積極的傾聴法とは~コーチングスキルで聴き上手になる~

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

コーチングでいう傾聴は、積極的傾聴法と表現されます。「ただの傾聴とは違う」ことを意味しています。

 

「傾聴力アップ、聴く力を強化しなさい」と言われても何をしたらよいかわかりにくいです。

 

「ちゃんと聞きなさい」と言われることも多いですが、ちゃんと聴けば難しい話もわかるのでしょうか。聴く力は、耳の良さ、理解力、記憶力などと捉えられがちです。

 

傾聴力を高めるには、聴く力を正しく理解する必要があります。積極的傾聴法について説明します。

 

【コラム】1on1ミーティングとは~目的とメリット・デメリット~

【目次】

 

聴く力を強化しよう

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

コミュニケーション能力を強化しなさいと言われても、いつも忘れられるのが聴く力です。それは聴く力を強化しなさいといわれても方法が分からないからでしょう。

 

コミュニケーションは「話す」と「聴く」の両方が必要です。「聴く力」を強化しない限り、本当のコミュニケーション能力強化にはつながりません。

 

 

 

積極的傾聴法(Active Listening)とは

積極的傾聴法をは、コーチングでの傾聴法のことです。

 

傾聴と、辞書で調べると「耳を傾けて聴くこと」とでてきます。傾聴とは、ただ耳を傾ければよいのか?と誤解を与える可能性が高いため、あえて区別しています。

 

積極的傾聴法は、ただ相手の話を聴くというよりも、「聴き出す」「引き出す」というニュアンスが強くなっています。

ただし、尋問になってはいけません。相手の本音や、発言の意図などを聴き出します。

 

 

聴く力とは

弊社では積極的傾聴法のことを「聴く力」と定義してます。聴く力とは、相手に本音をたくさん話してもらう力です。

 

聴く力は、「傾聴」「質問」「フィードバック」で構成されます。聴く力があればあるほど、相手は本音でたくさん話してくれます。

 

「本音」がポイントです。嘘の話はどれだけ聴いても何もうまれません。だから本音を話してもらう必要がありますが、本音を話してもらうには信頼関係が前提となります。

 

【コラム】一体感の醸成方法~チームワークとコミュニケーション~

 

 

 

傾聴力がアップできない理由

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

傾聴力は昔から大切とは言われてきました。いつまでも改善しないから大切と言われ続けています。

なぜ改善されないのでしょうか?

 

 

話す力の強化への偏重

コミュニケーション能力を強化しなさいと言われると、多くの場合「話す力」を強化しようとします。

 

スピーチ練習、面接練習、プレゼンテーション、ディスカッション、交渉術など。自分の考えを相手に伝えて、採用してもらうための力を強化します。

 

「話す力」は大切ですが、自分の意見を通すことを第一に考えがちになります。相手を言い負かそう、言いくるめようとします。

そうすると相手は抵抗します。人間関係が悪くなるかもしれません。

 

そうなってしまうのは、誰も聴く力の強化方法を教えてくれないからです。

 

 

「認める」ができない

相手の話を聴くことができないのは、「認める力」が無いからです。

 

「最近の若い奴は・・・」「上司の考え方が古い・・」などは・・相手の考え方を認めない典型的な例です。相手を認められなければ話を聴こうという姿勢が失われます。

 

この「認める」は、簡単に見えてものすごく難しいです。

 

メンタルヘルスの問題や離職率の問題の多くは人間関係に起因します。「認め合う」ができないと人間関係が悪化します。

 

 

 

 

 

積極的傾聴法とコーチングスキル

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

積極的傾聴とは、コーチングスキルの用語です。つまり、積極的傾聴法を習得するにはコーチングスキルの学習がオススメです。コーチングスキルについて説明します。

 

 

コーチングとは

コーチングとは、クライアントの目標達成、問題解決をサポートするスキルです。

目的が同じものとして、ティーチング(教える)、コンサルティング、アドバイスなどがありますが、アプローチ方法が異なります。

 

コーチングは、クライアントの話を聴くに専念し、原則、教えることはしません。

コーチングスキル「傾聴」「質問」「フィードバック」を駆使して、クライアントの気づきを引き出し、モチベーションを高め、行動を促します。

 

コーチングの学習は、そのまま聴く力の強化につながります。

 

 

 

トレーニングが重要

傾聴、聴く力のデメリットは、簡単と思われがちである点です。

「ちゃんと聞きなさい」と言えば聴く力が強化されると思いがちです。また、日本語なので、聴く力が無くても聴けた気分になります。

 

聴く力は「認める」「信頼関係」などさまざまな壁が存在し簡単ではありません。話す力と同様、トレーニングがもとめられます。

 

コーチングスキルの学習は、トレーニングの仕方も仕組み化されているのでオススメです。

 

【コラム】部下のモチベーション低下の理由~退職を決意する前に気づく~

 

 

 

聴き上手でコミュニケーションの質アップ

コーチング・コミュニケーション

コミュニケーションは多くの場面で必要です。コミュニケーション能力ほど、子どものころから死ぬまで必要なスキルは少ないのでは無いでしょうか。

 

一生かけて使うスキルにも関わらず、一生コミュニケーションの悩みはつきまといます。

 

コミュニケーションの問題が大きくなるのは、コミュニケーションが話す力だけでなく聴く力も大切というのを理解していないからです。

 

コミュニケーション能力を高めるには、聴く力の強化が欠かせません。聴き上手を目指して、コミュニケーションの質をアップしましょう。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】