1on1ミーティングの効果高めるコーチング研修セミナー

コーチング・コミュニケーション

人手不足と働き方改革の影響により、労働時間が減らされる一方、処理しなければならない仕事量が増えるという状況です。

 

IT技術の導入などで効率アップがはかられる一方、上司と部下のコミュニケーションの時間が短くなり、希薄化が問題となっています。

 

結果、部下のモチベーションの低下や離職率の上昇などの問題につながっています。

 

上司と部下コミュニケーションの質を改善するのに、1on1ミーティングの活用が広がっています。

 

1on1ミーティングは部下のモチベーションアップに効果的な方法ではありますが、上司のコミュニケーション能力によって効果が大きく異なります

 

1on1ミーティングのモチベーションアップ効果を高めるには聴く力を強化するコーチング・コミュニケーションのセミナーや企業研修の受講をオススメします。

 

1on1ミーティングのモチベーションアップ効果を高める方法と、コーチング・コミュニケーションについて説明します。

 

 

【コラム】テレワークによるコミュニケーション不足の課題に対する対策方法

【目次】

 

上司は部下のモチベーションを高めたい

嫌われる勇気

上司にとって、部下のモチベーションは気になります。部下がモチベーション高く働いてくれるかどうかによって、チームとしての成果が変わるからです。

 

「やる気を出して働くように」と言っても、部下のモチベーションは高まりません。部下のモチベーションがどのような要因でコントロールされるのか説明します。

 

 

部下のモチベーションを下げる原因

部下のモチベーションを下げるものは、「社員の退職理由」「職場のストレス要因」が参考になります。

ストレス要因の増加によってモチベーションを下げられ、会社を退職してしまうからです。

 

共通してランキングの上位に来るのが「上司との人間関係」です。好きな上司か、嫌いな上司かによって、部下のモチベーションは大きく変わります。

 

部下のモチベーションに対して、上司の関わり方が大きく影響するのです。

 

 

 

部下のモチベーションを高める

部下のモチベーションを高める方法としてマズローの欲求段階説が参考になります。人のモチベーションの種は次の順で現れます。

 

1.生存の欲求
2.安全の欲求
3.所属の欲求
4.承認の欲求
5.自己実現の欲求

 

会社に所属している時点で、3階層の「所属の欲求」までは満たされています。次に欲しいのは、「承認の欲求」です。そして、次に欲しいのは、「自己実現の欲求」です。

 

成長欲求です。「自己実現の欲求」が高い状態をモチベーションの高い状態といいます。モチベーションアップのには「承認の欲求」までは満たされている状態にしなければなりません。

 

部下のモチベーションを高めるのに必要なのは、上司が部下の仕事を「認める」という承認が大切です。

そして、部下が成長できるように支援していく態度がモチベーションを高めるには重要です。

 

 

【コラム】部下が退職を決意する前にモチベーション低下の理由に気づく方法

 

 

 

 

1on1ミーティングの採用が広がっている

事業承継

部下の成長とモチベーションアップを目的として、1on1ミーティングの採用が広がっています。1on1ミーティングのセミナーや研修も行われています。

 

1on1ミーティングは、評価面談と何が違うのでしょうか。1on1ミーティングについて説明します。

 

 

 

1on1ミーティングとは

1on1ミーティングとは、上司と部下の1対1の面談をいいます。評価面談と何が違うの?と疑問に感じるかもしれません。評価面談との大きな違いは以下の通りです

 

目的:部下の成長と部下とのコミュニケーション改善
頻度:週1回~月1回
特徴:評価しない。上司は部下の話を聴くに徹する

 

1on1ミーティングでは、部下が本音で話しやすい環境をつくり、部下の話を聴きます。上司と部下が本音で話せる機会の頻度を増やし、信頼関係を醸成していきます。

 

上司と部下のコミュニケーションの改善が期待されます。また、本音で自分自身の希望を話せるので、モチベーションが高まりやすくなります。

 

