社員のやる気を引き出す人材育成方法

コーチング・コミュニケーション

労働生産人口が減少傾向の中にある中、企業は優秀な人材の囲い込みが企業の課題となっています。優秀な人材の新規採用は難しいので、社内での人材育成の強化が重要です。

 

しかし、人材育成はとても難しいものです。指導する上司や先輩によって人材育成の効果は大きく左右されます。やる気の低い社員を指導するのは大変でしょう。

 

人材育成の効果を高めるには、上司や先輩が社員のやる気を高めるのが大切です。

 

社員のやる気を引き出す方法としてコーチングについて説明します。従来の指導方法、ティーチングとの違い、メリット・デメリットの理解が大切です。

 

 

【コラム】1on1ミーティングとは~目的と効果とメリット・デメリット~

【目次】

 

人材育成が最重要

コーチング・コミュニケーション研修

人材育成が大切だとは多くの経営者・管理職が感じています。しかし、実際効果を上げる人材育成は難しい状況です。

中小企業ではOJTが中心になり、教育が苦手な熟練技術者も数多くいると耳にします。

 

人材が育たなかったら、生産性が上がりません。生産性が上がらなければ会社の業績もよくなりません。人材育成方法の改善が求められています。

 

 

 

人材と会社の成長は相関する

営業力は、1時間で10売れる人材と、20売れる人材では異なります。人材育成が成功すれば会社の業績はアップし、成長につながります。

 

多くの経営者が売上アップ方法とかコストダウン方法など、知識を優先して求めがちですが、売上アップの方法もコストダウンの方法も社員の成長によって生み出される方が効果的です。

 

これからの企業間競争は、インターネットやデータベースなどツールの差はほとんどなくなります。企業間競争は人材獲得もしくは人材育成の競争になってきます。

 

 

 

人材育成費用は削減しない

日本は業績が悪化すると、人材育成費用から削減する傾向にあるそうです。欧米など外国企業は、人材育成費用の削減はできるだけ手をださないそうです。

 

なぜなら、会社は社員が成長しない限り、成長できないと分かっているからです。人材育成は重要ですが、実際効果を上げられていないのも事実です。

 

教育訓練が充実していた大手電機メーカーも消えていきました。教育訓練が一時的な物にならないように、継続的におこわなれるような仕組みが必要です。

 

 

【コラム】チームワークの一体感を醸成するコミュニケーション方法

 

 

 

 

人材育成の方法はティーチングかコーチング

コーチング・コミュニケーション

人材育成の方法と言えば、OJTかOff-JTかと考えるでしょう。確かにその方法が一般的です。しかし、持続性はどうでしょうか?

 

OJTもOff-JTもどちらも、ティーチングで行われる人材育成が一般的ですが、それだけでは限界が現れています。コーチングスキルの活用に注目が集まっています。

 

 

 

ティーチングとは

ティーチングとは、その名の通り「教える、指導する」です。先生の知識や経験を教わります。

日本の伝統的な詰込み型教育です。メリットは、答えを先に教えてもらえるので、解決は早いです。

 

デメリットは、「バラつきが大きい」、「持続性が無い」です。

 

学生も同じですが、40人ぐらいの生徒が、同じ先生に同じように教えてもらっても、成績にばらつきが出ます。

また、ティーチングだけに偏り過ぎると、教えてもらえないと動けなくなります。考える力が弱くなるのです。

 

 

 

コーチングとは

コーチングとは、ティーチングとは逆で「答えを教えず、考える力をつけるサポートする」です。原則的に、答えを教えません。

 

メリットは、考える力を養います。ビジネスの世界は過去の方法が通用しない未知の課題が多いので、考える力が重要です。

また、「なんのために」を考えてから主体的に学ぶので持続性が高まるメリットがあります。

 

デメリットは、答えを見つけるまで時間がかかるという点です。人材育成は長期的な計画になるので、コーチングを取り入れる人材育成が望ましいです。

 

 

 

 

 

 

 

部下の人材育成を担当する上司の関わり方

コーチング・コミュニケーション

人材育成と考えると、基本的にはOJTになります。

そのとき、どのように上司が人材育成に関わるかによって部下のやる気が変わります。

 

もちろん部下の成長欲求を刺激できる上司である方が、チーム全体の生産性はアップします。

 

 

 

部下のやる気を高められるか次第

部下が与えられた仕事に、どう思うかによって部下のモチベーションは変わります。社員が会社を辞める理由の上位に「仕事の質が低い」という問題があります。

 

「なんのために、これをさせられているのかわからない」となると、やりがいを感じません。モチベーションが下がって離職してしまいます。

 

逆に、「やりがい」を与える仕事を与えられると、部下は主体的に成長しようとします。

同じ仕事でも、やりがいを感じさせるかどうかは上司が仕事内容についてどのように伝えるかにかかっています。

 

 

 

1on1ミーティングとコーチングスキル

人材育成、部下の成長を目的に、1on1ミーティングを導入する企業が増えています。

 

1on1ミーティングとは、上司と部下の1対1のミーティングです。評価面談とは異なり、週1回~月1回の頻度の高いペースで実施します。

 

部下がどんなキャリアアップをしていきたいのかを引き出し、上司はそれをサポートします。

 

これを頻度を上げて行い、部下の主体的な成長を促します。導入する企業が増えていますが、デメリットは上司のスキルに左右されるという問題です

 

スキルの低い上司が、1on1ミーティングをしたところで、なかなか効果は表れません。

1on1ミーティングのスキルを高めるのにコーチングスキルのトレーニングを取り入れる仕組みをオススメします。

 

 

【コラム】連鎖退職とは~若手社員が連鎖退職する原因と対処方法

 

 

 

 

コーチング・コミュニケーションを学ぶ

チームビルディング

コーチング・コミュニケーションはコーチングスキルを取り入れた、「聴く力」に重点をおいたコミュニケーションです。

1on1ミーティングで効果を高めるには、「聴く力」を強化する必要があります。

 

多くの方が「聴く力」のトレーニングをした経験がありません。なかなか1on1ミーティングで効果を高められません。

ただの愚痴を聴く場になったり、雑談になったりします。

 

人材育成の効果を高めるには、上司と部下の関わり方が重要です。質を高めるには、上司のコミュニケーション能力の強化が必要です。

 

コミュニケーション能力の強化には、コーチング・コミュニケーションを学び、人材育成の効果を高めましょう。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】