ネガティブな社員との付き合い方

マインドフルネス

最近の若い人はメンタルが弱いと耳にします。

おそらく、メンタルが弱いというより、保守的、ネガティブな感じがあります。

小さい頃から日本の経済の大変さを教え込まれ、ブラック企業や中小企業の大変さ、ワイドショーで悪いニュースばかり聞かされてきたことから保守的になっているのでしょう。

内閣府のアンケート調査でも、将来に期待している若者は日本だけ極端に低いです。

そのような社員とのつきあい方について説明します。

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】

 

【目次】

 

 

ネガティブな社員の問題

コーチング・コミュニケーション

ネガティブな社員がいると、さまざまな悪影響があります。

管理職がネガティブになると、より大きな問題となることがあります。

どのような問題につながるのかを説明します。

 

 

生産性が落ちる

ネガティブな社員がいると、生産性が落ちます。

どんな提案があったとしても、「それは難しい」など否定的な意見で止めてしまうからです。

仕事が前に進まなければ、生産性が落ち込みます。

また、「発言しても無駄」というネガティブな考えを持っていれば、会議でも発言しないでしょう。

発言や提案が無ければ、改善もすすまないので生産性が低下します。

 

 

他の社員のモチベーションも下げる

ネガティブな雰囲気は、他の社員へ影響を与えます。

ネガティブな発言ばかりで、仕事をしない社員がいれば、他の社員の不満へつながります。

時として、モチベーション高く仕事をすることに意味を感じなくさせてしまいます。

否定的な発言する管理職が居れば、その部下は発言するモチベーションが下がります。

社員同士、モチベーションを下げるコミュニケーションをとってしまいます。

 

 

 

ネガティブな社員とのつきあい方の難しさ

コーチング・コミュニケーション

ネガティブな社員とのつきあい方は難しいでしょう。

さまざまなタイプが存在しますし、ネガティブな度合いもさまざまです。

よく耳にするタイプについて紹介します。

 

 

報連相をしてこない

報連相をしない、発言をしないタイプです。

仕事を頑張ることに対して、ネガティブというか消極的です。

残業など、過敏に過労に対してネガティブな意見を持っています。

こちらからいちいち仕事の進捗確認しないと、何もしていなかったという場合もあります。

 

 

同じ注意を繰り返さないといけない

仕事をなかなか覚えないタイプです。

仕事に対して、「むずかしい」「わからない」を連発します。

教えても、また同じ失敗をします。

覚えられないから怒られてを繰り返していくうち、自信を失っていきます。

 

 

 

コミュニケーション能力を高めよう

コーチング・コミュニケーション

ネガティブな社員とのつきあい方に大切なのはコミュニケーション能力です。

大切なのは、このようにすれば、ネガティブな社員と上手につきあえるという絶対的な方法はありません。

ネガティブな社員といっても、さまざまなタイプがあるからです。

さまざまなタイプに合わせて、柔軟にコミュニケーションをとらなければなりません。

 

 

「聴く力」を強化しよう

ネガティブな社員に共通することが、「壁」をつくっているということです。

守りに入っています。

「指示命令されたくない」「責任を負いたくない」「失敗したくない」など、そのリスクを与えてくる管理職に対しては「壁」をつくります。

そのため、「壁」を取り除かない限り、コミュニケーションをとることができません。

「壁」を取り除く方法は、「聴く力」を強化することです。

相手の「考え方」などを理解してあげようとする力です。

ネガティブな社員も「自分のことを理解してくれる人だ」「自分に危害を加えない人だ」とわかってきたら心を開き始めます。

 

 

全てのタイプの部下に対応できるわけでは無い

では、「聴く力」を強化すれば、どのようなタイプの部下でも心を開いてくれるのか、というとそうではありません。

いつかは可能だと思いますが、どれぐらいの時間がかかるかわかりません。

タイプによっては不可能、もしくは時間がかかるということがあるので、採用には面接があるのです。

しかし、一旦採用したからには、努力する必要があるかと思います。

「聴く力」を強化し、社員同士の信頼関係を強化しましょう。

 

 

 

コミュニケーション能力を強化して対応範囲を広げよう

人事評価制度

「聴く力」を強化したからといって、全てのタイプに効果があるわけではありません。

しかし、「聴く力」を強化すれば強化するほど、そのタイプの対象範囲は広がります。

一言で社員といってもさまざまなタイプがいます。

さまざまな社員が入社してきても対応可能な管理職を目指しましょう。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】