傾聴力・質問力-コーチングスキルを1on1ミーティングに活用

コーチング・コミュニケーション研修

人材不足や早期退職募集、新卒一括採用の廃止など、人材の流動化が大きくなるかもしれません。

働き方改革の影響もあり、人材の育成を強化し、組織の生産性を向上させようという動きが強くなっています。1on1ミーティングの導入が広がっているのもそのためです。

1on1ミーティングはとても有効な手法ですが、上司に「傾聴力」「質問力」があるかによって効果に左右されます。「傾聴力」「質問力」を強化するために、コーチングスキルをオススメしています。

1on1ミーティングとコーチングスキルの関係について説明します。

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】

 

【目次】

 

 

1on1ミーティングとは

コーチング・コミュニケーション

1on1ミーティングとは、上司と部下の1対1の面談のことです。近年、大企業を中心に導入が進んでいます。

これまでの上司と部下の面談との違いについて説明します。

 

 

1on1ミーティングの目的と効果

1on1ミーティングの目的は、部下の成長です。評価面談と異なるのは、「部下を指導する」ではなく、「部下の主体性を引き出す」ところです。面談中、話しているのは部下の方になり、上司は聴き役に回ります。

1on1ミーティングの導入の背景は、上司の一方的な指導では問題が生じてきました。

・指示されないと動かない
・わからないことに対して考える力が無い
・言われたことだけをやっているので、モチベーションが低い

これらの結果、生産性の低下や離職率の上昇などの原因へとつながります。これらの問題を改善することが目的として導入されたのが、1on1ミーティングです。部下が主体的に考え、行動し、それを上司がサポートすることによって、部下の成長を促します。

 

 

1on1ミーティングの進め方

1on1ミーティングの評価面談との違いは、頻度です。1週間に1回~月に1回のペースで実施します。1回あたり30分~1時間程度行います。その時間の8割ぐらいは部下が話をしている状態をつくります。

 

テーマや進め方はルールがあるわけではありません。テーマは部下が決めます。進め方はGROWモデルに沿って進めることが一般的です。GROWモデルとは以下の単語の頭文字をとったものです。

Goal(ゴール)
Reality(現状)
Option(選択肢)
Will(意思)

 

参考に進め方を紹介します。

1.前回のセッション後、行動してみた結果を確認する
2.今回のセッションで話したいテーマを確認する
3.そのテーマについて、理想の状態(ゴール)を確認する
4.(ゴール)に対する(現状)を確認する
5.(ゴール)と(現状)のギャップを埋める施策(選択肢)を確認する
6.次のセッションまでに行う施策を宣言(意思)してもらう

この流れのセッションを頻度を上げて繰り返します。必ず行動につなげることによって、部下の成長が促されます。

 

 

 

1on1ミーティングの難しさ

ストレスケア

1on1ミーティングは効果的な手法ですが、その効果は上司のスキルに左右されます。思った以上にコミュニケーション能力が必要です。特に聴く力が必要です。

聴く力を構成するスキルの中でも「傾聴力」と「質問力」が必要です。

 

 

1on1ミーティングに傾聴力が必要

1on1ミーティングには傾聴力が必要です。1on1ミーティング中の8割ぐらいは、部下が話している状況をつくります。

傾聴力の無い上司の場合、部下がなかなか話してくれません。沈黙に耐え切れなくなって、上司ばかり話す状況になりがちです。テーマを確認しても、「話したいことはない」と言われて固まることもあります。

 

「傾聴力」とは、相手が安心して本音で話せる環境をつくることです。つまり、信頼関係構築ができていて初めて可能になります。傾聴力の低い上司にとっては、大きな壁になります。

 

 

1on1ミーティングに質問力が必要

1on1ミーティングでは、質問力も必要です。「質問力」とは、部下の視点を広げ、気づきを引き出すことです。質問力が無いと、なかなか視点を広げることができません。

問題に焦点をあてる質問は得意ですが、未来志向の質問を苦手とされる上司が多いです。そのため、「難しいな」というところで行き詰ってしまい、話が止まってしまいます。そして、上司のアドバイスが始まります。

質問力が無いと、普通の評価面談のようになってしまいます。

 

 

 

コーチングスキルとは

コーチング・コミュニケーション

1on1ミーティングの効果を高めるためには「聴く力」コミュニケーション能力の強化が必要です。「聴く力」を強化する方法として、コーチングスキルのトレーニングがオススメです。

コーチングスキルとは、「傾聴力」「質問力」「フィードバック力」で構成させるスキルです。相手に「本音でたくさん話をしてもらう」を目的とした、「聴く力」を強化するためのスキルです。

コーチングスキルの中でも「傾聴力」「質問力」を強化するだけでも、1on1ミーティングの効果を高めることができます。

 

 

コーチングスキルの傾聴力

コーチングスキルでいう「傾聴力」とは、「相手に安心して本音でたくさん話をしてもらう環境を整えること」です。「本音で」ということと、「たくさん」ということが重要です。

極端なことを言えば、嫌われている上司が、部下に「本音で話してくれ」といっても、すぐには話してくれません。信頼関係構築するまでの過程が必要になります。根気よく「認める(承認する)」という行為が必要になります。

また、上司の方が当然、知識も経験もあります。そのため、良かれと思って、アドバイスをしがちです。上司が話始めると、部下は「たくさん」話すことができなくなります。

上司は「聴く」に専念して、部下にどんどん話しをするように促します。傾聴の方法の形については以下の通りです。

・相手の方向を見る
・適度に反応する
・「オウム返し」「それで?」のように、「もっと話して」と促す
・沈黙も恐れず、相手が話すのを待つ

これらを使いこなして、8割相手が話しをしてもらう状況をつくります。

もちろん、部下が「無難な話をしとこう」と考えていたら、効果はありません。本音で話しても大丈夫なのだと「信頼関係構築」が重要です。

 

 

コーチングスキルの質問力

コーチングスキルの質問力は「クライアントにもっと話してもらう」ためのスキルです。

傾聴だけでは、さすがに話が止まってしまいます。そのため、新しい話題の呼び水として質問力を発揮します。新しい話題はについて、どこまで広げられるかも「質問力」の効果になります。

「もっと話をしてもらう」ことが目的であるため、オープンクエスチョンを使うことが一般的です。オープンクエスチョンとは「はい、いいえ」で答えられな質問です。

「質問力」はとても奥が深いので、ここで全部説明することができません。部下にとって、視野が広がり、気づきが促されるような質問を心がけることが大切です。

質問力が低い場合、取り調べのような「尋問」になる場合があります。「尋問」になると、相手は委縮して話をしなくなります。

そうなると、また「信頼関係構築」からやり直さなければならなくなります。

 

 

 

1on1ミーティングはコーチングスキルで効果アップ

コーチング・コミュニケーション
1on1ミーティングを効果的に使えると、部下のモチベーションを高め、主体性を引き出すことができます。主体的行動は、部下の自発的行動を促します。その結果、組織の生産性は大きく成長します。

しかし、1on1ミーティングは強力な聴く力コミュニケーション能力が必要です。そのためには、コーチングスキルのトレーニングを行うことが望ましいです。

1on1ミーティングには、さらに大きなメリットがあります。

信頼関係構築が前提になります。上司と部下の信頼関係ができていると、コミュニケーションが活発になり、仕事がスムーズに進みやすくなります。

ぜひ、コーチング・コミュニケーションのトレーニングをしましょう。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】