新型コロナ倒産、破綻、解雇、雇い止めにどう備えるか?

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

新型コロナウイルス関連の倒産や解雇、雇い止めのニュースが毎月報道されますが、深刻さが増しているように感じます。

国も対策に取り組んでいるようですが、効果が感じられません。

 

各企業、個人が独自に身を守る手段を考えていかなければならないでしょう。

 

しかし、そう簡単ではありません。

それぞれがビジネスを作り出す力がもとめられますが、そう簡単に身につくスキルではありません。

 

これから状況はますますの悪化も予想されます。早め早めの準備が大切です。

 

 

 

【コラム】コーチングは独学でもマスターできる?~効果的な勉強方法~

【目次】

 

新型コロナによる影響が止まらない

コーチング・コミュニケーション

気温が高くなったらおさまるのかと期待されていた新型コロナウイルスですが、記録的な猛暑が続く状況でも終息の気配がありません。

 

新型コロナ関連倒産や、解雇、雇い止めの数も増加傾向にあります。

 

 

 

 

 

 

倒産・破綻

新型コロナウイルス関連倒産の増加が止まりません。

 

帝国データバンクによると、2020年8月31日時点で、480件に到達しています。

 

中でも飲食店、ホテル、旅館など売り上げの落ち込みが激しかった業種が多いです。

 

そして、その影響は全国へと広がっています。倒産、破綻の影響により仕事を失った人も多いでしょう。

(参考:https://www.tdb.co.jp/tosan/covid19/index.html)

 

 

 

 

 

 

解雇・雇い止め

新型コロナウイルス関連の解雇・雇い止めの増加も止まりません。2020年8月31日時点で5万人超が仕事を失いました。

 

国が、雇用調整助成金の特例など支援を打ち出していますが、思うような効果が上がっていません。

 

新型コロナの影響で、求人も減っていて、再就職も難しいようです。

 

今後、収入の減少が消費の落ち込みにつながり、企業業績をさらに悪化させていくと予想されます。

(参考:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200901/k10012594191000.html)

 

 

 

【コラム】コーチングを副業にする~楽して稼げる仕事は無い~

 

 

 

不況は長期化する?

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

新型コロナウイルスが経済に与えている影響は、リーマンショックを超えると想定されています。

 

現時点ではまだ耐えていますが、信用不安につながると大変です。今後、さらに新型コロナウイルス関連倒産が増加すると、お金を返してもらえない銀行が大きなダメージをうけます。

 

銀行の倒産が発生し始めたら、不況は長期化が予想されます。

 

 

 

 

 

 

デフレスパイラルの恐れ

失業者が増える⇒収入が減る⇒消費が落ち込む⇒物が売れなくなる⇒企業業績が悪化する⇒失業者が増える⇒・・・

 

デフレスパイラルに陥ると大変です。

 

失われた20年の再来となってしまう恐れがあるからです。そのため、国は必死にデフレを防ごうとするでしょう。

 

 

 

 

 

 

アベノミクスの終了

安倍首相が体調不良により、突然退任されました。

長期的なデフレスパイラルから完全とはいかないまでも抜け出させたのは安倍首相の功績です。

 

しかし、アベノミクスも終わりました。

 

新政権がどのような経済対策を行ってくるかわかりません。

 

どうしても、新型コロナウイルスの対応について後手後手感がいなめません。

経済政策が第一といっても、効果がいまいちです。

 

あまり国に期待しすぎない方が良いように感じます。

 

 

 

 

 

 

 

どのように乗り越える

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

では、この苦境をどのように乗り越えればよいのか。

現実的には、難しいと思います。簡単であれば、ニュースにならないでしょう。

 

基本は好調なうちに、どれだけ保険をかけておけるかが重要です。

 

病気になってから慌てても保険に入れません。とはいっても、あきらめるわけにはいきません。どうにかしてあがいて乗り越えるしかないでしょう。

 

 

 

 

 

 

起業・副業・フリーランス

勤めている会社が倒産したり、解雇などにあって失業しても大丈夫なように副業する方法があります。

 

大切なポイントは、一人でビジネスをするです。

 

他でも雇われていると、両方の会社が倒産したら同じ状況になります。いざとなれば起業やフリーランスになれるように準備がおすすめです。

 

子どもがいるから働きに行けないのであれば、そのニーズに応えるビジネスを自ら始める方法もあります。

 

子どもがいるからこそ働けるビジネスも考えられます。どちらにしろ、急には考えられません、早め早めに行動しての準備が大切です。

 

 

 

 

 

 

WEB関連スキルを習得する

WEB関連スキルの習得をオススメします。

最近はなんでもインターネットを活用する流れがあります。新型コロナの影響によりますますその傾向が強くなりました。

 

ホームページ作成、WEBライティング、WEBデザイン、プログラミング、ユーチューバー、SNS、WEBマーケティングなど、パソコン一台あればできる仕事が多いです。

 

もちろん競争が激しく集客が大変です。しかし、長い目で見て、WEB関連ビジネスは増えるケースはあっても減るとは考えにくいです。

 

ココナラ、ストアカ、集客するにもWEB関連の知識があると優位です。パソコン一台あればできる仕事であれば、子育てしながらでも可能でしょう。

 

繰り返しになりますが、競争は激しいです。そしてスキル習得も時間を要します。

 

 

 

【コラム】コミュニケーション能力が低いのは上司と部下のどちらでしょう?

 

 

 

 

早めの行動が保険になる

コーチング・コミュニケーション

アベノミクスの経済成長が止まったところに、新型コロナウイルスが追い打ちをかけてきました。

 

思った以上に影響が長引き、企業も耐えられないところが増えてきています。

そのため、今後も失業者は増えていくでしょう。

 

 

コロナの影響にあって、早めに準備しておけばよかったと感じた人も多いのではないでしょうか。

 

そう感じたなら今からでも準備を始めましょう。今回の不況の影響はさらに大きくなっていくと予想されます。

 

準備にも時間がかかります。早めの行動を意識しましょう。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】