1on1ミーティングの効果を高める傾聴力と質問力

コーチング・コミュニケーション研修

人材不足や早期退職募集、新卒一括採用の廃止など、人材の流動化が大きくなるかもしれません。働き方改革の影響により、人材の育成を強化し、組織の生産性を向上させようという動きが強くなっています。

「人材育成を強化しなければならない」が、1on1ミーティングの導入が広がっている理由です。

 

1on1ミーティングとは、上司と部下の1対1の面談です。1on1ミーティングはとても有効な手法ですが、上司の「傾聴力」「質問力」によって効果に左右されます。

 

しかし、「傾聴力」「質問力」の強化方法に悩まれる方は多いです。そこで、「傾聴力」「質問力」を強化する方法として、コーチングスキルをオススメしています。

 

1on1ミーティングとコーチングスキルの関係について説明します。

 

【コラム】コーチングのビジネスが怪しい、胡散臭いと感じる理由

【目次】

 

1on1ミーティングとは

コーチング・コミュニケーション

1on1ミーティングとは、上司と部下の1対1の面談です。近年、大企業を中心に導入が進んでいます。

上司と部下の評価面談との違いについて説明します。

 

 

1on1ミーティングの目的と効果

1on1ミーティングの目的は、部下の成長です。評価面談と異なるのは、「部下を指導する」ではなく、「部下の主体性を引き出す」ところです。

面談中、話しているのは部下の方になり、上司は聴き役に回ります。

 

1on1ミーティングの導入の背景は、上司の一方的な指導では問題が生じてきました。

・指示されないと動かない
・わからない問題に対して考える力が無い
・指示された仕事だけをやっているので、モチベーションが低い

 

結果、生産性の低下や離職率の上昇などの原因へとつながります。

各種問題の改善を目的に導入されたのが、1on1ミーティングです。部下が主体的に考え、行動し、上司のサポートによって、部下の成長を促します。

 

 

1on1ミーティングの進め方

1on1ミーティングの評価面談との違いは、頻度です。1週間に1回~月に1回のペースで実施します。

1回あたり30分~1時間程度行います。面談時間の8割ぐらいは部下が話をしている状態をつくります。

 

テーマや進め方はルールがあるわけでは無いです。テーマは部下が決めます。進め方はGROWモデルに沿って進めるのが一般的です。

 

GROWモデルとは以下の単語の頭文字をとったものです。

Goal(ゴール)
Reality(現状)
Option(選択肢)
Will(意思)

参考に進め方を紹介します。

 

1.前回のセッション後、行動の結果を確認する
2.今回のセッションで話したいテーマを確認する
3.テーマについて、理想の状態(ゴール)を確認する
4.(ゴール)に対する(現状)を確認する
5.(ゴール)と(現状)のギャップを埋める施策(選択肢)を確認する
6.次のセッションまでに行う施策を宣言(意思)してもらう

 

この流れのセッションを頻度を上げて繰り返します。必ず行動につなげることによって、部下の成長が促されます。

 

【コラム】コーチングの資格は独学でも取得できる?~コーチングの勉強方法~

 

 

 

1on1ミーティングの難しさ

ストレスケア

1on1ミーティングは効果的な手法ですが、効果は上司のスキルに左右されます。思った以上にコミュニケーション能力が必要です。

特に聴く力が必要です。聴く力を構成するスキルの中でも「傾聴力」と「質問力」が必要です。

 

 

上司の時間が奪われる

1on1ミーティングは、上司がアドバイスを行わず、部下が主体的に話ながら自分自身の行動を決めます。

指示待ちが癖になり、考える力が低下している部下の場合、行動につながるまで時間がかかります。

 

高頻度で繰り返して行うのがもとめられますが、上司の時間が奪われます。もし部下が10人いて、週1回のペースで行うとするなら、上司は週の1日は1on1ミーティングだけで終わってしまいます。

効果の生まれない1on1ミーティングを続けていたら、大きな損失となります。

 

 

コミュニケーション能力に左右される

1on1ミーティングは部下のモチベーションアップには効果的な手法ですが、上司のコミュニケーション能力に大きく左右されます。

場合によっては、部下のモチベーションを逆に下げる1on1ミーティングも存在します。

 

特に、恐れられている上司、嫌われている上司、信用されていない上司の場合、何も意味のない1on1ミーティングになる可能性が高いです。

なぜなら、1on1ミーティングでは、部下が本音で話をしてくれるかどうかに効果が左右されるからです。極端な話、嘘ばかり話されても何も効果が無いです。

 

 

傾聴力が必要

1on1ミーティングには傾聴力が必要です。1on1ミーティング中の8割ぐらいは、部下が話している状況をつくります。

 

傾聴力の無い上司の場合、部下がなかなか話してくれません。沈黙に耐え切れなくなって、上司ばかり話す状況になりがちです。

テーマを確認しても、「話したいことはない」と言われて固まるケースも存在します。

 

「傾聴力」とは、相手が安心して本音で話せる環境をつくる力です。つまり、信頼関係構築ができていて初めて可能になります。傾聴力の低い上司にとっては、大きな壁になります。

 

 

質問力が必要

1on1ミーティングでは、質問力も必要です。「質問力」とは、部下の視点を広げ、気づきを引き出す力です。質問力が無いと、なかなか視点を広げられません。

 

