAサイクルを回し続ける根気がチームビルディングにはもとめられます。

 

 

 

 

 

チームビルディングの進め方

コーチング・コミュニケーション

チームビルディングの進め方は、上述したように「共通目的」「協働意欲」「コミュニケーション」をPDCAサイクルを回しながら強化します。

 

リーダーシップ論や協働意欲を引き出すモチベーション理論などの知識も必要になってきますが、基本となるのは「コミュニケーション」です。

 

リーダーシップを発揮するにも、モチベーションを引き出すのも「コミュニケーション」が必要だからです。ここではコミュニケーション能力とコーチングスキルについて説明します。

 

 

 

 

コミュニケーション能力の強化について

コミュニケーション能力でおさえておかなければならない大切なポイントは、コミュニケーション能力は「話す力」だけではないという点です。

 

コミュニケーション能力には「聴く力」も必要です。

 

コミュニケーション能力は、「チームメンバーにいかにリーダーの考えを伝え、コントロールできる能力」と考えている人がいますが、人は基本的に思い通りにコントロールされたくありません。

 

ただ相手をコントロールしようとする人に対して壁をつくります。それはそのままチームビルディングの壁となります。

 

人が相手の話を聞くときは、「相手が自分を理解してくれている」と信じられる時です。チームビルディングを進める上で、メンバー同士、理解しあう力が必要なのです。

 

話す力が「自分の考えを相手に伝える力」とすれば、聴く力は「相手の考えを理解する力」となります。

そして「聴く力」を強化する方法として、おすすめするのがコーチングスキルです。

 

 

 

 

コーチングスキル

コーチングとは、「相手の話を聴くに集中し、相手自身が課題解決する行動に気づくを促していく」ことをいいます。

 

よくティーチングと比べられますが、異なるポイントは「原則教えない」「相手の話をひたすら聴く」というところです。

 

相手の話をひたすら聴くのに活用されるのがコーチングスキルです。コーチングスキルは「傾聴」「質問」「フィードバック」で構成されます。

 

それぞれの目的は次のとおりです。

【傾聴】相手が安心して本音でたくさん話せる環境づくり
【質問】相手の視点をコントロールして気づきを引き出す
【フィードバック】コーチが感じたことを鏡のように返して気づきを引き出す

 

これらを駆使して、相手に本音をたくさん話してもらいます。その結果「相手の考えを理解する力」が強化されます。

 

 

【コラム】コーチングに関するビジネスが怪しい、胡散臭いと感じる理由

 

 

 

 

チームビルディングのためのコーチング研修セミナー

コーチング・コミュニケーション

会社での仕事はチームで動くケースが多いです。そしてチームにはコミュニケーションが欠かせません。

テレワークが広がる中、ますますコミュニケーションの大切さに気づかされるのではないでしょうか。

 

そしてコミュニケーションを活性化するには「聴く力」の強化が欠かせません。「聴く力」の強化方法として、コーチング研修セミナーの受講をオススメします。

 

なぜなら「聴く力」の強化も「話す力」同様トレーニングが必要だからです。弊社もコーチング・コミュニケーション研修を開催しています。

 

【コーチング・コミュニケーション研修】