職場の人間関係ストレスを減らすコミュニケーション方法

コーチング・コミュニケーション

ストレスチェック制度の義務化、有給休暇取得の義務化などの働き方改革、社員のメンタルヘルスや健康を改善する取り組みが活発です。

 

社員がストレスによってメンタルヘルスが低下してしまうと、仕事の生産性が低下するからです。

 

職場のストレス要因として、常に上位に挙げられているのが、職場の人間関係です。

 

職場の人間関係は、職場のコミュニケーションの質の低下により悪化します。

 

上司とのコミュニケーション、同僚とのコミュニケーションがストレスになっている人も多いでしょう。

 

職場の人間関係を改善し、ストレスを軽減するコミュニケーションを説明します。

 

 

【コラム】1on1ミーティングとは~目的とメリット・デメリット~

【目次】

 

コミュニケーションがストレスになる

メンタルヘルス

「コミュニケーションを密にしよう」「報連相をしっかりしよう」そのような言葉が職場で飛び交っているかもしれません。

 

コミュニケーションが苦手な人にとっては、それ自体がストレスになる場合があります。

 

さらに、苦手な上司や先輩とのコミュニケーションはさらにストレスになります。

 

 

 

 

 

 

職場のストレスは人間関係が多い

インターネットで「会社を退職する理由ランキング」「職場のストレス要因ランキング」を検索してみてください。

 

ランキング上位に必ず来るのが「人間関係」です。

 

「人間関係」が原因とは、職場の人とのコミュニケーションがストレスであるを意味します。

 

次のような上司や先輩がいる職場は、社員にとって大きなストレスでしょう。

 

・いつもイライラしてる
・常に粗探しをしてくる
・すぐキレる
・自分を棚に上げて、注意してくる
・アイデアを奪う
・信用できない
・尊敬できない
・仕事ができない

 

職場の人間関係によって、社員がストレスにより精神疾患になる、もしくは退職するなどが発生します。

 

職場のコミュニケーションの改善が大切です。

 

 

 

 

 

 

コミュニケーションを求められるストレス

職場のコミュニケーション改善において、よくある間違いが「若手社員のコミュニケーション能力が低い」との勘違いです。

 

上述した例の場合は、明らかに上司、先輩のコミュニケーション能力が低いです。

しかし、多くの職場では、「若手社員のコミュニケーション能力が低い」とされます。

 

そして、若手社員にコミュニケーション研修を受講させます。

 

上述したような上司や先輩がいる環境では、若手社員としては「コミュニケーション能力を強化しろ」と言われても、大きなストレスになるでしょう。

 

しかし、ストレスを低減するためには確かに若手社員もコミュニケーション能力を強化した方が良いです。

 

 

 

 

【コラム】一体感の醸成方法~チームワークとコミュニケーション~

 

 

 

 

コミュニケーション能力が高い方が良い理由

人事評価制度

ビジネスの世界に限らず、人生すべてのシーンにおいて、コミュニケーション能力は高い方が良いです。

 

しかし、何をもってコミュニケーション能力が高いというかは、さまざまな考え方があります。考え方は後述します。

 

ここでは、ビジネスの世界でコミュニケーション能力が高い方が良い理由を説明します。

 

 

 

 

 

仕事の生産性

仕事の生産性を高める目的で、AIなどのIT技術やロボットなどの導入が進められています。

IT技術やロボットなどは、購入できるものなので、競合企業が同じ商品を導入すれば、差が生まれません。結局差が生まれるのは、会社の組織力です。

 

そして、組織力を決めるのがコミュニケーション能力です。

 

すぐに報連相を行うか、1週間後に報連相を行うかで仕事のスピードは大きく変わります。

 

どんなに技術が進んでも、人間同士のコミュニケーション能力が仕事の生産性を決めるのです。

 

 

 

 

 

ストレスを回避

コミュニケーションがストレスに感じるのは、「他人が自分をコントロールしようとしてる」ように感じるからです。

 

コミュニケーション能力が低いうちは、「反論できず、言い負かされる」ように感じます。

 

また営業で断られる経験も「自分を否定された」とストレスに感じる場合があります。商品やサービスが否定されただけなのですが・・・

 

そのため、コミュニケーション能力が高くなると、反論できる、営業の成功確率が高まるなどで、ストレスに感じる機会が減るかもしれません。

 

しかし、逆にコミュニケーションによるストレスを与える側になるかもしれません。

 

コミュニケーションを活用して、ストレスを回避するには、「コミュニケーションとは?」を正しく理解する必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コミュニケーションを正しく理解する

コーチング・コミュニケーション研修

カンバセーション(会話)とコミュニケーションの違いは?と言われると、多くの方がとまどいます。どうして「会話力を強化しろ」と言わないのでしょう。

 

「コミュニケーション能力」が強化された状態とはどのようになるのでしょうか?

