会社員にもとめられるコーチングスキルの資格と学び方

コーチング・コミュニケーション

働き方改革による労働時間の減少と企業間競争の激化による仕事量の増加。会社員は、より少ない時間で、より多くの仕事の処理する必要があります。仕事の生産性を高めるために、会社員のモチベーションアップ方法がもとめられています。

そこで注目されているのが1on1ミーティングなどで活用できるコーチングスキル。コミュニケーション能力向上も目的です。また、副業解禁という話題にのり、プロコーチの資格を目指す方にも注目されています。会社員がコーチングスキルを学ぶ方法はさまざま存在します。資格はあった方が良いのか?それぞれメリット・デメリットが存在しますので、学ぶ前に一読ください。

【会社員に必要なコミュニケーションスキルについて】

【目次】

 

そもそもコーチングってなんでしょう?

公平理論

コーチングを学ぼうという人を迷わせるもの。

「スクールの種類が多い」
「コーチの肩書が多い」

どのコーチングが良いのかわかりにくいです。

その前に。「コーチングを学んだら、どうなると思いますでしょうか?」

とても大切な問いですが、イメージできなくても大丈夫です。コーチングの世界は奥が深いので、徐々に理解していってください。まずは、コーチングについて紹介します。

 

「コーチングとは」に正確な答えはない

まず、スポーツのコーチとコーチングのコーチは異なるものです。そして「コーチングとは?」の定義はスクールごとにさまざまです。
コーチごとにも答えが違います。

「コーチング スクール」で検索して、コーチングスクールごとの「コーチングとは」を調べてみてください。コーチングの定義がさまざまなのは、コーチングの効果が広範囲に及ぶからです。

・モチベーションを上げる
・人生を変える
・目標を明確化する
・夢を実現する
・コミュニケーション能力を向上する

などなど

 

注意点としては「言葉に騙されない」です。キャッチコピーのテクニックなどで、過剰な表現になっている場合があります。「人生を変える」はとても魅力的なキーワードに見えますが「英会話を勉強しても人生は変わります」

そして「コーチングは相手をコントロールするものでは無い」ということです。まるで相手をコントロールできるように宣伝しているところがあるので注意してください。

 

 

コーチングの種類

コーチングと言ってもいろいろあります。

◎心理学系スキルでわかれたもの
・NLP
・アドラー
・交流分析
・個性心理学
・ポジティブ心理学
など

◎大きなテーマを扱うもの
・ライフコーチング
・エグゼクティブコーチング
・ビジネスコーチング
など

◎分野を絞ったテーマを扱うもの
・マネーコーチ
・恋愛コーチ
・英語コーチ
など

◎目的を決めたテーマを扱うもの
・自分発見コーチング
・〇〇コーチング
など

イメージとしては「心理学系のスキルを活用して、各テーマを扱う」という流れです。

プロコーチになるとした場合、次のようなステップが基本になります。

1.学ぶコーチングの種類を決める。ベーシックタイプ?心理学系?その他?
2.コーチングセッションができるようになる
3.取り扱いたいテーマを絞って肩書を決める

「学ぶコーチングの種類」はどれが優れているなどはありません。資格も同様です。結局はトレーニング量なので、ご自身が共感できる種類のコーチングを学ばれると良いです。高額なスクールが多いので、しっかり比較検討してください。

 

「肩書」について

コーチングは基本的に「答えはクライアントにある」なので、テーマを絞らなくても良いのですが、クライアントには不親切になります。クライアント側としては、どのコーチにお願いしたら良いかの判断基準になるからです。

ある程度専門性を絞った方が、クライアントも安心するでしょう。例えばビジネスコーチが「経常利益ってなんですか?」って質問したら、クライアントは不安になるかもしれません。

【会社員に必要なコミュニケーションスキルについて】

 

 

コーチングの学び方

自己啓発

コーチングを学ぶ時、スクール選びに悩みます。その前に、スクールが高額なので独学とどちらが良いのか迷います。資格があった方が良いのか?どの資格が良いのか?も迷います。対面で習うことをオススメしますが、近くに学ぶところはないかもしれません。独学、スクールのメリット、デメリットについて紹介します。

 

独学

正直、独学は難しいと感じます。しかし、もともと「聴く」が得意な方もおられるので絶対ではありません。

コーチングの本も数多く出版されていますし、インターネット上、YouTube上に情報はあふれています。コーチングに関する情報がほぼ無料で手に入るのに、高額なスクールがやっていけているのは、結局はスクールで学ばないとできないと体感的にわかっているからと感じます。イメージとしては英会話や自動車と同じです。いくら本読んでも、できるようになるのは難しいでしょう。

