1on1ミーティングで部下と話すこと-コーチングスキルから学ぶ

コーチング・コミュニケーション

人手不足の影響、同一労働同一賃金、新卒一括採用の廃止など、会社員の取り巻く環境は大きく変わってきます。そのような中、社員がモチベーション高く働く環境づくりのために、1on1ミーティングという手法が広がっています。

しかし、1on1ミーティングのスキルが無いと、「何を話せばよいのか?」「部下と話すこと」に対して、戸惑う上司は多いようです。通常の評価面談と異なり、1on1ミーティングは「聴く力」に重点をおいたコミュニケーション能力の強さを求められるからです。

「聴く力」の低い上司が1on1ミーティングを行うと、「通常の評価面談と同じ」「ただの雑談」「愚痴だけを聴く場」になる可能性があります。1on1ミーティングを効果的に行うために大切なことを説明します。

【1on1ミーティングの効果を高めるコミュニケーション能力について】

【目次】

 

会社に導入が広がる1on1ミーティングとは

コーチング・コミュニケーション

大企業を中心に1on1ミーティングの導入が広がっています。1on1ミーティングとは、上司と部下の1対1の面談のことです。1on1ミーティングで部下と「話すこと」に悩まれる上司は多いです。普段から行う評価面談などと、何が違うのか説明します。

 

1on1ミーティングの目的

1on1ミーティングの目的は、「部下の成長」です。「部下を評価」するために行うものではありません。部下の考える力を養い、主体的な行動を促し、成長に結びつける効果をねらいます。

また、上司と部下のコミュニケーションの機会が少なくなっているため、コミュニケーションの質の改善の目的もあります。上司と部下の人間関係が、メンタルヘルスの問題、離職率の問題につながる可能性が高いからです。1on1ミーティングは、コミュニケーションの質を改善し、組織の生産性を改善します。

 

1on1ミーティングの進め方

1on1ミーティングの特徴は、頻度です。1週間に1回~1ヵ月に1回のペースで行います。コミュニケーションを密にする効果も狙いだからです。1on1ミーティングの進め方については、ルールがありませんが、コーチングセッションで使われるGROWモデルに沿って行われるのが一般的です。GROWモデルとは次の単語の頭文字をとったものです。

Goal(ゴール)
Reality(現状)
Option(選択肢)
Will(意思)

1on1ミーティングの進め方の一例を紹介します。

1.前回のセッション後の行動の結果を確認する
2.今回話したいテーマを確認する
3.テーマについて、理想の状態(ゴール)を確認する
4.(ゴール)に対して、(現状)の確認をする
5.(ゴール)と(現状)のギャップを埋めるための施策(選択肢)を確認する
6.次のセッションまでにどの(選択肢)をするか宣言(意思)をしてもらう

最後に、1on1ミーティングは「行動につなげる」が重要です。部下が行動しない限り成長につながらないからです。

【1on1ミーティングの効果を高めるコミュニケーション能力について】

 

 

1on1ミーティングで部下と話すこと

コーチング・コミュニケーション

1on1ミーティングの導入が進んでいますが、実際は、どのように進めるか戸惑うケースも多いようです。まず悩むのが「1on1ミーティングで部下と何を話すのか?」評価が目的ではないため、部下が話したいことが主になります。1on1ミーティングでは上司は「聴き役に徹する」が重要です。

重要な点は、「部下は何を話しても良い」です。そして、「良い、悪いの評価をしない」です。例えば「会社を辞めたい」という話であったとしてもです。もし、「我慢するべき」などの評価をしてしまったら、「話しても無駄だな」と部下は話さなくなります。

 

1on1ミーティングでは部下が主体となって話す

1on1ミーティングで「話すこと」は、上司が評価しないを前提に、「部下が話したいこと」を話をします。なんでもOKではありますが、「成長」を目的としているところは意識した方が良いでしょう。1on1ミーティングで話す内容はケースバイケースです。できるだけ未来志向の話、「キャリアプラン、自己実現、どのような成長をしたいか」などをテーマにすると良いです。できるだけ仕事の会議とは区別した方が良いですが、絶対ではありません。

