コーチングスキルとGROWモデル

コーチング・コミュニケーション研修
コーチングセッションには、基本的な型があります。
 
そのGROWモデルについて紹介します。
 
 
 

GROWモデルとは

人事評価制度
 
GROWモデルとは、以下の頭文字を取ったものです。
 
G:Goal
R:Reality
O:Option
W:Will
 
目標達成のためのフレームワークとして一般的な物です。
 
【G】ゴールを明確にして
【R】現状を明確にするとギャップが見えてくる。
【O】ギャップを埋めるための施策(選択肢)が明確になる。
【W】あとは実行する意思の強さで決まる。
 
 

コーチングとは

コーチング・コミュニケーション
 
コーチングとは何か?
 
コーチングの語源は馬車(Coach)です。
お客様を馬車にのせて、目的地まで連れて行く。
現在で言うところのタクシーですね。
 
お客様を現在の場所【R】から、目的地【G】まで連れて行くスキルです。
 
その時、セッションの流れをGROWモデルで話をすると内容が整理しやすいとされています。
 
コーチングスクールはさまざまですが、セッションの基本的な流れはこのようになっています。
 
 
大事なこと。
 
1回のセッションで【G】目的地にはつきません。
2回目のセッションでは、1回目で【O】決まったことを【W】やってみてどうだったか?を話をしてから、始まります。
 
GROWモデルを何回も回転させる。
 
途中、行き止まりとか障害がいろいろあるかもしれませんが、繰り返すかぎり、どんどん【G】目的地に近づきます。
 
これがコーチングの概要です。
PDCAサイクルの考え方にも近いですね。
 
この目標達成までの構造の考え方は、コンサルティングでも良く使われる考え方です。
 
コーチングが違うことは【アドバイスをしない】です。
 
 
 

コーチングスキルとGROWモデル

コーチング・コミュニケーション
 
クライアントの目標達成までの道筋を明確にするために全体像をGROWモデルで表現する。
コーチングとコンサルティングは以下のように区別されます。
 
「話を聴く専門」がコーチング。
「提案をする専門」がコンサルティング。
 
GROWモデルを活用することは同じです。
 
重要なのは『コーチングはアドバイスなしでGROWモデルを組み立てる』です。
 
クライアントも早い結論を求めてくることが多いので、最初は難しく感じます。
 
 
【G】目的地の話では
提案型は「リーダーとはこうあるべきです」と言います。
コーチングは「どんなリーダーになりたい?」と質問します。
 
【O】選択肢の話では
提案型は「部下をもっと褒めてください」と言います。
コーチングは「自分が部下の立場ならリーダーに何をもとめる?」と質問します。
 
 
提案型の方が結論が早いというメリットがあります。
コーチングの方はクライアント自身の課題解決能力を高められるメリットがあります。
 
コーチングでは、クライアント自身が考えて実践を繰り返すからです。
考えて実践を繰り返すことにより、クライアントが成長します。
 
 

GROWモデルの意義

コーチング・コミュニケーション・セミナー
 
GROWモデルは、思考を整理するのにとても便利なフレームワークです。
 
このフレームワークが自然に使えるようになると、さまざまな目標設定で活用できます。
 
コーチングを勉強し始めるころは、このフレームワークになれるまで苦労するかもしれません。
 
けどトレーニングを積めば、必ずできるようになります。
 
そうすれば意識せずともGROWモデルでセッションができるようになるでしょう。
 
ぜひコーチングの練習を継続してください。