コーチング研修セミナー【大阪・神戸・京都】

企業対象のコーチング研修セミナーを開催しています。

 

コーチングスキルは、特に部下をもった管理職に必須のスキルとされています。

 

コーチングが「部下のモチベーションを高め、行動を促すスキル」だからです。

 

多くの管理職が、部下の主体性、積極性に悩んでいます。

 

部下のモチベーションを引き出す目的で、コーチングを学ぶ経営者や管理職が増えているのです。

 

コーチングを学ぶメリット、コーチングを学ぶ際に注意するべきこと、弊社のコーチング研修セミナーの特徴について説明します。

 

 

【コラム】メンタルヘルスとは~職場でメンタル不調者を出さない~

 

【目次】

 

コーチングを学ぶ理由

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

コーチングを学ぶ理由は多岐にわたります。コーチングで得られる効果が幅広いからです。

 

コーチングを学ぶ前の課題として主なものを紹介します。

 

□部下との関係がうまくいかない

□部下を思うようにマネジメントできない

□部下のモチベーションが低い

□将来像が描けない

□ネガティブ思考に偏りがち

□自信が無くて行動できない

□不安で行動できない

□モチベーションが低下している

□コミュニケーションが苦手

□課題が多すぎて思考が停止している

 

これらの課題を改善すると、仕事の生産性が大幅に良くなります。

 

仕事でもプライベートでも、多くの問題は「人間関係」により発生します。

 

「人間関係」はコミュニケーションの質が重要です。

 

つまり「コミュニケーション能力強化」に、コーチングスキルが活用できるのです。

 

コミュニケーション能力が強化されると。

 

・人間関係が改善する

・相手のモチベーションを引き出せる

・視野が広がり、ストレスが軽減される

 

コミュニケーションは、仕事でも私生活でも必要なスキルです。コーチングを学ぶ効果は、広範囲に現れます。

 

だからコーチングを学ぶ人が増えているのです。

 

 

 

【コラム】ビジネスでワンチームに~会社組織の一体感を醸成する方法~

 

 

 

コーチングの課題

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

コーチングを学ぶ前に、課題を明確にする必要があります。

 

コーチングの基礎知識を知りたいのか、コーチングができるようになりたいのかです。

 

コーチングができるようになりたいのであれば、いくら知識を入れてもほとんど効果はありません。ひたすら実践トレーニングが必要です。

 

 

 

 

 

コーチングの基礎知識

コーチングの基礎知識は、1日か2日間のセミナーに参加すれば得られます。

書籍でも、インターネット上の情報でも十分理解できます。

学習するキーワード

・コーチングとは
・コーチングセッションとは
・コーチングスキルとは
・承認
・傾聴
・質問
・フィードバック
・GROWモデル
・信頼関係(ラポール)
・ジョハリの窓など心理学の知識

 

ぐらいあれば、基礎知識としては十分です。

 

重要なポイントは、「知っている」と「できる」は全然違うです。

 

その点は「英語の参考書を読んだだけでは英会話はできない」のに似ています。

 

 

 

 

 

 

コーチングができない

コーチングを学ぶ目的として、「コーチングができるようになりたい」があります。

 

コーチングの企業研修は多く存在しますが、1週間程度のトレーニングでは、できるようになりません。

個人差はありますが、1年以上のトレーニングは必要です。

 

中途半端なコーチングは、逆効果を生みます。

 

コーチングは質問力だと勘違いして、部下を質問攻めにするケースもみられます。

 

「教えた方が速い」と、いつもの指示命令になってしまうケースもみられます。

逆にモチベーションを下げますし、部下との関係性を悪化させます。

 

「コーチングができない」課題を解消するには、トレーニング重視の研修セミナーを受講し、丁寧なコーチングのトレーニングが必要です。

 

 

 

 

 

 

 

研修セミナー選びの注意点

コーチング・コミュニケーション

コーチング研修セミナーは数多く存在します。

しかも高額セミナーになりがちです。

 

企業研修として受講させるのであれば、それほど時間を割くことができません。

 

何種類も受講させるのが難しいので、どれが一つを厳選する必要があります。

 

研修セミナー選びの注意点を説明します。

 

 

 

 

 

 

目的を明確にする

企業でコーチングを導入する目的は次のように分かれます。

 

【コーチングを知りたい】
・コーチングの基礎知識を得たい

 

【コーチングができるようになりたい】
・部下の育成に活用したい
・セルフマネジメント能力を高めたい
・コミュニケーション能力を高めたい

 

 

 

◆コーチングの基礎知識を得たい

コーチングの基礎知識を得たいのであれば、1週間以内程度のセミナーで十分です。

 

多くの企業研修がこれに当たります。

書籍やインターネット上でもある程度情報が得られます。

 

注意点としては、流派や講師によって若干内容が異なります。

 

 

 

◆部下の育成に活用したい

管理職がコーチングを学ぶ主な目的です。

部下のモチベーションを引き出し、育成につなげます。

 

1on1ミーティングや評価面談のスキルアップ効果もあります。

 

 

 

 

◆セルフマネジメント能力を高めたい

管理職はリーダーシップを発揮する必要があります。

さまざまな経営課題に適切な意思決定をもとめられます。

 

