就活うつを防ぐ~メンタルヘルス・ストレス対処法~

コーチング・コミュニケーション

コロナウイルス感染拡大による影響により、就職活動も大きな制限を受けています。就活を早く終わらせたい学生にとっては気がかりでしょう。

 

しかも不況が始まるのが確実なので、各社採用人数を絞り込み始める動きもあります。大企業志向でいると、厳しい状況に陥る可能性があります。

 

就活うつを防がなければなりません。就活生の売り手市場といわれる状況だったにもかかわらず、就活生の7人に1人が「就活うつ」になっているらしい。

 

内定がなかなか得られない場合、「自分が否定されているように感じる」などが「就活うつ」の原因と言われています。

 

就活うつになると、就職活動に大きな影響が出ます。就活うつを防ぐように、「相談する」「ストレス抵抗力を強化する」などメンタルヘルスを予防する対処方法が大切です。

ストレス対処方法について説明します。

 

 

【コラム】連鎖退職とは~若手社員が連鎖退職する原因と対処方法

【目次】

 

就活うつとは

メンタルヘルス

「就活うつ」とは、就職活動が上手くいかない原因により、メンタルヘルスが悪化して陥る「うつ」状態をいいます。就活で不採用が続くと、自己否定されている気分が原因です。

 

「就活うつ」状態になると、就職活動ができなくなり、また学生生活にも支障をきたす場合があります。

 

 

 

就活ストレスによるうつ症状

就活うつは、、周りの友人たちが先に就職が決まってしまうと、憂鬱な気持ちが強化されてしまいます。さらに精神的に落ち込む悪循環を発生させかねません。

 

就活生の7人に1人が「就活うつ」にかかっているといわれています。食欲の低下など、大きな気分の落ち込みを感じた場合は、「就活うつ」になる前に、すぐに「誰かに相談する」が大切です。

 

就職氷河期時代から考えたら、なかなか就活が上手くいかないのが当たり前でしたが、就活生優位の状態の中なかなか決まらないのはマイナスに感じるのでしょう。

 

それもコロナウイルス感染拡大による不況の始まりによって、就職活動の雰囲気も様変わりするかもしれません。ますます、就活うつになる人が増えるリスクがあります。

 

 

 

就活うつが発生するストレス要因

「就活うつ」が発生する要因はさまざまです。

 

・内定がなかなかもらえないので、自分の価値を否定されている気分になる
・他の就活生と比べ、自分だけが取り残されている気分になる
・何社も面接を受けて、生じる疲労感
・内定がもらえるには、どうしたら良いか悩み続けて感じる疲労感
・会社のレベルを下げていくと、人生のレベルが下がっていく感覚がする
・家族や友達からのプレッシャー

など

 

 

 

就活うつになる前に対処が必要

就活うつ、うつ状態になってしまうと、お医者さんでしか対応できなくなってしまいます。

回復までに時間を要し、就職活動どころか他の活動にまで影響を及ぼしてしまうリスクがあります。

 

就活うつが発症するまでに対処が重要です。気持ちが沈んでいる状態が続いている状態に気がつかないといけませんが、自分ではなかなか気がつけません。

 

常に周りの人とコミュニケーションをとり続けて、指摘してもらうのが大切です。

 

【コラム】部下のモチベーションを下げるタイプの上司にならない

 

 

 

就活うつになる理由

ストレスチェック

就活うつになる理由について説明します。就活うつに限らず、うつになる人は、わりと真面目な性格の人が多いといわれています。

 

就活で受けるストレスは大きなものです。しかし、同じようなストレス要因をうけても、それほどストレスに感じない人もいます。

 

ストレス要因のとらえ方を変えると、ストレスの回避ができます。「悩む」は、悪いことでは無いですが、悩み過ぎるとしんどくなります。

 

 

 

就活が上手くいかない

就活の上手くいかない。なかなか内定が取れない結果、自己否定されている気分になります。

 

周りの友達が先に就職が決まると、さらに自分自身が認められていないと感じるようになります。自己肯定感が削られてしまった状態が続き、うつ症状まで陥ります。

 

しかし、採用がなかなか決まらなくても就活うつにならない人もいます。

 

 

 

