ビジネスコミュニケーション研修セミナー【大阪開催】

自己啓発

ビジネスの現場では、コミュニケーション能力が課題になっています。IT技術の深化、競争関係のグローバル化により、私たちが毎日処理しなければならない情報量は増え続けています。そのため1回当たりのコミュニケーションの時間が短くなり、結果的に質が低下しているのです。

だからこそ、コミュニケーションの質を改善しなければいけません。これまでのコミュニケーション研修の問題とともに、どうすればコミュニケーション能力を強化できるのか説明します。

【コーチング・コミュニケーション入門セミナーはこちら】

 

【目次】

 

 

ビジネスでコミュニケーション能力が求められる背景

メンタルヘルス

人手不足の影響もあり、企業は人材育成に力を入れるようになってきました。その中で、企業が社員に求めるスキルとして「コミュニケーション能力」が上位に来ています。

ワンチームになって、仕事の効率を上げていくには、コミュニケーションの活性化が欠かせないからです。

 

 

生産性を高めなければならない

働き方改革の影響もあり、企業では労働時間の削減が進められています。その一方で人材不足が深刻な問題となっています。つまり、短時間でより多くの仕事をこなす必要がでてきました。生産性を上げることを求められているのです。

仕事の生産性は「スキル×コミュニケーション」で決まります。どんなに個々のスキルが高くても、コミュニケーション能力がゼロであれば、仕事の生産性は限りなくゼロに近づくでしょう。今の仕事は、一人ではできないものが多いからです。

組織の生産性を高めるためにも、コミュニケーション能力の改善が求められます。

 

 

人の問題を改善する

組織力を弱くするものとして、社員がメンタルヘルスの悪化により休職してしまうということがあります。もしくは、退職されてしまうこともあります。

これまでその人員が存在して保てていた生産量は、その人が抜けることにより落ち込みます。その仕事の負担を増やされた社員もまた、ダウンしてしまうかもしれません。

社員のメンタルヘルスの悪化や、社員の離職の主な原因となっているものは人間関係です。つまりコミュニケーション能力です。社員間のコミュニケーションの悪化により、人間関係が悪化し、社員にとって大きなストレスになるのです。

人間関係の改善のためにも、コミュニケーション能力の改善が求められます。

 

 

 

ビジネスコミュニケーション能力が高まらない理由

ストレスケア

特に大企業では、コミュニケーション能力に関する研修が良く行われています。外部にも、コミュニケーション能力に関するセミナーも多く存在します。それなのに、コミュニケーション能力の改善が進まないのはどうしてでしょうか。

実際、上述したメンタルヘルス悪化による労災申請は毎年のように増加しています。

 

 

「コミュニケーション能力がある」についての勘違い

「コミュニケーション能力を強化する」と言われると、「話すのが上手くなる」「上手に相手に伝えられるようになる」と思っている人が多いです。確かにその一面はあります。しかし、半分です。

コミュニケーションは「通信」です。送信と受信、「話す力」のほかに「聴く力」がないとコミュニケーションは成立しません。「話す力」しかない会議はどうなるか。

メンバー全員が自分の主張をいかに上手く伝えて、説得しようと努力します。「聴く耳」がなければ、全員が譲らず紛糾します。そして、仕事が進まず、生産性が大幅に落ち込みます。

「聴く力」が存在することで、お互いの意見を一度は聴いて、その上でどうするか?の議論ができるのです。

 

 

コミュニケーション能力に問題があるのは?

職場のコミュニケーションが改善しない大きな理由は、管理職などリーダー自身はコミュニケーション能力があると思っていることです。

確かに、「話す力」は強いです。「話す力」が強いから、営業力や交渉力を発揮して管理職になったのでしょう。しかし、足りないのは「聴く力」です。

コミュニケーションで大切なことは、「相手のレベルに合わせる」ということです。「下のレベルから上に合わせることはできません」ので、「上のレベルの人が下に合わすことが重要」になります。子どもとコミュニケーションをとるときは、子どもと目線を合わせ、子どもが理解できる言葉で話します。

それが上司-部下になると、部下に合わせずに「部下のコミュニケーション能力が低い」と嘆きます。「上司ができることは、部下もできなければならない」という前提でコミュニケーションをとろうとするので、ミスコミュニケーションが生まれるのです。

部下に合わせるためには、部下のレベルを把握しなければなりません。そのために必要なことが「聴く力」です。職場のコミュニケーションは上司の聴く力コミュニケーションを強化することで改善します。

 

 

 

コミュニケーション能力を高める方法

憧れの先輩

コミュニケーション能力を高める方法は「聴く力」を強化することです。しかし、多くの方が「聴く力」の強化方法を学んだことがありません。そのため、「聴く力」が弱いのですが。

逆に言えば、「話す力」よりも「聴く力」の方が伸びしろがあるということです。

 

 

「聴く力」を強化する

「聴く力」を強化するというと、「ちゃんと聴いてたのか?」ということがなくなるとイメージされることが多いかと思います。コミュニケーションでいう「聴く力」は、そうではありません。子どもがちゃんと聴いてれば、大人の難しい言葉でも理解できるのか?というとそれはできません。

同じように、部下がちゃんと聴いていれば、上司の難しい話でも理解できるのか?というとそれはできません。もしそうだとしたら、聴く前に、覚えられるぐらいまで教えなければいけません。

コミュニケーションでいう「聴く力」は、「相手に本音でたくさん話してもらう力」です。「本音で」という言葉が重要です。

「聴く」ためには、信頼関係を構築することが前提なのです。

 

 

コーチング・コミュニケーションを学ぶ

「聴く力」を強化するということについて、「相手に本音でたくさん話してもらえばいいんでしょ」と思うかもしれません。しかし、これが意外に難しいです。

聴く力を強化する方法として、コーチング・コミュニケーションをオススメします。コーチングセッションができるようになると、聴く力が強化されるからです。

そして、コーチングスクールで学んでいる人も、「聴く力」強化に苦労します。特に、職場という環境はさらに難しいです。

それは上司は部下の話を聴くよりも、指図したくて仕方がないからです。なぜなら、聴いている間仕事が進まなくなる、進まないと自分の責任になると考えるからです。

職場で無理にコーチングスキルを使おうとすると逆に信頼関係を失います。「聴く力」を強化するためには、正しくトレーニングする必要があるのです。

 

 

 

ビジネスコミュニケーション能力を高める研修・セミナー

コーチング

コミュニケーション能力を高める上で、もう一つの大きな壁は「日本語である」ということです。お互い、言葉の意味だけはわかるので通じた気分になります。「聴く力」を強化しなくても、コミュニケーションがとれている気分になるのです。

しかし、実際はコミュニケーションができていないから、生産性の問題や人の問題が発生します。そのまま、「改善しないからコミュニケーション研修を受講して、改善しないからコミュニケーション研修を受講する」を繰り返しています。

もし、ここで覚悟を決めて、「聴く力」強化に取り組めば、競合他社に比べてコミュニケーションが活発な組織が作れるでしょう。

「聴く力」を強化するために、コーチング・コミュニケーションを学んでみましょう。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】