中小企業の離職率を下げる~低い定着率の改善策~

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

コロナウイルス感染拡大による影響により、中小企業は従業員の給料をどうやって工面しようか資金繰りに苦しんでいます。

コロナウイルス感染拡大の前までは、人手不足だと人材獲得に必死だったのが一転して大きく変わりました。

 

今後注意したいのは、やっぱり中小企業は危ないイメージがついて、優秀な人材の離職です。ただでさえ労働者は大企業志向になっています。

コロナウイルス感染拡大による不況をどのように乗り越えて、離職率の改善するかが今後ますます重要になります。

 

【コラム】連鎖退職とは~若手社員が連鎖退職する原因と対処方法

【目次】

 

中小企業は離職率の改善策がもとめられる

コーチング・コミュニケーション

中小企業にとって社員の離職率は大きな問題です。もし優秀な人材の離職につながると大変です。

 

 

人的リソースが少ないから

中小企業は大企業に比べて、もともと人的リソースが少ないです。労働者は大企業志向であるので、中小企業は優秀な人材の確保はハードルが高いです。

 

離職率が高くなると大変です。せっかく優秀な人材に育てても、辞められて大企業に行かれてしまうと、育成にかかったコストが無駄になります。

また、同じ人材を確保するまで生産性が大きく落ち込みます。

 

 

 

離職率が高くなると生産性が落ち込む

優秀な人材が辞めてしまうなど離職率が高くなると生産性が落ち込みます。離職につながらないまでも、離職率が高い点は、社員のモチベーションが低いといえます。

 

社員のモチベーションが低い問題は、会社の生産性が低い問題になります。モチベーションの低い社員が多い会社は企業間競争で負ける可能性が高まります。

会社を持続的に成長させていくには離職率を下げる施策が大切です。

 

【コラム】部下が退職を決意する前にモチベーション低下の理由に気づく方法

 

 

 

中小企業が離職率の改善が進まない理由

コーチング・コミュニケーション

中小企業では離職率の改善がなかなか進まない課題があります。離職率の改善が進まない理由は、改善の取り組みが弱い点が考えられます。

離職率が高い要因は、社員の退職理由ランキングなどを調べるとわかります。

 

 

将来性に対する不信感

中小企業の場合、会社の将来性に対する不信感などがあります。

何年たっても同じ仕事をしている。
いつも会社の業績が苦しそう。
職場の高齢化が進んでいる。
給料がぜんぜん改善されない。

 

などがあれば、この会社は成長していないとわかります。そうなると、この会社にいては危ないと感じるようになり、より将来性の感じる会社を探します。

 

 

 

他の会社がよく見える

よく中小企業の大変な状況がニュースなどで報道されます。コロナウイルス感染拡大による影響により、中小企業はやっぱり駄目なのだとの印象が広がっています。

 

他の会社の友達と意見交換をしたり、インターネット上で他の会社の情報が入ってくると、他の会社がよく見えます。

 

自社よりももっと良い条件で働けるところが募集しているなら、そこで働きたいと考えるようになります。それが実際に退職につながると離職率を高める問題につながります。

 

 

 

 

 

中小企業の離職率の改善策

コーチング・コミュニケーション

中小企業の離職率の改善策について説明します。基本的には、上述した離職につながる要因を解消する取り組みが必要になります。

 

 

将来性を感じられるようにする

会社の将来性を感じなくて離職してしまうのは仕方がないです。だれも沈みそうな船には乗っていたくありません。

 

経営者や管理職は、この会社は将来に向かって成長していくのだと期待を感じさせなければなりません。そして、それは口だけにしない点が重要です。

 

口では大きいことを言っているのに、何も変わらないのであれば信用を失います。また、社員自身がこの会社で成長できるのだと期待も感じさせなければなりません。

 

先輩が成長している必要があります。若手社員は先輩の仕事の姿勢を自分の将来とみます。

 

 

職場内の人間関係を良くする

離職率の改善には、職場内の人間関係が大きな要素となります。退職理由ランキングの上位にも人間関係がきている点から、とても重要なポイントとわかります。

 

また、他社と待遇面で比較したらキリがありません。中小企業が社員の離職率を下げるには、人同士の信頼関係、チームワークなどの良さでつなぎとめるしかありません。

 

この人たちと一緒に仕事をしたい気持ちが高まる仲間づくりが重要です。それだけは他の会社に無いものだからです。

 

 

【コラム】チームワークの一体感を醸成するコミュニケーション方法

 

 

 

コミュニケーション強化が離職率の改善策

コーチング・コミュニケーション

働き方改革、終身雇用制度の崩壊、就活ルールの廃止、定年延長など労働者の働く環境が大きく変化しています。転職が当たり前になってくるなか、重要なのが優秀な人材の囲い込みです。

 

企業間競争は結局は人材の能力の差になってくるからです。離職率を下げて、定着率を高められるほど、社員を長期プランで育成できます。

 

離職率を下げる施策が、中小企業にとっては必須です。そして待遇面をそれほど改善できない中小企業は、人間関係を改善するコミュニケーション能力強化が離職率改善のポイントになります。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】