 

自分と反対意見を持った部下がコミュニケーション能力高くなったらどうなるのでしょうか?

 

部下の「YESマン」化を、コミュニケーション能力強化と言ってませんか?

 

 

 

 

 

コミュニケーションとは

コミュニケーションとは「通信」です。送信と受信が必要です。つまり、「話す力」「聴く力」の両方が存在して初めてコミュニケーションが成り立ちます。

 

そして、情報の完全性が求められます。電子メールも送信中に「文字化け」「改ざん」などが発生すると、コミュニケーションがとれません。

 

人間同士のコミュニケーションで重要なポイントは、言葉だけでなく、言葉の裏に含まれる「意図」「感情」なども含んで伝わらなければならない点です。

 

 

言葉以外の情報のコミュニケーションができていないので、

「そんなつもりで言ったのではないのに、相手を怒らせてしまう」

「がんばるって言ってたから期待してたのに、がっかりする内容だった」

などが発生します。

 

 

多くの場合、不足しているのは「聴く力」です。

相手を理解せずに、自分の話を一方的に伝えようとするからコミュニケーションが上手くいかないのです。

 

コミュニケーションは相手に合わせて行う必要があります。

 

 

アメリカ人とコミュニケーションとりたいなら英語をつかう。

子どもとコミュニケーションをとりたいなら子どもにも理解しやすい言葉をつかう。

 

部下とコミュニケーションをとりたいなら部下に理解しやすい言葉を使う。

 

部下のコミュニケーションが低いと言っている上司は、本来であれば「聴く力」を強化して、部下を理解しながら伝える必要があるのです。

 

 

 

 

 

ストレス低減には「聴く力」を強化

部下の立場であっても「聴く力」の強化は、ストレス低減には効果的です。

 

例えるなら、「話す力」は反論してストレスを減らす武器「聴く力」は受け流してストレスを減らす盾です。

 

反論は、対立を生む可能性が高いので、本当の意味でストレスが減るかはわかりません。

 

「聴く力」は、「いうことをきく」「従う」イメージを持たれるかもしれませんが、そうではありません。

 

「聴く力」を強化すると、「受け取り方」を自由に変えられます。「聴く力」も「話す力」同様に、奥が深くて、ここで全て説明できません。

 

例えば、上司が「この仕事任せる」と言ってきたとき、次のような「受け取り方」に違いが現れます。

 

A「やった!この仕事やってみたかった」
B「うわっ!仕事おしつけられた」

 

Aのように受け取れば、ストレスは感じません。すこし、心理学の領域に入るので、難しく感じるかもしれません。しかし、「聴く力」もトレーニングすれば、強化できます。

 

「聴く力」とは、客観的に事実だけを捉える力ともいえます。

 

 

上の例では、「上司が仕事を任せてきた」という事実があるだけです。

 

それに対して、どう反応するかによってストレスの大きさが変わります

 

メリット・デメリットを冷静に分析してから、反応するとまた違った結果になるかもしれません。

 

「聴く力」が強化されると、受け流す力が強くなると捉えてください。

 

 

 

【コラム】部下のモチベーション低下の理由~退職の決意前に気づく~

 

 

 

 

ストレスを減らす聴く力コミュニケーション

人事評価制度

コロナウイルス感染拡大など地政学リスクにより、会社を取り巻く環境が目まぐるしく変化しています。

 

そのような中、職場では一丸になって、乗り越えなければなりません。

 

しかし、コミュニケーションがギクシャクしている職場では一丸になれないでしょう。

さらにストレスが大きくなって仕事が効率的に進められないでしょう。

 

 

職場の雰囲気改善にはコミュニケーションの質の改善が大切です。

特に管理職はコミュニケーション能力アップに取り組んでください。

 

その際、「聴く力」コミュニケーション能力に重点をおくのがオススメです。

聴き上手な上司がいるだけで、その職場の雰囲気は柔らかくなるでしょう。