1on1ミーティングにより、モチベーションが高まり、行動につなげ、部下の成長につながります。

 

 

 

GROWモデル

1on1ミーティングは、1回あたり30分から1時間面談を行います。話の流れは、コーチングセッションでよく利用されるGROWモデルに沿って進める方法をオススメします。

 

GROWモデルとは、次の頭文字をとったものです。

Goal(ゴール)
Reality(現状)
Option(選択肢)
Will(意思)

 

1on1ミーティングの進め方の一例を紹介します。

  1. 前回面談後どうだったかの結果を確認します。
  2. 今回の話したいテーマを部下に決めてもらいます。評価面談ではないので、仕事よりもキャリアプランなどスキルアップなどがテーマになります。
  3. テーマについて、どのようになったら良いのかGoal(ゴール)を確認します。
  4. Goal(ゴール)に対して、Reality(現状)がどうなのかを確認します。
  5. Goal(ゴール)とReality(現状)のギャップを埋めるのに、何をすれば良いかOption(選択肢)を確認します。
  6. 次の面談までに何をするのかWill(意思)を確認します。

 

1on1ミーティングは、以上のような流れで面談を進め、モチベーションを高め、行動を促します。「行動につなげる」が最も重要です。行動しない限り、成長につながらないからです。

 

 

 

 

 

 

1on1ミーティングのやり方

コーチング・コミュニケーション

1on1ミーティングの進め方は、年に1、2回の評価面談と大きく異なります。1on1ミーティングで大切になるのは、質の高い密なコミュニケーションになるからです。

 

1on1ミーティングの進め方について説明します。

 

 

 

1on1ミーティングの行うタイミング

1on1ミーティングは、評価面談と比較して高頻度で行います。週1回~月1回のペースで1on1ミーティングを行います。

1on1ミーティングでモチベーションを高めますが、モチベーションが高い状態はそれほど長続きしないからです。

 

また、密に頻度を高めたコミュニケーションにより、話しやすさが増します。1on1ミーティングの効果は、コミュニケーションの質に左右されるからです。

 

 

 

1on1ミーティングで話す内容

1on1ミーティングで話す内容について説明します。1on1ミーティングで話す内容は、基本的に「部下が話したいコト」です。

 

部下が主体的に話したいテーマを決め、部下が主体的に次の1on1ミーティングまでに何をするか決めて、宣言します。

 

上司が話す必要はほとんどありません。話を聴き出すための、質問を行う程度になります。

 

ただし、部下が主体的に話してくれるかどうかは、上司のコミュニケーション能力に左右されます。

 

上司が部下からどのように思われているかによって、部下の話の本音度合いが変わります。部下が本音で話さない限り、1on1ミーティングの効果はあらわれません。

 

【コラム】テレワークによるコミュニケーション不足の課題に対する対策方法

 

 

 

コミュニケーション能力に効果が左右される

抱え込む

1on1ミーティングは効果的な方法ですが、誰がやってもモチベーションアップの効果が生まれるかというと、そうではありません。

 

上司のコミュニケーションスキルによって、効果の大きさは大きく変わります。

 

1on1ミーティングのモチベーションアップ効果を高めるには、「上司のコミュニケーション能力を高める」が必要です。

 

 

 

1on1ミーティングの効果は上司のスキル次第

1on1ミーティングの効果は上司のコミュニケーション能力に左右されます。もっと言えば、1on1ミーティングの効果は上司の「聴く力」に左右されます。

 

「聴く力」が高ければ高いほど、部下の本音を引き出せます。

 

いつもイライラしている、すぐ怒る、すぐ否定する、信用されていない上司には、部下は本音を話しません。嫌な思いをしたくないからです。

 

「聴く力」の強化方法についてオススメするのがコーチング・コミュニケーションです。

 

 

 

