採用活動と連鎖退職

人事評価制度

若手の連鎖退職に悩んでいる会社が多い。

連鎖退職とまでいかなくても、

採用してもすぐ辞められてしまう。

だからまた採用活動しなければいけない。

採用活動⇔連鎖退職

をいたちごっこのように繰り返している会社がある。

この負のループを抜け出さない限り

会社にとっては悪影響しかありません。

そのループを止めるためには何をするか。

私の答えは、組織風土を改善するです。

そのためには、「職場内のコミュニケーションを活発にさせる」です。

会社を辞める理由の一つに

思ってたような仕事ではなかった

というものがあります。

正直なところ、一社員が思ったような仕事が自由にできる会社は

世の中にほとんどないのではないかと思います。

多くの会社が、社員には、会社が思うように働いてほしいと思っています。

その目的で採用活動していると思います。

社員に好き放題させるために、給料を払うのではないと思います。

思ったような仕事をしたいのであれば、独立して、自分が社長になるしかないと思っています。

一般的には、会社とはそういうとこです。

そういうとこなんですが、

社員がやりたいことができていると感じている会社もあります。

それはどうしてでしょうか?

同じ会社であっても、

社員が楽しそうに働いている職場

社員がしんどそうに働いている職場

があります。

この違いは何が生むのか。

それは、人間関係の良い悪いが大きな要因です。

もっと言えば、コミュニケーションの質の問題です。

大きな範囲でとらえれば、職場の雰囲気です。

組織風土です。

与えられた仕事が

組織内で、「誰にでもできる簡単な仕事」

と捉えられていたら、

その仕事を任されている時点で

モチベーションが下がってくるでしょう。

逆に、

「組織にとっても、お客様にとっても、世の中にとっても、こんなに役に立っている仕事」

と捉えられてたら、その仕事に対する意味が変わってきます。

さらに、

「その仕事をすることによって、このような成長ができる。将来的なキャリアプランが明確になる」

などあれば、さらにその仕事に対するモチベーションが変わってくるでしょう。

要は、そういった、仕事の価値を

上司、同僚が、コミュニケーションをとって

伝えることができているか?

ということです。

上司自身が、その仕事の価値を知らないなら

伝えることもできません。

そうなると、経営者のコミュニケーション力が問題となってきます。

では、コミュニケーション力を強化しなければならないのは誰でしょうか。

それは、経営者、役員などの組織のリーダーたちです。

採用に関しては、コミュニケーション力の高い人が来るのを待っていては

採用の可能性を下げてしまいます。

採用できたとしても、組織の雰囲気にがっかりして辞めてしまうかもしれません。

だからリーダーのコミュニケーション力を強化する必要があります。

組織の雰囲気を良くするも、悪くするも、

リーダーの影響度が大きいです。

社員のコミュニケーション力が低いと嘆くリーダーも多いですが

社員の発言を抑えているのも、リーダーのコミュニケーション力だったりします。

いつもイライラしているリーダーのもとでは

社員もしゃべりにくいでしょう。

逆に、社員が気兼ねなく声をかけたりするリーダーもいます。

リーダーのコミュニケーション力次第で

社員のコミュニケーションの仕方も変わるのです。

現在は、コミュニケーションの環境が厳しくなっているように感じます。

SNSなどIT技術を活用して

コミュニケーションはスムーズになったように感じるかもしれませんが

一人当たりのコミュニケーションの時間は少なくなっています。

常に様々な情報を処理しつつ

チームメンバーとのコミュニケーションもこなさないといけません。

だから、リーダーも一人一人のコミュニケーションの質が

下がってしまっている可能性が高いと思います。

リーダー自身もプレーヤーなので、

メンバーと関わる時間が減っているともいわれます。

このためには必要なことは

リーダーの”聴く力”の強化です。

よく、どうやったらメンバーに自分の想いを伝えることができるか?

といって、”伝え方”に走る方が多くいます。

それ以前の問題としてイメージしてください。

あなたがものすごく嫌いな方が

すごい説得力ある伝え方で、仕事の指示してきたと思います。

素直に聞けますか?

おそらく、「えらそうに・・・」って反発心がわいたりするのではないでしょうか。

どんなに伝え方を鍛えたところで

コミュニケーションはうまくいかないことがあるのです。

それよりは、みんなが鍛えたことのない

”聴く力”を鍛えてみてください。

もし”聴く力”の鍛え方がわからないのであれば、

企業研修など行っていますのでお問い合わせください。

 

 

※経営サポート・聴く力コミュニケーション企業研修などはこちら※
 
 
※各種お問い合わせはこちら※
 

 

 

前の記事

デフレの足音