権限委譲の意義と方法-チームの成果を最大化する

コーチング・コミュニケーション

上司という立場になると、部下をどのようにマネジメントするかが課題になります。若い社員の価値観の変化に戸惑ったりすることも多いでしょう。しかし、チームの生産性を最大化するためには、柔軟に仕事を権限委譲していくことが大切です。上司がすべての仕事を抱えていては、チームの生産性は頭打ちになるからです。

権限委譲の意義と実行する方法について説明します。

【上司と部下のコミュニケーションを改善する方法】

【目次】

 

権限委譲の意義

コーチング・コミュニケーション

上司の仕事は、どのようにチームをマネジメントをしていくかです。そして上司の責任は、チームの生産性を最大化することです。そのため、部下に権限委譲することが重要です。

権限委譲とは、Weblio辞書には次のようにあります。

上司のもつ権限を部下に与え、任せること。

権限委譲の目的は、上司、あるいは経営者の権限を部下に委譲することで部下に責任を持たせ、部下のモチベーションを高めることや事業部内における活性化などを図ることにある。また、上司、あるいは経営者の負担を軽減することも目的の1つである。

権限委譲は、部下の業務能力や上司の指揮能力に依る部分が大きい。そのため、権利委譲の不可能なケースや、権利委譲によってプロジェクトの進行が鈍化したりする場合もある。

(出典:Weblio辞書:https://www.weblio.jp/content/権限委譲)

権限委譲の意義・意味について説明します。

 

部下の育成

権限委譲が大切な理由として、部下の育成が挙げられます。権限委譲せずに上司がすべて仕事をしていては、部下はいつまでも成長できません。部下に仕事を任せ、将来の管理職として育成していく必要があります。部下が成長してくれることによって、チーム全体としての生産性が高まります。

 

上司自身の役割

上司自身の役割を果たさなければならないことも権限委譲しなければならない理由です。上司が全て仕事を抱えてしまっていては、生産性が悪くなります。チームで仕事を分担した方が生産性は高くなります。そして何よりも上司自身の役割は、チームの将来ことも考えてマネジメントしていく必要があります。

日々の仕事に追われて、将来のことを考えてなかったということになると困ります。リスクマネジメントができていないと、コロナウイルスの感染拡大などの問題が発生したとき後手後手に回ることになります。

【上司と部下のコミュニケーションを改善する方法】

 

権限委譲ができない理由

ストレスケア

権限委譲することは、管理職になった時点で大切だといわれているかもしれません。しかし、現実的には権限委譲がなかなか進まない問題が存在します。権限委譲ができない理由を説明します。

 

自分がやった方が早いと考える

上司の役割は、チームの生産性を最大化することです。たしかに、上司になった時点は上司自身の方が部下よりもスキルが上なので、上司が仕事をやった方が生産性は高いでしょう。

しかし、チームを成長させていくことを考えれば、権限委譲できなければチームの生産性はそこで頭打ちになります。何か変える時は、必ずパフォーマンスが一旦落ち込みます。それを受け入れる勇気が上司には必要です。

 

失敗への恐れ

上司が部下に権限委譲できない理由に、失敗の恐れがあります。部下の失敗は、上司の責任になるからです。責任を取りたくない上司は、部下に権限委譲することを恐れます。部下の失敗も含めてマネジメントすることが権限委譲にはもとめられます。

【上司と部下のコミュニケーションを改善する方法】

 

 

権限委譲を実行する方法

コーチング・コミュニケーション

権限委譲の壁を乗り越えて実行する方法について説明します。権限委譲をいきなり全部すると、破たんします。段階的に権限委譲していくことが重要です。

 

段階的に権限委譲する

部下自身も、いきなり全ての仕事と責任を任されるとプレッシャーを感じるでしょう。部下の状態を確認しながら、段階的に権限委譲していくことが大切です。

作業だけを任せて、チェックは上司がするというところから始めるのも大切でしょう。部下に仕事を安心して権限委譲できるためには、部下と信頼関係を構築することが大切です。

 

コミュニケーションを密にする

部下と信頼関係を構築するためには、部下とのコミュニケーションを密にする必要があります。また、コミュニケーションを密にするだけでなく、コミュニケーションの質も改善することが大切です。いつもミスを怒鳴ってばかりしては、部下も委縮するでしょう。できるだけ責任のある仕事を避けようとするようになるでしょう。

権限委譲をスムーズにするためには、部下が主体的に仕事に望んでくれるようにマネジメントすることが大切です。そのためにはチーム内のコミュニケーションを改善することが重要です。

【上司と部下のコミュニケーションを改善する方法】

 

 

権限委譲でチームの生産性を最大化する

コーチング・コミュニケーション

管理職になると、組織のリーダーとしてマネジメントを任されます。組織の生産性を高める、コロナウイルスの感染拡大など環境変化に柔軟に対応できる組織にするなどが必要になります。

そのためには、上司が自分自身の仕事でいっぱいいっぱいになっていては、何もできません。権限委譲を進め、上司自身に余裕を設けることが大切です。権限委譲を進め、チームの生産性を最大化してください。

【上司と部下のコミュニケーションを改善する方法】