その時にセルフコーチング能力が高ければ、柔軟な対応力が発揮できます。

 

 

 

 

◆コミュニケーション能力を高めたい

コーチングスキルの強化は、「聴く力」の強化につながります。

コミュニケーションは「話す力」と「聴く力」があって、はじめて成立します。

 

経営課題のほとんどが、コミュニケーションの問題で発生しています。

 

「聴く力」を強化することで、チームワークが強化され、仕事の生産性が高まります。

 

弊社の企業研修は、コミュニケーション能力強化を目的としています。

 

 

 

 

 

 

コーチング学習の注意点

コーチングを学習する際の注意点は以下のとおりです。

 

 

◆コーチングを教える媒体ごとに内容が異なる

コーチングの基本部分は同じですが、応用になればなるほど、講師の考え方によって内容が異なってきます。

扱う心理学の流派によっても内容が変わってきます。

価格だけで選択しないで、内容も確認の上での受講が大切です。

 

 

 

◆目的によって必要な学習時間が変わる

コーチングを学ぶ目的によって、必要な学習時間が変わります。

 

基礎知識を知りたいのであれば、短くても良いですが、できるようになりたいのであれば、長期間のトレーニングが必要です。

 

企業研修の多くが短期間であるので、できるようにはなりません。

 

コーチング研修を受講したらコーチングができるようになると勘違いしないことが大切です。

 

下手なコーチングは、効果が無い、もしくは、逆効果をうむので注意が必要です。

 

コーチングができるようになりたいのであれば、半年以上のカリキュラムで、トレーニングを重視した研修を選んでください。

 

 

 

 

【コラム】公平理論とは~社員のモチベーションマネジメント方法~

 

 

 

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

コーチング・コミュニケーション

弊社のコーチング・コミュニケーション企業研修について説明します。

研修の目的は、「コミュニケーション能力強化」です。

 

「できるようになる」を目的としているので、6ヵ月のカリキュラム、トレーニング重視となっています。

 

 

 

 

 

 

コーチング・コミュニケーションとは

コーチング・コミュニケーションとは、コーチングスキルを活用したコミュニケーションです。

「コミュニケーション能力強化」を意識しています。

 

しかし、学ぶ内容は、通常のコーチングとほぼ変わりません。

 

コーチングセッションができるようにならないと、コミュニケーションに活用できないからです。

 

コーチングセッションのトレーニングを行いながら、普段のコミュニケーションにどのように活かすかを学びます。

 

 

 

 

 

 

コーチング・コミュニケーションを学ぶ目的

コーチング・コミュニケーションを学ぶ目的は、「コミュニケーション能力強化」です。

コミュニケーション能力強化には、「話す力」「聴く力」の両方が必要です。

 

私たちは、「話す力」は子どものころからトレーニングを繰り返してきています。

 

スピーチ、プレゼンテーション、面接、ディスカッション、交渉など、相手に自分の考えを伝える練習は繰り返してきました。

 

 

しかし、「聴く力」は?

 

 

コミュニケーション能力強化に「聴く力」のトレーニングが圧倒的に足りていないのです。

 

「聴く力」の強化方法として、コーチング・コミュニケーションが必要なのです。

 

 

 

 

 

 

他のコーチング研修セミナーとの違い

他のコーチング研修セミナーとの大きな違いは、「プロコーチを目指さない」ところでしょうか。

 

・コミュニケーション能力強化

・職場のコミュニケーションの活性化

・チームワークの強化

・部下のモチベーションを引き出す

・部下のメンタルヘルスを改善する

 

など、仕事の生産性を高める目的として、「コミュニケーション能力強化」を目指します。

 

また、企業研修の多くが1日や2日で終わるものが多い中、6カ月間の長めのカリキュラムとなっています。

 

企業研修では「コーチングができるようになる」が難しいので、社外のコーチングスクールに通うケースも見られます。

 

社外のコーチングスクールは高額であるケースが多い。また、持ち帰って職場に浸透させるときにハードルがあります。

 

弊社の企業研修は、コミュニケーション能力強化を目的としているので、コーチングの基本部分に特化しています。

そのため、比較的リーズナブルな価格を実現しています。

 

また、企業内で同僚と学ぶので、職場への浸透がはかりやすくなります。

 

 

 

【コラム】コミュニケーション能力の評価基準と目標設定方法

 

 

 

入門セミナー開催中

コーチング・コミュニケーション

コーチングが日本に入ってきて、20年以上になります。

しかし、コーチングはまだまだ浸透していません。

 

それは、日本企業の生産性が先進国の中で最低を継続していること、国際競争力が低下を続けていることからもわかります。

 

精神疾患による労災申請が毎年のように増加していることから、労働者のモチベーションが低下していることもわかります。

 

コーチングが浸透していれば、労働者のモチベーションが向上し、生産性が高まっているはずなのにです。

コーチングが浸透しないのは、従来の研修セミナーのあり方に問題があるからです。

 

コーチングを浸透させるため、普段使いのコミュニケーション能力強化を目的としたコーチング・コミュニケーション研修を実施しています。

 

入門セミナーを随時開催していますので、ぜひご活用ください。