GROWモデルとは-コーチングセッションの基本スキル

コーチング・コミュニケーション研修

コーチングには、さまざまな種類が存在します。

それぞれどのようなコーチングセッションをするのか、気になりますが、基本的な考え方は同じです。

コーチングフロー、ストラクチャーなどさまざまな呼び方は存在しますが、基本はGROWモデルというフレームワークに沿っています。

基本の型であるGROWモデルについて紹介します。

 

※GROWモデルの基礎知識が確認できるセミナーはこちら

 

【目次】

 

 

GROWモデルとは

コーチング・コミュニケーション入門セミナー

GROWモデルはコーチングのために開発されたものではなく、計画を実行していくときに一般的に使われるものです。経営コンサルティングでも活用されることもよくあります。

実際にはこの方法でしか計画実行していくことできないためです。

 

 

GROWモデルの内容

GROWモデルとは、以下の頭文字を取ったものです。

G:Goal
R:Reality
O:Option
W:Will

目標達成のためのフレームワークとして一般的な物です。

【G】ゴールを明確にして
【R】現状を明確にするとギャップが見えてくる。
【O】ギャップを埋めるための施策(選択肢)が明確になる。
【W】あとは実行する意思の強さで決まる。

 

 

GROWモデルの活用法

【G】ゴールを明確にする

ゴールを具体的にできるだけ詳細に明確化します。数字で表し、測定可能にすることが大切です。期限を定めることも重要です。

【R】現状を明確にする

ゴールを明確にしたら、ゴールに対する現状を明確にします。現状も数字で表すことが大切です。ゴールに対する現状の進捗度が明確になります。

 

【O】ギャップを埋めるための施策(選択肢)

ゴールと現状が明確になれば、ギャップを埋めるための施策を列挙します。「重要度」「効果」「簡易度」でランク分けし、最初に取り組むものを決めます。

 

【W】実行を宣言し、行動する

最初に取り組む事柄が決まれば、実行日とともに宣言します。そして実行します。

※GROWモデルの基礎知識が確認できるセミナーはこちら

 

 

GROWモデルとコーチングスキル

外国人

GROWモデルの考え方はさまざまな場面で使われますが、コーチングスキルとセットにされることが多いです。そのコーチングスキルについて説明します。

 

コーチングスキルとは

コーチングとは何か?

コーチングの語源は馬車(Coach)です。お客様を馬車にのせて、目的地まで連れて行く。現在で言うところのタクシーです。どのように連れて行くのかは後程説明します。

とても大事なことは、目的地(ゴール)を、詳細に伝えなければならないということです。

郵便物もそうですが、住所を正確に伝えないと届きません。だからコーチングではゴールを詳細にまで明確化することが求められます。

これら一連のサポートをするものがコーチングスキルです。コーチングスキルは「傾聴」「質問」「フィードバック」で構成されます。

「傾聴」でクライアントに話しやすい環境を提供し、「質問」「フィードバック」で気づきを引き出します。

 

コーチングと経営コンサルティングの違い

GROWモデルは、冒頭でも述べたように経営コンサルティングでも使われる考え方です。コーチングも経営コンサルティングも目的は同じです。クライアントの課題を解決することです。

GROWモデルでゴールと現状を明確にします。そして、ギャップを埋めるための施策を列挙します。

施策を考えるところから埋めるところまでを考えてアドバイスするのが経営コンサルティングです。コーチングは施策を考えるところから埋める方法までクライアントが考えるのをサポートします。コーチングが違うことは【アドバイスをしない】です。

クライアントの目標達成までの道筋を明確にするために全体像をGROWモデルで表現します。

まとめると次のようになります。

コーチングとコンサルティングは以下のように区別されます。

「話を聴く専門」がコーチング。
「提案をする専門」がコンサルティング。

GROWモデルを活用することは同じです。重要なのは『コーチングはアドバイスなしでGROWモデルを組み立てる』です。

提案型の方が結論が早いというメリットがあります。コーチングの方はクライアント自身の課題解決能力を高められるメリットがあります。コーチングでは、クライアント自身が考えて実践を繰り返すからです。考えて実践を繰り返すことにより、クライアントが成長します。

※GROWモデルの基礎知識が確認できるセミナーはこちら

 

 

 

GROWモデルとコーチングセッション

コーチング・コミュニケーション

コーチングセッションはコーチングスキルとGROWモデルがあれば行えます。GROWモデルに沿ってコーチングセッションを行い、クライアントから気づきを引き出していくのです。

 

コーチングセッションとは

コーチングセッションとは、コーチとクライアントの対話のことをいいます。コーチによって異なりますが、一般的には30分~1時間ぐらいのコーチングセッションを、2週間に1回もしくは1ヵ月に1回のペースで行います。契約期間も3ヵ月以上からなど、長期的に行うことが一般的です。

この一連の流れをコーチングと呼び、毎回の対話をコーチングセッションと呼びます。

コーチングでもっとも重要なことは、コーチングセッションとコーチングセッションの間に行われる「行動」です。行動しない限り、目標に近づかないからです。

だからコーチングセッションでは、セッション修了後に行う「行動」と「期日」が決まっていることが重要です。このコーチングセッションの始まりから終わりまでの流れをGROWモデルに沿って行います。

 

 

コーチングセッションにGROWモデルを活用する

コーチングは、お客様を現在の場所【R】から、目的地【G】まで連れて行くスキルです。その時、セッションの流れをGROWモデルで話をすると内容が整理しやすいとされています。

コーチングスクールはさまざまですが、セッションの基本的な流れはこのようになっています。

 

【G】ゴール

まずゴールを詳細な部分まで明確化します。

質問例:
・いつまでにどのような状態になりたいですか?
・それを実現することで、どのような影響が広がりますか?
・それを実現できる人はどのような能力を身につけたからですか?
など

【R】現状

ゴールに対する現状を明確化します。

質問例:
・ゴールに対して現状は何%達成していますか?それはどうしてですか?
・ここまで来るまでに得たものを教えてください
など

【O】選択肢

ゴールと現状のギャップを埋めるための施策を列挙します。

質問例:
・ゴールと現状を埋めるためにしなければならないことは何ですか?
・優先して取り組まなければならないのは何ですか?それはどうしてですか?
など

【W】意思

行動の宣言を促し、背中を押します。

質問例:
・まずどれから始めますか?
・それはいつ実施しますか?
・ぜひやってください!

以上のような流れでコーチングセッションを進めます。

※効果を出すために大事なことです。

1回のセッションで【G】目的地にはつきません。2回目のセッションでは、1回目で【O】決まったことを【W】やってみてどうだったか?を話をしてから、始まります。

GROWモデルを何回も回転させる。途中、行き止まりとか障害がいろいろあるかもしれませんが、繰り返すかぎり、どんどん【G】目的地に近づきます。

※GROWモデルの基礎知識が確認できるセミナーはこちら

 

 

 

GROWモデルを活用しよう

後継者
GROWモデルは、思考を整理するのにとても便利なフレームワークです。このフレームワークが自然に使えるようになると、さまざまな目標設定で活用できます。

コーチングを勉強し始めるころは、このフレームワークになれるまで苦労するかもしれません。けどトレーニングを積めば、必ずできるようになります。そうすれば意識せずともGROWモデルでセッションができるようになるでしょう。

 

※GROWモデルの基礎知識が確認できるセミナーはこちら