コミュニケーションに必要な要素~聴く力の強化~

コーチング大阪コミュニケーション

企業間競争がグローバル化したことによって、仕事の範囲が広がっています。そして、人手不足の影響により、一人一人の負担は大きくなっています。

 

そして、仕事の規模が大きくなってきているので、一人で完結できる仕事は少なくなってきました。チームで仕事をするケースが増えています。

 

そこで強化を必要とされているのが、コミュニケーション能力です。そして、なかなか改善しないのがコミュニケーション能力です。

 

今後、どんなにIT技術や通信速度が速くなっても、人間同士のコミュニケーションがボトルネックになる可能性がありますが、すぐに良くなるものではありません。

 

コミュニケーション能力強化に必要なことを説明します。

 

 

【コラム】チームワークの一体感を醸成コミュニケーション方法

【目次】

 

仕事で必要なスキル

コーチング・コミュニケーション

仕事で必要なスキルといえばどのような物でしょうか?汎用的なスキルから専門的なスキルまでさまざま存在します。

ほとんどのスキルについて、コミュニケーション能力というベースがないと効果を発揮できません。

 

 

 

知識や経験をもとめすぎ

多くの方が、履歴書に書けるような資格などスキルをもとめがちです。確かにそれも大切です。スキルを磨けば磨くほど生産性が高まります。

 

しかし、それは個人で完結できる仕事に限られます。チームで仕事をする場合、どんなにスキルがあっても、誰ともコミュニケーションが取れないようであれば仕事になりません。

 

 

 

コミュニケーション能力

多くの会社が、社員にもとめるスキルに、コミュニケーション能力を上位に挙げています。しかし、あまり本気で取り組んでいるように感じません。

 

いつまでたってもコミュニケーション能力が課題と言い続けています。

 

報告・連絡・相談をすぐにする社員がいる会社と、隠ぺいする会社。どちらの業績が良さそうかはイメージできると思います。

 

【コラム】テレワークによるコミュニケーション不足の課題の対策方法

 

 

 

高まらないコミュニケーション能力

コーチング・コミュニケーション

コミュニケーション能力が高まらない原因は何でしょうか?大きな要因は課題がわかっていないからでしょう。何を改善したら良いかわかっていないから、何も改善されないと感じます。

 

 

 

コミュニケーションの本質を知らない

日本語同士なので、コミュニケーション能力が高くなくても、とりあえずは伝わった感じがします。

報告・連絡・相談が無いのは、報告・連絡・相談をしてこない方が悪いと考えています。

 

問題を問題と認識しないのであれば、いつまでたっても改善しません。コミュニケーションという言葉を気軽に使いますが、意味をよくわかっていない人が多くいます。

 

普段行っているのが、カンバセーション(会話)なのかコミュニケーション(通信)なのか理解が大切です。

 

 

 

コミュニケーション能力とは

コミュニケーション能力とは、情報伝達、通信の能力です。送信と受信があって初めて成り立ちます。

 

目的は「共有する」です。「がんばる」や「むずかしい」など、曖昧な言葉の、具体的内容まで共有できて、初めてコミュニケーションがとれたといいます。

 

コミュニケーション能力でカギになるのが、「聴く力」です。「聴く力」が無いと、正確に共有できません。

 

 

 

 

 

コミュニケーション能力とコーチングスキル

コーチング・コミュニケーション

コミュニケーション能力強化には「聴く力」の強化がもとめれますが、多くの人が「聴く力」の強化方法をわかりません。

コミュニケーション能力強化というと、「話す力」ばかり強化しようとするからです。だから、ひずみが生じるのです。

 

「聴く力」の強化方法について、コーチング・コミュニケーションの導入をオススメします。

 

 

 

 

コーチングとは

コーチングとは、「聴く」に重点をおいたコミュニケーションスキルです。目的は、「相手の成長をサポートする」のに活用されるスキルです。

 

1on1ミーティングなどでも活用されています。コーチングが上達すればするほど、「聴く力」が強化されます。

 

 

 

 

聴く力とコーチングスキル

コーチングが上達すると「聴く力」が強化されます。「聴く力」とは、「相手が本音でたくさん話してくれる量」で決まります。

 

コーチングスキルは、「傾聴」「質問」「フィードバック」で構成されます。これらを駆使して、相手の本音を引き出します。

 

前提に、信頼関係が最も重要になります。どんなにコーチングスキルを練習しても、嫌われている状態では何も効果がありません。

 

部下が報告・連絡・相談がしないのではなく、上司が報告・連絡・相談をしてもらえないだけの可能性があるという点です。

 

【コラム】コーチングビジネスが怪しい、胡散臭いと感じる理由

 

 

 

コーチング・コミュニケーションを取り入れる

コーチング・コミュニケーション

会社での仕事は、チームワークが必要になります。良いチームワーク、悪いチームワークをわけるものはコミュニケーション能力の質です。

 

良いコミュニケーションがとれるかどうかは、お互いに信頼関係ができているかに関わります。

コーチング・コミュニケーションは、信頼関係が必須なので、信頼関係づくりの方法から始まります。

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】