就活に対する個人の考え方

就活うつになる人、ならない人をわけるものは、個人的な考え方によります。就活うつになる人は、不採用通知をもらうと、人間として否定された気分になります。

 

就活うつにならない人は、不採用通知をもらっても、「この会社とは縁がなかったな、次行こう」と気持ちをすぐ切り替えられます。

 

早く就職を決めなければとの想いが強ければ強いほど、失敗に弱くなります。

 

良い会社に入らないと人生が失敗すると思いこみが強いので、不採用になったとき、人生に失敗した気分になります。

 

良い会社と思われている会社に入っても、パワハラで自殺に追い込まれる場合もあります。何が良い会社なのか、改めて見つめなおしが大切です。

 

 

 

ストレスの強さは価値観が左右する

ストレスをどのような時に感じますか?一般的には危険を感じたときや、自分の価値観どおりに事が運ばない時です。つまり「ねばならない」が強すぎるとストレスを感じやすくなります。

 

「この会社に就職しなければならない」想いが強ければ強いほど、ダメだった場合の反動のストレスが大きくなります。

「この会社はダメ元でうけてみる」想いの人は、ダメでもさらっと流せるので、ストレスは相対的に小さくなります。

 

このように書くと「強い想いを持ってはいけないのか?」と捉えられるかもしれません。そうでは無いです。状況に柔軟に合わせるのが大切です。

「就活うつ」になるぐらいなら・・という話です。

 

※何回失敗しても気にしない人がいる一方、1回の失敗をずっと引きづる人がいます。何が違うのでしょうか?誰かにそうしなさいと言われているわけではないと思います。「気にする」「気にしない」は自分で決められます。

 

 

 

思い込みを強化して「就活うつ」に

心理学的なお話しです。

 

人は偏見を持ってしまうと、偏った視点で物事をとらえるようになります。大企業志向の人は、大企業のデメリット、中小企業のメリットを見ないようにします。

 

自分はダメだと思うと、ダメな部分ばかりに目が行きます。思い込んでいる通りに、物事がおきると安心するといわれています。

 

就活をしていて自己否定にはまり始めたら、それを強化するように思考が働き始めます。内定がとれたとしても、本当に自分で良いのだろうかと悩む場合があります。

 

強化した結果、「就活うつ」につながる可能性が高まります。

 

人の心理はさまざまなので、一つの例です。大切なポイントは、「客観的に自分を見る時間をつくる」です。中立的な立ち位置にたてば、自身の思考の偏りに気づけます。

 

しかし、なかなか自分で気づくことは難しいです。家族や友達からの客観的な視点に素直に耳を傾けてみましょう。

 

 

 

 

就活うつを防ぐストレス対処方法

コーチング・コミュニケーション

就活うつを防ぐストレス対処方法について説明します。上述したように、思い込みを補正しないと、なかなか改善が進みません。

 

 

 

疲れを溜めない健康的な生活を意識する

ストレス耐性を強くする、ストレスの少ない生活が大切です。規則正しい生活、バランスの取れた食事、十分な睡眠時間、適度な運動の時間が重要です。

 

もし時間が無い場合、それは思い込みにとらわれている可能性が高いです。「忙しい」と言葉を使っている場合、本当にそうなのか?見つめなおしが必要です。

 

「就活うつ」など健康を害してまで、本当にしなければいけない用事で忙しいのか?見つめなおしてみてください。

 

 

 

 

就活を頭から離す時間帯をつくる

就活うつになるまでは、ネガティブな感情を持ち続けている時間が長くなれば、積み重ねによって大きくなります。

 

四六時中、「自分はダメだ」と考え続けていたら、就活うつになってしまいます。「自分はダメだ」と考えてても何も変わりません。

 

時間を、別の物事に意識を向ける時間に使いましょう。

 

就活やストレス要因を頭から話す方法に次のようなものがあります。

・睡眠
・運動
・読書
・マインドフルネス(瞑想)
・音楽を聴く

 

その他、時間を忘れて夢中になれるものがあれば、それに取り組むと良いでしょう。

 

 

 

自分の考え方が思い込みに縛られてないか確認する

同じ出来事があってもストレスに感じる人もいれば、ストレスに感じない人もいます。

何か大切なものを無くした経験に、ずっと後悔し続ける人もいれば、サクッと気持ちを切り替えて新しい物を購入して忘れてしまう人もいます。

 