実際、コーチングスクールでもしっかりしたところは、資格の認定基準はセッション時間や回数です。国際コーチ連盟の資格もセッション時間が条件となっています。実際のセッション量が、コーチングのレベルに影響するのです。

独学の課題は「セッション練習回数をどのように稼ぐか」「セッションに対してフィードバックをもらう」ということです。最近はFacebookなどでコーチングの練習相手募集できたりするので、独学でも工夫すれば練習環境はできます。

独学はコスト的に有利ですが、時間的にはデメリットがあります。コーチングの一定レベルに到達することに対して例えば以下の条件があるとします。
・無料で5年かかる
・高額で1年で済む

どちらが良いかは、これから学ぶ人の時間に対する金額価値の考え方によるでしょう。

 

スクール・資格・企業研修

スクールなど対面で学ぶことをオススメしています。資格については、肩書が欲しいなら取得すれば良いと思います。しかし、誰も知らない資格をとっても効果は低いかもしれません。会社員なら必要ないとも言えますが「副業解禁を見越して」といった考え方もできます。

コーチングはスクールをオススメしますが、トレーニング環境が整っていることが重要です。「コーチングスクール」で検索すると数多く出てきます。1日で完了する講座もあれば、1年ぐらいかかる講座も存在します。近くで受講できるものもあれば、東京にいかなければならないものもあります。価格も数万円から100万円近くするものまでさまざまです。

高ければ良いというわけでもありません。これも他の習い事と同じです。同じ先生に同じように習ったはずなのに、伸びる生徒、伸びない生徒がいます。高額なスクール行ったからといって、できるようになるものでは無いです。

逆にリーズナブルなコーチングスクールを出てもコーチとして活躍している人はいます。コーチングスクールによっては、年間何千人受講したとか累計何万人受講したとか書いているところが存在します。実際に活躍しているコーチが周りにいるなら判断基準になるのではないでしょうか。

【会社員に必要なコミュニケーションスキルについて】

 

 

コーチングはトレーニングが重要

コーチング・コミュニケーション

独学かスクールか、結論的にはどちらでも大丈夫です。ただ習得までのスピードは違ってきます。また独学の場合はトレーニング環境を整えられるかが重要です。

 

コーチングマスターまでの壁

コーチングスクールに通ってもコーチングができない人はいます。独学で学んでもコーチングができる人はいます。センスの差はあると思いますが、本気でマスターしたいと思う気持ちの差が大きいです。コーチングをマスターするまでの壁はさまざまです。その中でも特に大きいのは「クライアントの性格が全て異なる」ということでしょう。

「クライアントのタイプ」も「持ち込まれるテーマ」もさまざまです。ある人にうまくいった方法が、別の人ではうまくいかないことはよくあります。同じ質問をしても、ポジティブな人とネガティブな人では答えが異なります。

つまり、セッションごとに全て臨機応変に対応しなければならないということです。だから数多くのタイプの人と練習する必要があるのです。

 

コーチングのトレーニングはどこでする?

どこでコーチングセッションの練習をすれば良いのでしょうか?もちろんコーチングスクールにトレーニング環境が整っているならそこを活用することが一番です。勝手がわかった者同士で練習するのが、最初のトレーニングではオススメです。

独学の人もFacebookを活用すれば、練習相手募集のグループがありますし、自分で作っても良いです。各地でコーチングの勉強会なども存在しますので、そこに参加して練習相手を見つけても良いかもしれません。

ただし営業目的で参加している人には注意してください。セッションが上手くいかないうちは知識が足りないと感じがちです。知識が足りないから習いにいかないとと思うかもしれませんが、トレーニングが足りないだけです。知識をつけてもトレーニングが足りなければ、セッションは上手くいきません。

【会社員に必要なコミュニケーションスキルについて】

 

 

コーチングを独学で学ぶかスクールで学ぶか

人事評価制度

会社員にコーチングスクールの資格は必要なのか?とりあえずは必要無いでしょう。だからといって、独学でコーチングを学ぼうとするとハードルはものすごく高いです。会社員であれば企業研修があるかもしれません。

しかし上述したようにトレーニングがなければ、コーチングはできるようになりません。企業研修を受けて、尋問や事情徴収のようなコーチングを自信満々にする人がいるとは聞いたことがあります。間違ったコーチングをすると部下のモチベーションは下がりますし、人間関係が悪化します。独学で勉強するにしても、一度は対面で説明を聴くことをオススメします。弊社もコーチング・コミュニケーション入門セミナーを随時開催しています。

【会社員に必要なコミュニケーションスキルについて】