就活ルール廃止による通年採用化のメリット・デメリット

コーチング・コミュニケーション

経団連は、2021年卒の新卒採用から就活ルールを廃止する方向性を示しました。学生にとっては不安に感じる変化になります。

 

就活ルールをすでに守っていない企業も存在し、形骸化していたとはいえ、大きな影響があるといわれています。就活ルール廃止の影響のメリット・デメリットを理解し、準備が大切です。

 

企業の採用活動、学生の就職活動、それぞれの就活ルール廃止の影響を整理します。

 

【コラム】コーチングの勉強方法~コーチングの資格は独学でも取得できる?

【目次】

 

就活ルールと問題

就職

就活ルールの廃止が問題になっていますが、やっと世界的な標準に追いつきます。問題として扱われる自体が、日本が保守的になっているとわかります。

 

 

就活ルールとは

現行の就活ルールとは、経団連に加盟している企業が守るべき採用活動ルールです。会社説明会の時期から、面接や内定などといった時期に制限をかけていました。

 

この終活ルールの目的は、「学生が学業に集中できるように」とされています。

しかし、罰則などが無い、経団連に加盟していない企業には適用されないので、形骸化しているとも言われていました。

 

 

就活ルールの問題

就活ルールは、「絶対的に守る必要はない」「抜け駆けした方が優秀な学生を採用できる」から、ルールを守らない企業も見られました。

 

また、日本独自のルールであり、企業間競争が激しくなる中、新卒で採用して、社内で生え抜き社員を育成していたら、競争に負けると指摘されるようになってきました。

 

日本の高度成長を支えた三種の神器の一つの終身雇用制度でしたが、競争のグローバル化の中で、保守的な人材の育成につながり、大きな負担となっています。

 

【コラム】コーチングに関するビジネスが怪しい、胡散臭いと感じる理由

 

 

 

就活ルールの廃止へ

自信

経団連も、このままでは世界に取り残されると危機感を抱いたのでしょう。

就活ルールを廃止し、通年採用へ移行を決めました。海外では普通に行われている採用方式ですが、長年続いた慣習なので、移行期間はさまざまな問題も生じるでしょう。

 

就活ルール廃止のメリット・デメリットを整理します。

 

 

 

就活ルール廃止のメリット

就活ルール廃止のメリットについて、企業側、学生側それぞれに存在します。

【企業側】
・期限の縛りがないので、より多くの学生と関われる
・早い段階で人材確保が可能になる
・一人当たりの採用検討時間が増え、ミスマッチが減る
・第二新卒などの中途採用も柔軟に組み入れられるので、育成コストの削減ができる

【学生側】
・期間が長くなるので、多くの企業や業界に触れられる
・多くの企業を比べて決められるのでミスマッチを避けられる
・期限が無いから時間を自由に使える
・学歴よりも実践的な経験が重視される

 

 

 

就活ルール廃止のデメリット

就活ルール廃止のデメリットについて、企業側、学生側それぞれに存在します。

【企業側】
・もっといい人材が来るのでは無いかと決められない可能性がでるので、結果的に採用コストが増える
・学生は多くの企業が受けられ、中小企業は採用が苦しくなる

【学生側】
・通年採用になると、即戦力の第二新卒などの中途採用との競争が発生する
・一括採用で流れ作業のようにチェックされていた書類選考なども詳しく評価されるので、学歴優位ではなくなる
・よりコミュニケーション能力をもとめられる

 

学生側の就活ルール廃止のデメリットに、「学業の時間が減る」が挙げられるケースが多いですが、「目的の無い勉強をしている時間が減る」ならメリットです。

 

何を目的に勉強しているのか目的意識が無い点が、日本の学生の大きな課題に感じます。

 

 

 

 

 

就活ルール廃止の対策

メンタルヘルス

就活ルール廃止の影響は、企業、学生の双方に発生します。それぞれに言えるのは、デメリットと嘆いている人達より、先回りして準備できればメリットに変わります。

 

 

企業の対策

人的資源を確保する戦略について、より綿密な計画が必要です。「毎年何%ぐらい辞めるから、これぐらい人数採用しておこう」のような非効率な施策をしていたら、競争に負けます。

 

より優秀な人材を確保できるかが、企業にもとめられます。優秀だけど従業員エンゲージメントの低い社員を採用してしまったら、さらに高い給料を提示した企業に引き抜かれるかもしれません。

 

採用選考する面接官のレベルアップが必要です。つまりコミュニケーション能力の強化です。

 

 

学生の対策

学生にもとめられるというより、期待する対策。社会人になったとき、どんな仕事をしたいのかを早い段階で決めてください。決めても、いつでも変えて問題ありません。

 

決めたら、そのために何が必要が考えて行動してください。その行動が面接時にきっと説得力を持ちます。

 

日本の学生は大学に入る自体が目的で頑張ってきている傾向にあり、大学に入った途端目的を見失うケースがあるように感じます。

 

就職して、思ったのと違ったといって退職するケースが多いですが、思った通りの会社はほとんど無いです。

だから、思った通りの会社じゃなくても、やりたい目標が目指せる会社なら頑張れるのでは無いでしょうか。自分自身のビジョンを明確することが大切です。

 

【コラム】モチベーションに社内表彰制度はいらない?

 

 

 

ビジョンとコミュニケーションの力を

優秀な学生

就活ルールが廃止され、世界標準になると、ますます採用活動は激しさを増すと考えられます。新卒、中途、外国人などさまざまな人材が競争相手になります。

 

外国企業は、優秀な人材を獲得し、生産性を高めてきました。影響は大きいかもしれませんが、日本も生産性が改善し、優秀な人材ほど給料がアップする可能性があります。

 

いろいろ準備する必要がありますが、企業と学生双方に言えるのは、ビジョンを明確にしてコミュニケーション能力を強化した方が良いでしょう。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】