自己啓発にコミュニケーション能力研修セミナーを

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

自己啓発とは、会社からの指示などではなく、自主的にスキルアップする取り組みのことです。

 

自己啓発のテーマとして、資格取得やスキルの習得など、さまざまな種類が存在します。

 

 

もし、目的が「仕事に活かす」であれば、コミュニケーション能力の強化をオススメします。

 

 

なぜなら、コミュニケーション能力は、すべてのスキルの基盤になるからです。

コミュニケーション能力が無いと、ほとんどのスキルは、活かすことができません。

 

しかし、コミュニケーション能力が大切と言われながら、いつまでも改善されません。

報連相をしっかりしなさいと、いまだに注意されます。

 

 

企業研修では、難しいでしょう。

だから、自己啓発におすすめです。

 

 

価値の高い資格を持っていたとしても、コミュニケーション能力がゼロであれば、仕事ができません

組織で仕事する以上、仕事の依頼を理解できる、問題を報告できるなどが必要になるからです。

 

仕事の生産性を高めるには、コミュニケーション能力が欠かせません。

 

 

コミュニケーション能力で忘れられがちなのが「聴く力」です。

しかし、「聴く力」の強化方法を多くの方が知りません。

 

 

自己啓発として、「聴く力」コミュニケーション能力について説明します。

 

 

 

 

【コラム】コーチングの勉強方法~コーチングの資格は独学でも取得できる?

【目次】

 

コミュニケーションスキルは軽くみられる?

ストレスケア

日本では、さまざまな種類のスクールがあり、なんでも学べます。

しかし、コミュニケーションを本気で学ぶ人は、少ないように感じます。

 

プレゼンテーションやスピーチ力など「話す力」にお金をかける人は多いです。

しかし、「聴く力」にお金をかける人はあまり存在しません。

 

コミュニケーションは、「話す力」と「聴く力」があって、初めて機能します。

 

「聴く力」は、大切とわかっているけど、お金をかけるほどでもないと考えているのではないでしょうか。

 

それよりも、資格を持っていると仕事に有利と捉えられがちです。

しかし、資格を持っていても、コミュニケーション能力が無いと有利にはなりません。

 

 

 

 

 

自己啓発の種類はさまざま

自己啓発の種類はさまざまです。

語学から、パソコンスキル、プログラミング、各種資格など、多くの種類の自己啓発カテゴリーが存在します。

 

その目的は、自己PRするときのアピールポイントにしたいという理由が多いのかもしれません。

就職に有利な資格などのランキングもよく目にします。

 

しかし、取得しても、活用できていない資格も数多くあるのではないかと思います。

 

数多くあるスキルの中で、自己啓発で忘れられがちなのがコミュニケーションスキルです。

資格を持っていたとしても、コミュニケーション能力が無いと、活用できません。

 

しかし、コミュニケーション能力は、有名な資格が無いためか、後回しにされがちです。

 

 

 

 

 

 

社員に求められるスキルはコミュニケーション

社員に求めるスキルとして、常に上位にあるのがコミュニケーションスキルです。

しかし、自己啓発の対象になることは少ないです。

 

それは履歴書にかけるような、資格が無いからと考えられます。

 

 

社員にコミュニケーション能力を求める理由は、仕事の生産性向上です。

 

指示命令が伝わらない、報連相が無いなど、コミュニケーションが無ければ仕事が回らないからです。

 

 

コミュニケーションがスムーズでないと、仕事が進まなくなり、生産性が落ちます。

結果的に「競合他社との競争に負ける」につながります。

 

会社の生産性を高めるには、社員のコミュニケーション能力が必要なのです。

 

 

しかし、会社は「コミュニケーションをしっかり」と伝えるだけで、教育しようとはしません。

あったとしても、単発の企業研修ぐらいでしょう。

 

 

 

 

【コラム】傾聴力・質問力とは~コーチングスキルを活用したトレーニング方法

 

 

 

 

 

自己啓発にはコミュニケーション能力が一番

公平理論

仕事を進める上で、もっとも重要となるのが、コミュニケーションスキルです。

どんなに他のスキルが高くても、コミュニケーション能力がゼロであれば、仕事ができません。

 

極端な例で、プログラミングスキルは最高の技術を持っているけど、コミュニケーション能力がゼロのプログラマーの場合。

 

