企業経営の悩み相談~人材に関する問題~

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

経営者の方と関わる中で、必ず話題に上がるのが「人材に関する悩み」です。

 

・なかなか良い人材が来ない
・採用したけど辞めてしまった
・社員のモチベーションが低い
・社員のメンタルヘルスが悪化した
・社員が出社してこない
・高齢化が進んだ
・若手社員を育てられない
・技術承継ができない
・後継者がいない
など

 

会社は人が動かないと、仕事が回りません。

結果的に人の問題で業績が悪化します。

 

会社の業績を高めるには、人材の課題を解消しなければなりません。

 

そして、人材の課題を解消するには、経営者を含めて社員全員のコミュニケーション能力強化が欠かせません。

 

コミュニケーション能力を強化せず小手先で解決しようとすると、ひずみが生じます。

 

人材に関する問題の解決方法を説明します。

 

 

【コラム】連鎖退職とは~若手社員が連鎖退職する原因と対処方法

【目次】

 

人材に関する問題

コーチング・コミュニケーション

人材に関する問題は、主にモチベーションストレスに関するものです。

 

主体性、積極性など、仕事の生産性を高める要素は、モチベーションに影響をうけます。

 

ストレスによる社員のメンタルヘルスの悪化や退職も、生産性に大きな影響を与えます。

 

 

 

 

 

 

モチベーションと生産性

モチベーションの低い社員と、モチベーションの高い社員では、生産性に大きな差が出ます。

 

たとえば、販売の仕事であれば、売れる量とモチベーションの高さは相関します。

 

壁にぶつかったときも同じです。

モチベーションが低ければあきらめますが、モチベーションが高ければ、なんとか壁を乗り越えようとします。

 

仕事の生産性を高めたいのであれば、社員のモチベーションを高めなければなりません。

 

 

 

 

 

 

ストレスと離職率

日本は労働人口が減少傾向にあり、今後、人材不足が深刻になると考えられます。

 

優秀な人材を囲い込むには、離職率を下げなければなりません。

 

 

会社を退職する理由は、ストレスが原因です。

そして、仕事でのストレスは増加傾向です。

 

実際、精神疾患による労災申請が毎年のように増加しています。

 

優秀な社員に辞められてしまうと、生産性が低下し、会社の業績にダメージを与えます。

 

仕事の生産性を高めたいのであれば、社員のストレスを減らさなければなりません。

 

 

 

【コラム】部下のモチベーションを下げるタイプの上司にならない

 

 

 

人材の問題が発生する原因

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

人材の問題が発生する原因は、「仕組み不足」「コミュニケーション不足」の2つに分けられます。

 

「仕組み不足」は特に中小企業でみられます。

「コミュニケーション不足」は企業規模にかかわらず発生している問題です。

 

 

 

 

 

 

仕組み不足

モチベーションを高め、ストレスを減らしたいのであれば、そのための仕組みが必要です。

 

◆モチベーションを高める仕組み

・人事評価制度
・1on1ミーティング
・社内表彰
・賞与
など

 

◆ストレスを減らす仕組み

・リフレッシュ休暇
・有給休暇
・福利厚生
・定時退社日
・負担軽減の仕組み
・社内レクレーション
など

 

 

 

 

 

コミュニケーション不足

中小企業の場合、モチベーションを上げる仕組み、ストレスを減らす仕組みが整っていないので、社員のモチベーション低下や、ストレス増加につながります。

 

しかし、仕組みが整っているはずの大企業でも、社員のモチベーション低下やメンタルヘルスの悪化が発生しています。

原因はコミュニケーション不足です。

 

人間関係、同僚とのコミュニケーションの質が、社員のモチベーションやストレスを左右するからです。

 

コミュニケーション不足は、人間関係を悪化させ、大きな影響を与えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

人材の問題の解消方法

コーチング・コミュニケーション

人材の問題を解消するには、以下の3つの視点が必要です。

・社員のモチベーションを高めるには何が必要か
・社員のストレスを減らすには何が必要か
・社員同士のチームワークを良くするには何が必要か

 

人材の問題を考える上で重要なポイントは、「解決には時間がかかる」です。

 

時間を短縮したいなら、「理想的な人材を採用する」しかありません。

 

効果が現れるまで継続する、リーダーシップが重要となります。

 

 

 

 

 

 

教育訓練費はコストではなく投資

まず人材育成に関する考え方の設定が大切です。

人件費をコストとみると、業績が悪化するとすぐに人件費を削減しようとします。

 

人件費を削減⇒モチベーション低下⇒生産性低下⇒業績低下⇒人件費を削減⇒・・・

の悪循環に陥る可能性が高まります。

 

人件費、教育訓練費など、人材に使うお金は将来に向けて行う投資という考え方が大切です。

長期的な計画書を作成し、人的資源管理を進めなければなりません。

 

繰り返しになりますが、人材育成は時間がかかります。

逆算して、早め早めの教育訓練が大切です。

 

 

 

 

 

 

コミュニケーション能力の強化

社員のモチベーションを低下させるのも、ストレスを増加させるのも人間関係の悪化が大きな原因となっています。

 

人間関係を改善するには、コミュニケーション能力の強化がもとめられます。

コミュニケーション能力強化の問題で、間違えてはならないのは、「部下のモチベーションを強化しなければならない」との勘違いです。

 

職場のストレス要因、社員の退職理由の上位にあるのが、「上司との人間関係」だからです。

 

上司が部下との関わり方を変える必要があります。

上司のコミュニケーション能力強化が大切です。

 

指示命令など、部下をコントロールしようとする「話す力」ではなく、部下を理解してあげようとする「聴く力」の強化がもとめられます。

 

 

 

 

 

 

共通のビジョンの設定

人材の問題を前向きに解消するなら、「チームワークの強化」になります。

 

チームワークが良い組織は、メンバーのモチベーションが高く、協力し合う関係なのでストレスが小さいからです。

 

チームワークに大切な要素が、「バーナードの組織の3要素」です。

・共通目的
・協働意欲
・コミュニケーション

 

 

スポーツチームをイメージしてもらえるとわかりやすいです。

 

強いチームは、勝つという共通目的に一丸となります。

メンバーは、その共通目的達成に向けて、協働意欲が高い状態です。

共通目的を達成に向けて、メンバー間のコミュニケーションは活発になります。

 

 

ワンチームを作るには、メンバーが共感する共通のビジョンを設定する必要があります。

 

そして、メンバーの共感を引き出すには、コミュニケーションが必要です。

 

 

 

 

【コラム】公平理論とは~社員のモチベーションマネジメント方法~

 

 

 

 

コミュニケーション能力を強化するしかない

コーチング・コミュニケーション

会社内には必ず人材の問題が発生し続けます。

 

その問題を大きくしてしまうか、軽減できるかはリーダーのコミュニケーション能力に左右されます。

 

人材の問題は、突き詰めて考えると結局はコミュニケーションの問題に行きつきます。

 

だから、人材の問題を解決するには、コミュニケーション能力を強化するしかありません。

 

 

しかし、コミュニケーション能力強化は複雑です。

何年もコミュニケーション能力が大切といわれつづけていながら、いまだに解決しない課題です。

 

 

コミュニケーション能力強化は丁寧に継続するしかありません。

継続には、経営者の強力なリーダーシップが必要になります。

 

 

コミュニケーションより、業績を優先したら振り出しにもどるからです。

 

詳しくはコミュニケーション能力強化の企業研修を実施していますのでご活用ください。