そして、愚痴大会になるのも避けたいところですが、部下自身が抱えている状況ではストレスを吐き出した方が良いでしょう。上司の柔軟な対応が望まれます。会社への不満、上司への不満、同僚への不満、なども話しても大丈夫という環境をいかに作れるかが大切になります。

それができなければ、メンタルヘルスでダウンするか、離職へとつながってしまう可能性があります。1on1ミーティングでは、なんでも本音で話せる環境を上司が作れるかが重要です。

 

1on1ミーティングでは上司はできるだけ話さない

1on1ミーティングで「話すこと」ですが、上司自身が何を話したら良いか悩む必要はありません。極端に言えば、何も話さなくても良いです。ただ、視野を広げてあげるような「質問力」を発揮できるといいでしょう。1on1ミーティングのスキルの無い場合、「沈黙」に戸惑うケースがあります。「何話す?」と質問した時、「特に話したいことがありません」と言われたら戸惑うかもしれません。

また、上司は良かれと思って自分の知識や経験を教えてあげたがります。1on1ミーティングでは、部下が話しながら、自分の考えをまとめていく時間です。アドバイスに走ると、考える機会を奪います。考える機会を奪うということは、部下の成長につながらなくなります。1on1ミーティングの目的は「部下の成長」です。「成長」につながらないのであれば、1on1ミーティングになりません。

【1on1ミーティングの効果を高めるコミュニケーション能力について】

 

 

1on1ミーティングとコーチングスキル

コーチング・コミュニケーション

1on1ミーティングを行う上司は、思っている以上にスキルがもとめられます。ただの愚痴を聞く時間になってしまうと、上司自身のストレスが大きくなります。かといって、アドバイスに走ると、「黙らせる」状態になります。1on1ミーティングの効果を高めるためには、「聴く力」を強化する必要があるのです。

 

コーチングスキルを活用する

「聴く力」を強化する方法として、コーチングスキルのトレーニングをオススメします。部下がストレスを抱えているようであれば、カウンセリングのスキルもあると良いでしょう。コーチングスキルとは「傾聴」「質問」「フィードバック」で構成されるスキルで、コーチングスキルを強化すると「聴く力」が強化されます。

【傾聴】
相手が安心して本音で話せる環境を整えます。

【質問】
相手の視点をコントロールして、視野を広げます。

【フィードバック】
相手に対して感じたことをそのまま返すことで、気づきを与えます。

これら3つのスキルを駆使して相手が本音でたくさん話している状況」をつくります。1on1ミーティングの効果を高めるには欠かせません。

 

1on1ミーティングの課題

1on1ミーティングの課題は、上司の「聴く力」に左右される問題です。さらに「聴く力」を発揮させるためには、上司と部下の信頼関係が前提になります。極端にいえば、部下から苦手と思われている上司は、すぐには効果がでません。部下が本音で話さないからです。1on1ミーティングでは、部下が本音で話すようになるまで、「焦らない」が大切です。

人間関係は1日では改善しません、時間がかかります。お互い相手を「ダメ」だと思うと、それは態度に現れます。1on1ミーティングする方もメンタルの強さが求められるのです。また、質問力も求められます。視点を自由にコントロールできないと、ただの雑談と変わらなくなります。1on1ミーティングの課題を解消するためにも、コーチングスキルの習得をオススメします。

【1on1ミーティングの効果を高めるコミュニケーション能力について】

 

 

コーチング・コミュニケーションを活用しよう

人事評価制度

1on1ミーティングを導入すれば、部下の成長が促されます。その前提として、上司と部下の信頼関係も構築されます。つまり、組織力が強化され、生産性が高まります。生産性の高い強いチームをつくるために1on1ミーティングは有効です。

しかし、効果を高めるためには上司のスキルに左右されます。1on1ミーティングで「話すこと」に悩む方が多いですが、実際はそれほど悩まなくて良いです。それよりも部下が「話すこと」が大切です。そのために上司の「聴く力」が重要になります。「聴く力」を強化するためにも、コーチング・コミュニケーションを活用しましょう。1on1ミーティングの効果アップが期待できるでしょう。

【1on1ミーティングの効果を高めるコミュニケーション能力について】