お客様からの要求を「聴く」ことができなく、自分のプログラミング技術について「伝える」こともできないのであれば仕事になりません。

 

 

仕事ができるかは「個別スキル×コミュニケーション能力」で決まります。

 

コミュニケーション能力は、各自が自己啓発により高める必要があります。

 

 

 

 

 

コミュニケーション能力が高まらない理由

重要で、会社から求められているコミュニケーション能力ですが、なかなか高まりません。

 

毎年「コミュニケーション能力を高めなさい」といわれ続けても高まりません。

 

何をもって、コミュニケーション能力が高いかどうか、不明確だからです。

何をしたらよいのか、わからないからです

 

 

自己啓発の対象として、「コミュニケーション能力強化が選ばれない」「選ばれたとしても単発の研修で終わってしまう」の問題があります。

 

 

その理由は、「履歴書に書けるような資格では無い」と、「自分はコミュニケーション能力があると思い込んでいる」が原因です。

 

人と話すの苦手な人は、コミュニケーションを学ぼうとしますが、そう感じていない人はコミュニケーションを学ぼうとはしません。

 

大切なのは、「人と話すのが得意」=「コミュニケーション能力が高い」ではないことです。

 

管理職になる人は、「人と話すのが得意」であることが多いです。

それでも、部下とのコミュニケーションに悩むことが多くあります。

 

 

 

 

 

 

 

コミュニケーションとは

コミュニケーション能力が高まらない理由は、「コミュニケーションとは」を正しく理解していないからです。

 

コミュニケーション能力を強化しなさい」と言われたら、プレゼンテーションスキルなど、「話す力」を学ぼうとされます。

 

相手を納得させる(言い負かす)技術がコミュニケーション能力と感じている方が多いです。

 

忘れがちなのが「聴く力」です。

 

コミュニケーションは「話す力」と「聴く力」で構成されています。

 

 

しかし、多くの方が、コミュニケーション能力というと、「話す力」ばかり強化しようとします。

 

そうすると何が起こるか。

 

意見の衝突が、発生します。

お互い、相手に自分の意見を通させようと試行錯誤します。

そして、お互い、相手にコントロールされたくありません。

 

 

相手の意見に対して「聴く耳」が無い人ほど、相手に自分の意見を納得させようとします。

 

人間関係が悪化し、コミュニケーションが上手くいかないようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コーチング・コミュニケーションを学ぶ

自己啓発

仕事をするうえで、コミュニケーション能力が重要です。

 

自己啓発として、コミュニケーション能力を強化する方法に、コーチング・コミュニケーションをオススメしています。

 

聴く力」を重点的に強化する方法だからです。

 

 

 

 

 

 

聴く力を強化する方法

聴く力を強化しなさい」と言われたら何をしますか?

 

何をしたらよいか、わからない人が多くいます。

 

 

なぜなら、学生時代にほとんどの人が、「聴く力」を学んだ経験がありません。

 

だから、人と話すスキルが得意でも、聴く力が無い人は多くいます

 

聴く力強化の自己啓発方法として、コーチング・コミュニケーションのトレーニングがオススメです。

 

 

 

 

 

 

 

コーチングスキルとは

コーチングスキルとは、傾聴」「質問」「フィードバックで構成されるスキルです。

 

クライアントの課題に対して「クライアントにたくさん本音で話してもらい、クライアント自身に中から気づきを引き出す」スキルです。

 

コーチングスキルを強化すると、相手は本音でたくさん話してくれるようになります。

 

この力が「聴く力」です。

 

 

自己啓発でコーチングスキルのトレーニングをすると、「聴く力」が強化されるのです。

 

 

 

 

【コラム】1on1ミーティングとは~目的と効果とメリット・デメリット~

 

 

 

 

 

自己啓発にコーチング・コミュニケーション

コーチング・コミュニケーション研修

自己啓発の種類はさまざまです。

 

多くの方が、とりあえず、転職に有利な資格取得に進むケースが多いと思います。

 

 

しかし、どんなに資格を持っていても、コミュニケーション能力が無ければ仕事になりません。

 

コミュニケーション能力は、あらゆる場面で必要な能力です。

 

自己啓発には、コミュニケーション能力強化がおすすめです。