それは、「~でなければならない」思い込みが強ければ強いほど、失敗への後悔を引きづります。

就活うつに関しては、不採用になったけど、本当にその会社でなければならないのか考えてみるのが大切です。

 

大学受験なども、本命ではない大学に行ったとしても、それなりに楽しかったのではないでしょうか。

給料や福利厚生だけを見て入っても、思ったような仕事ができなければ、楽しくないかもしれません。

 

【コラム】チームワークの一体感を醸成するコミュニケーション方法

 

 

 

コーチングによるメンタルヘルス対処法

働きがい

「就活うつ」になってしまったら、お医者さんしか対処できません。「就活うつ」にならないように「予防する」が大切です。

「就活うつ」を回避するには、思い込みをいったん解除する仕組みをとりいれます。メンタルヘルス強化にオススメするのがコーチング・コミュニケーションです。

 

 

 

コーチング・コミュニケーションを活用する

メンタルヘルスを守るコミュニケーションにコーチングの活用をオススメします。コミュニケーションは2つの方向が存在します。

 

他人もしくは自分とのコミュニケーションです。「就活うつ」を回避するには、自分自身とのコミュニケーションの改善が必要です。

 

それをサポートするのがコーチングスキルです。コーチングセッションを受ける効果は以下のようなものがあります。

 

・目的、目標が明確になる
・視点が広がり、ポジティブな面にも目を向けられる
・考え方が柔軟になる
・行動がうながされる
・自信が高まる
・成長がうながされる
など

 

人が悩むのは「わからない」からです。「就活うつ」を避けるのに、「わからない」をコーチングを受けて、見える化していきます。

コーチングセッションを自分自身に行うのをセルフコーチングといいます。

 

 

 

セルフコーチングでメンタルヘルスを守る

「就活うつ」対策として受けるコーチングセッションはプロコーチから受ける方が効果が高いです。しかし、セルフコーチングであれば気軽に行えます。

 

自分自身に対して、コーチングで使われる質問を行います。目的を明確にするとした場合は以下のような例があります。

 

・どうしてその会社に就職したいのですか?そしてそれは事実ですか?思い込みですか?
・やりたい仕事に向けてどのような努力をしてきましたか?本当にやりたい仕事ですか?
・5年後どのような仕事をしてたいですか?
・その会社で、5年後その仕事ができる理由を教えてください
・誰のために就活してますか?自分のためだとしたら重視するポイントは何ですか?
などです

 

現状のレベルを「客観的に認識する」が大切です。「自分のレベルが足りていないからダメ」との認識より「今の自分はこのレベル」とニュートラルな認識をしてください

 

出身大学、学部学科、部活など、学生ごとに状態はさまざまです。「良い悪い」は無いです。現状を正しく認識したうえで、「これからどうなりたいか」が大切です。

 

【コラム】連鎖退職とは~若手社員が連鎖退職する原因と対処方法

 

 

 

話を真剣に聴いてくれる人を見つけよう

コーチング・コミュニケーション

就活うつが問題になっています。コロナウイルス感染拡大による不況の始まりにより、就活生の困難な状態は広がる可能性があるかもしれません。

 

1年前までは、学生優位の状況だったのが、急に逆転するわけで、とてもついていない気分になると思います。それでも就職氷河期よりもだいぶマシです。

 

就職について、どのように考えるかが大切です。一概にはいえませんが、「安定した有名企業に入れないと認めてもらえない」と思い込みが強いからではないかと考えています。

 

それは正しいかもしれませんが「大企業じゃない方が、やりたい仕事ができる可能性が高い」も正しい場合もあります。

 

どの会社に入ったから、どうなるかはわかりません。だから不安になるのはわかりますが、不安から逃げようとばかり考えていても追い詰められてしまいます。

 

「就活うつ」になりかねません。不安と正しく向き合う態度が大切です。

 

自分自身が落ち込んでいる状態になっているとは、周りの人しか気づいてくれないかもしれません。話を聴いてもらうだけでもストレスを吐き出せます。

 

弊社ではビジネスコーチングを行っています。入門セミナーも開催していますのでご活用ください。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】