エンゲージメントとは-従業員の帰属意識を高める方法

コーチング・コミュニケーション

少子高齢化、人口減少社会ということもあり、日本は労働者が減少傾向にあります。企業は優秀な人材を囲い込む必要が出てきました。
そこで、注目されているのが従業員エンゲージメントです。

従業員エンゲージメントの高さが組織力に差を生み、組織力の差が業績に影響します。重要な従業員エンゲージメントですが、高める方法は複雑です。

従業員エンゲージメントについて説明します。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】

 

【目次】

 

従業員エンゲージメントが会社の業績を左右

ストレスケア

従業員エンゲージメントが注目されているのは、人手不足問題や働き方改革など、少ない人員で大きな生産性を上げなければならない会社の事情があります。優秀な人材を囲い込んだ方が生産性が上がるからです。

従業員エンゲージメントが求められる理由について説明します。

 

 

エンゲージメントとは

エンゲージメントとは会社との契約とか約束事のような意味ですが、従業員とのエンゲージメントというと帰属意識、仲間意識のような意味で使われることが多いです。

「会社のため」「仲間のため」というと忠誠心のように感じるかもしれません。忠誠心を表すロイヤリティのような意味合いよりも、対等な関係である意味合いの方が強くなります。

従業員満足度との違いに着目する場合もありますが、区別する目的がよくわかりません。従業員エンゲージメントは、「他の会社ではなく、この会社に所属していたい」という気持ちの強さという表現の方が近いかもしれません。

近年、従業員エンゲージメントが強く意識されています。

 

 

エンゲージメントが求められる背景

従業員エンゲージメントが求められる背景は、人手不足の問題があります。また、生産年齢人口の減少の問題もあります。企業としては優秀な人材を囲い込んでおきたいという想いが強くなるのです。

その結果、優秀な人材に「この会社に所属していたい」という気持ちを持ち続けてほしいと考えているのです。

また、定着率の問題もあります。会社を退職されてしまうと、同じレベルの人材を再度確保しようとすると時間も費用も必要になります。そして確保できるまでの時間、大幅に競争力が落ち込みます。

優秀な人材の離職は会社の業績を左右することになるからです。

 

 

エンゲージメントを高める

従業員エンゲージメント

従業員のエンゲージメントを高める方法は課題です。絶対的な方法は無いからです。今はエンゲージメントを高めることが注目されているため、さまざまなサポートサービスが存在します。しかし効果を上げているかはよくわかりません。

退職理由と職場のストレス要因はよく似ています。そして職場のストレスによる精神疾患の労災申請は毎年増加しています。きちんと対策してそうな三菱電機でさえもブラック企業大賞を2年連続受賞しました。

エンゲージメントを高めたいなら、職場のストレスや退職理由を解消しなければなりません。

 

エンゲージメントを高める方法

従業員エンゲージメントを高める方法は、逆転させて考えるとわかりやすくなります。エンゲージメントが低いと、退職につながります。

従業員が退職する理由と逆のことをすれば、従業員エンゲージメントが高まることになります。それでは従業員が退職する理由はどのようなものがあるでしょうか?

エン転職のアンケート結果によると次のようになります。

1位:給料が低かった
2位:やりがい、達成感を感じない
3位:会社の将来性に疑問を感じた
4位:人間関係が悪かった
5位:残業・休日出勤など拘束時間が長かった
6位:評価・人事制度に不満があった
7位:自分の成長が止まった・成長感がない
8位:社風や風土が合わなかった
9位:体調を壊した
10位:やりたい仕事ではなかった

(引用:「「退職理由」について|【エンジャパン】のエン転職-アンケート実施期間:2018年2月26日(月)~2018年3月27日(火)有効回答数:8,668名)https://employment.en-japan.com/enquete/report-43/

アンケートをとる主体によって、微妙に結果が異なりますが、多くはこのような結果になっています。これらを解消すればエンゲージメントが高まります。

「給料は上げられない」と感じるかもしれません。「給料が高いか低いか」は個人の価値観に左右されます。給料が低くても好きな仕事をしたいという人は数多く存在します。給料が低いと感じるのは、やりがいがないから割に合わないということかもしれません。

 

 

エンゲージメントを高める際の注意点

上記のアンケートもどこまで真実を表しているかわかりません。退職の本音の理由ランキングなどで調査すると、「人間関係」が原因の上位にきます。

エンゲージメントを数値化するサービスなどもありますが、実際のエンゲージメントが低い方が高く評価される可能性があります。本音でアンケートに答えると、評価を下げられる恐れがあるからです。

エンゲージメントを高める際の注意点は一つ、会社側の価値観、思い込みを一旦横に置いておくことです。エンゲージを高める活動していたら、従業員のエンゲージメントが高まるだろうという思い込みが逆に従業員のエンゲージメントを下げることがあります。こんなことをしたら従業員はやりがいを感じるはずだというのは、考えた人の価値観です。

早く退社できるようにしたらエンゲージメントが高まるだろうと実施しても、もっと働きたい人にとっては不満になります。働きやすさは人それぞれ異なります。

 

 

エンゲージメントと組織力強化

コーチング
従業員エンゲージメントを高める方法について、一旦フラットにして深めていきます。従業員エンゲージメントとは「ワンチーム」、組織力強化と同じととらえます。

一体感が醸成された組織は、エンゲージメントが高いです。組織論の観点から、エンゲージメントを高める方法について説明します。

 

組織の三要素

組織の三要素とは、アメリカの組織論学者バーナードが提唱したものです。ただの集団と組織の違いです。組織には「共通目的」「貢献意欲」「コミュニケーション」の3つがあって初めて成り立ちます。

この「貢献意欲」は協働意欲とも呼ばれ、この組織に協力していこうという意欲です。エンゲージメントと同じですね。エンゲージメントというと、新しい言葉のようですが、60年以上前から組織論では必要とされていました。

この「貢献意欲」は、魅力的な「共通目的」と活発な「コミュニケーション」があって、初めて高まります。そのため、一体感のある組織には「共通目的」と「コミュニケーション」が重要になります。そして、「共通目的」を示すのものが、「リーダーシップ」です。

 

 

リーダーシップとコミュニケーション

組織論を説明するとき、スポーツチームに例えることが多いです。2019年ラグビーワールドカップ、日本代表が活躍しました。流行語大賞にもなった「ワンチーム」、チームが一体になることを表現した言葉です。

スポーツチームが一体になるには「勝つ!」という強い共通目的とその想いを共有するコミュニケーションが必要になります。一人一人が好きなように行動していては、一体感は生まれません。

強い共通目的にチームをまとめるリーダーシップとコミュニケーションが重要になるのです。もし職場でエンゲージメントを高めたいと考えるなら、管理職のコミュニケーション能力を強化する必要があります。

 

 

組織のコミュニケーションを活性化しよう

働きがい

近年、多くの職場で上司と部下の1on1ミーティングが行われているそうです。それは上司と部下のコミュニケーションを活発にする取り組みです。エンゲージメントを高めることを目的としています。

1on1ミーティングで成果を出せるかは、上司のコミュニケーション能力に左右されます。上司のコミュニケーション能力強化として、大切なスキルがコーチングスキルです。

コーチングスキルを活用したコーチング・コミュニケーションを取り入れましょう。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】