人材育成計画書の作成方法と人事評価面談のコツ

コーチング・コミュニケーション

会社は経営戦略を持っています。戦略に合わせて必要な人材を配置する人事戦略も存在します。人材は随時採用も可能ですが、すぐに最適な人材が見つかるわけではなく、高額になりがちです。

 

そこで大切なのは人的資源管理です。人事戦略に合わせて人材を社内での育成です。人材育成計画書を作成して計画通り人材育成を行わなければならなりません。

 

しかし、計画通り育成するにはさまざまな壁が存在します。評価面談の方法など、上司の関わり方が社員のモチベーションに大きな影響を与えます。

 

計画書の作成や社員とのコミュニケーションに対する工夫を説明します。

 

 

【コラム】メンタルヘルスとは~職場からメンタル不調者を出さない取り組み~

【目次】

 

人材育成が重要な理由

コーチング・コミュニケーション

企業にとって人材育成は重要です。なぜなら人材のレベルが高まらない限り、会社も成長できないからです。

 

 

職場の生産性を高める

人材の成長によって職場の生産性が高まります。新入社員とベテラン社員でも仕事のスピードが異なります。

 

すべての社員を人材育成して、スキルの底上げで職場の生産性が高まります。その結果、会社全体の業績に良い影響を与えます。

 

 

社員の成長欲求を満たす

会社には、社員の離職率の改善という課題も存在します。社員が退職する理由として、「この会社では成長できないから」というものがあります。

 

人材育成は社員の成長欲求を満たせます。結果、人材育成は社員の退職防止につながります。

 

【コラム】モチベーションに社内表彰制度はいらない?~メリット・デメリット~

 

 

 

人材育成が効果を生まない理由

コーチング・コミュニケーション

人材育成について、言葉ででいうのは簡単ですが、実際は難しいです。

人材育成で効果が生まれる社員もいれば、効果が生まれ無い社員もいます。人材育成の効果が生まれない理由を説明します。

 

 

社員のモチベーションを高められていない

学生も同じですが、先生が同じように教えていても成績が伸びる人、伸びない人が存在します。伸びる人は、教えてもらった後にも主体的に勉強しようとします。仕事でも同じです。

 

人材育成の効果が生まれるには、教えてもらうのに合わせて、自主的な努力が必要です。自主的な努力をする人としない人は、モチベーションによって大きく左右します。

 

教える人は、教える前に社員のモチベーションの引き出しが必要です。

 

 

教育者の教え方がうまくない

教育者が、社員のモチベーションを引き出せるかどうかも重要なポイントですが、教え方がそもそもうまくない場合もあります。

 

OFF-JTのように、外部講師によるセミナーなどであれば、プロの講師が教えてくれますが、OJTのように、社内の上司や先輩の教育では教え方にばらつきが出ます。

 

「見て覚えろ」タイプの場合、最近の若手社員には通用しません。社員は教えてもらえないので、モチベーションが下がります。

 

 

 

 

 

社員の成長を促す人材育成手法

コーチング・コミュニケーション

社員の成長を促す人材育成手法を説明します。社員のモチベーションのマネジメントが大切です。

 

 

人材育成計画書の作成

人材育成の効果を高めるには、人材育成計画書の作成をオススメします。計画書のフォーマットは「人材育成計画書 フォーマット」で検索すると多く見つかります。

自社にあったフォーマットを選ぶと良いです。

 

社員のモチベーションが下がる理由が、「この会社では成長できない」です。なんのためにこの会社にいるのかわからなくなるときモチベーションが下がります。

 

「この会社にいるとどのように成長していけるのか」の見える化が必要です。

 

人材育成計画書、キャリアプランを作成するときは、成長の実感、見える化ができるフォーマットになっているか確認が必要です。

 

 

人事評価など面談の方法

人材育成計画書もつくりっぱなしでは効果がありません。人材育成計画に沿って、進捗がどのようになっているのか評価が大切です。

 

人事面談もネガティブな面を指摘されつづけてもモチベーションが下がります。モチベーションが上がるようにコーチングスキルの導入が大切です。

 

【コラム】バーナード組織の3要素~共通目的・協働意欲・コミュニケーション

 

 

 

社員を成長させて生産性を高めよう

コーチング・コミュニケーション

社員の会社に対する意識がかわり、転職が当たり前になりつつあります。企業は優秀な人材の囲い込みがもとめられます。企業間競争は優秀な人材を囲い込めるかどうかによって決まってきます。

 

優秀な人材の獲得は高コストになりがちです。既存の社員を優秀な人材への成長が生産性アップにつながります。人材育成計画書をしっかり作成して、社員の成長を促しましょう。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】