コミュニケーション能力強化-モンスター部下への対応力アップ

ストレスケア

職場環境が大きく変わろうとしています。少子高齢化、外国人労働者の増加など、価値観の多様化が進んでいます。そのような中、モンスター部下と呼ばれる存在が問題になっています。モンスター部下の対処法として、コミュニケーション能力の強化が大切です。モンスター部下について説明します。

【社員のモチベーションを引き出すコーチングスキル】

【目次】

 

モンスター部下の問題

コーチング・コミュニケーション

モンスター部下という言葉が広がり、それが会社の問題となっています。モンスター部下が配属されてきた部署の上司は大変です。モンスター部下について説明します。

 

モンスター部下とは

モンスター部下とは、端的に言うと、「協調性の無い部下」です。上司や先輩社員の指示に従わず、チームを混乱させます。モンスターの部下のタイプは大きく分けて2つ。「過剰防衛タイプ」と「自信過剰タイプ」です。

過剰防衛タイプは、できるだけ責任を回避するため、仕事をしないように頑張ります。自信過剰タイプは、自分の思うように仕事をしたいため、指示に反発します。どちらのタイプも上司にとっては頭の痛い社員になります。

 

モンスター部下が引き起こす問題

モンスター部下が存在することにより、仕事がスムーズに進まなくなります。その結果、生産性が低下し、業績が悪くなります。その責任は、管理者である上司になります。モンスター部下がいることにより、上司としての成果が悪いものになってしまいます。

【社員のモチベーションを引き出すコーチングスキル】

 

 

モンスター部下の問題が改善しない理由

コーチング・コミュニケーション

モンスター部下という言葉が現れて、しばらくしますがまだ落ち着かないようです。どうして無くならないのでしょうか。

 

価値観の違いと人手不足の問題

まずは、モンスター部下になりそうな人材を採用面接で排除できていないところが問題でしょう。その理由の一つは、人手不足の問題です。人材確保が難しくなっているため、1回の面接だけで採用決定してしまう場合があります。もちろん1回の面接だけで、相手の本当の姿を確認することは難しいです。

もう一つの理由は、価値観の多様化です。さまざまな価値観の人材が増えています。自社に合う価値観の人材を見つけることが、ますます難しくなっていることが考えられます。企業側も許容度を広げた上で、対策を考える必要があります。

 

コミュニケーション能力の低下

さまざまな価値観の人材が増えたとき、壁になるのがコミュニケーション能力です。価値観の異なる人同士のコミュニケーションは難しいものになりがちです。日本人全般としてコミュニケーション能力が低いと感じます。お互い相手を間違っているという前提でコミュニケーションをとろうとするので、コミュニケーションが上手くいかないのです。

【社員のモチベーションを引き出すコーチングスキル】

 

 

モンスター部下の対処法

コーチング・コミュニケーション

さまざまな問題があるモンスター部下ですが、対処しない限り仕事がスムーズに進みません。どのように辞めさせるかの議論もあるようですが、オススメしません。また同じことを繰り返すことになるからです。

 

コミュニケーション能力の強化

モンスター部下に対する対処法は、コミュニケーション能力の強化です。お互い相手を敵視するからコミュニケーションがスムーズに進まないのです。そして、コミュニケーション能力を強化する必要があるのは上司側です。納得されない方もいますが、仕方がないのです。

子どもとコミュニケーションをとる場合は、言葉づかいなど、子どもに合わせてコミュニケーションをとります。部下に対しても同じです。部下に合わせてコミュニケーションをとるしかないのです。なぜなら、部下のコミュニケーション能力は急には上がらないからです。

 

コーチング・コミュニケーションを取り入れる

上司に求められるコミュニケーション能力の強化は、「聴く力」の強化です。「聴く力」を強化することにより、モンスター部下に合わせてコミュニケーションをとりやすくなります。「聴く力」を強化する方法としてオススメしているのが、コーチング・コミュニケーションを取り入れることです。コーチングスキルとは「傾聴」「質問」「フィードバック」から構成される「聴く力」に重点をおいたコミュニケーションスキルです。トレーニングすることにより、「聴く力」が強化されます。

【社員のモチベーションを引き出すコーチングスキル】

 

 

組織風土を改善することが大切

コーチング・コミュニケーション

価値観の多様化とともに、意見の違う社員が入ってくることも増えるでしょう。実際、どこからがモンスター部下なのか、わかりません。まずは、組織としても柔軟性を高めることが大切です。何よりも、人材に選ばれる会社にすれば解決します。良い人材からの応募が殺到するような会社になれば悩まなくて住むでしょう。そのためにも組織風土を改善し、経営力向上を目指しましょう。

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】