1on1ミーティングには聴く力が必要

1on1ミーティングの特徴として、「上司は聴くに徹する」があります。上司が指示やアドバイスをしたら、普通の面談と変わりません。

 

そのような面談であれば、部下はプレッシャーを感じるでしょう。1on1ミーティングには、上司の聴く力が求められます。

 

この聴く力の強化が、意外に難しいです。沈黙が怖くて思わず話過ぎる上司もいるでしょう。

 

自分自身の武勇伝を良かれと思って話しすぎる上司もいます。1on1ミーティングで効果を高めるには、「聴く力を強化する」が必要です。

 

 

 

聴く力を強化するコーチング・コミュニケーション

「聴く力」の強化方法について、ほとんどの方が学んだ経験がありません。そこでオススメしているのがコーチングスキルのトレーニングです。

 

コーチングとは、「聴く」に重点をおいたコミュニケーションスキルです。コーチングセッションの練習をすれば、「聴く力」が強化されます。

 

また、コーチングセッション自体が、1on1ミーティングとほぼ同じ内容になっています。「コーチングセッションが上達する=1on1ミーティングが上達する」となるのです。

 

このコーチングスキルを取り入れたコミュニケーション研修がコーチング・コミュニケーション研修です。

 

【コラム】ビジネスでワンチームになるのに-会社組織の一体感を醸成する方法

 

 

 

 

1on1ミーティング効果アップのコーチング研修セミナー

コーチング・コミュニケーション

1on1ミーティングの効果を高めるにはコーチングスキルのトレーニングがオススメです。コーチングスキルのトレーニングに重点を置いたセミナーを行っています。

 

 

1on1ミーティングに活かすコーチングスキルとは

1on1ミーティングの効果を高めるコーチングスキルとは、「傾聴」「質問」「フィードバック」で構成されるスキルです。

 

【傾聴】相手が本音で話しやすい環境をつくる
【質問】相手の視点をコントロールして、気づきを引き出す
【フィードバック】コーチが感じたことをそのまま返して、気づきを引き出す

 

これらを総合して活かして、クライアントにたくさん話してもらいます。クライアントにどれだけ本音でたくさん話してもらえるかが「聴く力」になります。

 

1on1ミーティングでは、相手にどれだけ本音で話してもらえるかが重要なので、コーチングスキルが活用できるのです。

 

 

 

コーチングセッションはセミナーでトレーニング

この「聴く力」はトレーニングが必要です。思った以上に難しいものと捉えるのが大切です。日本語なので、聴けた気になるのですが、実際は本音を聴けていません。

 

「さぁ話してみろ」と言ったところで、相手が本音で話してくれるかどうかは限りません。相手が本音で話してくれる関係性づくりは思った以上に難しいです。

 

信頼関係をラポールと呼びます。コーチングセミナーでは、このラポールをいかにして作るかをトレーニングします。

「聴く力」は1回コーチングセミナー受けたぐらいでは強化されないと捉えてください。

 

1on1ミーティングも、「聴けばいいんでしょ」では効果が現れませんので注意してください。

 

【コラム】メンタルヘルスとは~職場からメンタル不調者を出さない取り組み~

 

 

 

 

1on1ミーティングはトレーニングが必要

就職

1on1ミーティングに関する企業研修やセミナーはさまざまですが、「聴く力」を重点的に強化する企業研修やセミナーをオススメします。

 

コーチングスキルは、コーチングスクールに通っても習得できない人がいるぐらい、意外に難しいものです。単発のセミナーや企業研修では、ほぼできません。

 

本気で学ぶなら、数か月にわたってトレーニングできる環境が整っている企業研修で学ぶのが大切です。「聴く力」を強化しない限り、1on1ミーティングの効果は低くなります。

 

コーチング・コミュニケーション企業研修やセミナーを受講して、1on1ミーティングの効果を高めましょう。

 

※コーチング・コミュニケーション入門セミナー【大阪・神戸・京都】