問題に焦点をあてる質問は得意ですが、未来志向の質問を苦手とされる上司が多いです。

「難しいな」というところで行き詰まり、話が止まってしまいます。そして、上司のアドバイスが始まります。

 

質問力が無いと、普通の評価面談のようになってしまいます。

 

 

 

 

 

1on1ミーティングの効果を高める

コーチング・コミュニケーション研修

1on1ミーティングの時間を有意義なものにしたいのであれば、1on1ミーティングのスキルアップが必要です。

上司が聴き役に徹しますが、ただの会社に対する不満を聴くだけの場になってはもったいないです。上司の聴く力コミュニケーション能力の強化が必要です。

 

 

聴く力コミュニケーション能力の強化を

1on1ミーティングをする多くの上司が悩むのが、「何を話せばよいのか?」です。極端な話、上司は聴き役に徹するので何も話さなくて良いです。

ただし、部下が「何を話せばよいのか?」がわからないので、部下が話しやすいようにサポートが必要です。それが聴く力コミュニケーション能力です。

 

聴く力とは、相手が本音でどれだけたくさん話してくれるかで表されます。部下自身も「こんな話をしていいのだろうか?」を疑心暗鬼の中、話をします。

本音で話してくれるようになるまで、根気が必要です。部下が話してくれないので、上司ばかり話していたら通常の面談になります。

 

 

 

コーチングスキルのトレーニング

1on1ミーティングのスキルアップにオススメなのがコーチングスキルのトレーニングの採用です。コーチングとは、聴くに重点をおいたコミュニケーションスキルです。

コーチングセッションは、目的も方法もほぼ1on1ミーティングと同じです。コーチングセッションは、コーチングスキルを駆使して行います。

 

コーチングスキルのアップによって、コーチングセッション、1on1ミーティングの効果を高められるのです。

コーチングスキルを強化する方法は、コーチングセッションを繰り返しトレーニングするだけです。

 

【コラム】テレワークによるコミュニケーション不足の課題に対する対策方法

 

 

 

コーチングスキルとは

コーチング・コミュニケーション

1on1ミーティングの効果を高めるには「聴く力」コミュニケーション能力の強化が必要です。「聴く力」を強化する方法に、コーチングスキルのトレーニングがオススメです。

 

コーチングスキルとは、「傾聴力」「質問力」「フィードバック力」で構成させるスキルです。相手に「本音でたくさん話をしてもらう」を目的の、「聴く力」を強化するスキルです。

 

コーチングスキルの中でも「傾聴力」「質問力」を強化するだけでも、1on1ミーティングの効果を高められます。

 

 

 

コーチングスキルの傾聴力

コーチングスキルでいう「傾聴力」とは、「相手に安心して本音でたくさん話をしてもらう環境を整える力」です。「本音で」と「たくさん」が重要です。

 

極端に言えば、嫌われている上司が、部下に「本音で話してくれ」といっても、すぐには話してくれません。信頼関係構築するまでの過程が必要になります。

根気よく「認める(承認する)」という行為が必要になります。

 

また、上司の方が当然、知識も経験も持っています。良かれと思って、アドバイスをしがちです。上司が話始めると、部下は「たくさん」話せなくなります。

上司は「聴く」に専念して、部下にどんどん話しをするように促します。

 

傾聴の方法の形については以下の通りです。

・相手の方向を見る
・適度に反応する
・「オウム返し」「それで?」のように、「もっと話して」と促す
・沈黙も恐れず、相手が話すのを待つ

 

これらを使いこなして、8割相手が話してもらう状況をつくります。もちろん、部下が「無難な話をしとこう」と考えていたら、効果は無いです。

本音で話しても大丈夫なのだと「信頼関係構築」が重要です。

 

 

 

コーチングスキルの質問力

コーチングスキルの質問力は「クライアントにもっと話してもらう」スキルです。傾聴だけでは、さすがに話が止まります。

新しい話題の呼び水に質問力を発揮します。話題をどこまで広げられるかも「質問力」の効果になります。

 

「もっと話をしてもらう」のが目的であるので、オープンクエスチョンを使うのが一般的です。オープンクエスチョンとは「はい、いいえ」で答えられな質問です。

「質問力」はとても奥が深いので、ここで全部説明ができません。部下にとって、視野が広がり、気づきが促されるような質問を心がけるのが大切です。

 

質問力が低い場合、取り調べのような「尋問」になるかもしれません。「尋問」になると、相手を委縮させ、話をしなくなります。そうなると、また「信頼関係構築」からやり直さなければならなくなります。

 

【コラム】数値化できないコミュニケーション能力の目標設定方法と評価基準

 

 

 

1on1ミーティングはコーチングスキルで効果アップ

コーチング・コミュニケーション
1on1ミーティングを効果的に使えると、部下のモチベーションを高め、主体性を引き出せます。主体的行動は、部下の自発的行動を促します。

結果、組織の生産性は大きく成長します。しかし、1on1ミーティングは強力な聴く力コミュニケーション能力が必要です。聴く力強化には、コーチングスキルのトレーニングがオススメです。

 

1on1ミーティングには、さらに大きなメリットが存在します。信頼関係構築が前提になります。上司と部下の信頼関係ができていると、コミュニケーションが活発になり、仕事がスムーズに進みやすくなります。

 

コーチング・コミュニケーションのトレーニングを活用し傾聴力、質問力を強化しましょう。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】